おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

烏山講演会

暇だから行く


表
 裏
体操会会長から、御誘い受けました、
近くだし、暇だから行ってみよう。
ーーー-------------------------

IMG_20220427_0001
常連だし、当てにされているし、暇だから行く。



世界は腹黒い(追記)


 令和4年3月17日(木)晴れ

昨夜の地震は怖かった、
私は地震の度にこれかな(首都直下型)と思います。
直下型が近いうちに来る来ると識者は言ってますが、
私の生きているうちには来ないで貰いたいと願っています。

テレビを点けたら東北が震源地と放送していましたので
少し安心しました。
東北は地震災害多いですね、住んでいる人には悪いけど
私は住みたくないですね。

私は九州出身だけど、私が住んでいた23歳までに
地震に遭った経験がないような気がします。
だから九州は地震がない土地だと思っていましたが、
近年はそうでもないようです。
その代りに台風銀座と言われて毎年台風被害がありました。


六角川
河道に厚く堆積するガタ土、大町橋から上流方向
六角川氾濫
これは私の故郷(大町町)です、
平野を蛇行している六角川周辺は氾濫しています、
住宅密集している所は山麓です、元々住宅地は山麓にあり、平野部は農家が盛り土して住宅を建て氾濫時は点々と島の様に見えました。現在昔田圃だった平野部に建物が増え被害が出ています。
私の家はもっと上にありました。結構坂を登りますので足腰が丈夫になったかも、


最近よく六角川が氾濫してマスコミを賑わせていますが、
六角川が流れ込む有明海は干満の差が6メートルもあり、
六角川は満潮の時は河口から29㌔も遡上します。
だから満潮と台風が合致すると氾濫します。

六角川下流域はもともと海だったところを干拓して広げた土地だし、上流から流れ下る土砂と有明海から遡る土砂(これは大古の阿蘇山噴火の灰と言われている)で川床も高く浅くなっているので水害は当たりまえなんですよね。

DSC07651

DSC07658
長い時期綺麗に咲いていましたが、そろそろ緑の葉が出てきました

DSC07663
障害者福祉タクシー券が送られてきました、1年分42,000円分


DSC07665
今夜の夕食、金目鯛の煮付け、豚肉と茄子とシシトウの味噌炒め、ビール

昨夜の烏山講演会の事を書きたいと思いますが書けません。
DSC07633
日の丸に最敬礼する櫻井さん姿勢がいいです
DSC07639
講師:櫻井よしこ氏
DSC07631
主催者産経新聞烏山販売所所長古馬氏

写真も動画も撮影が禁止されていますが沢山の方々に
是非聞いて頂きたい内容でした。
動画も撮影されていますが、有料なんですよ。

現状の日本を取り巻く危機についてお話されましたが
短期記憶が保てないので書けません。

一つ覚えているのは支那事変、大東亜戦争は日本が一方的に侵略した、だから日本だけが悪いと責められていますが支那も約束違反条約違反ばかり繰り返して戦争したくない日本を引きずりこんだんです。
支那側にはソビエト共産党のシンパが入り込んでいて支那と戦争させて日本を消耗させようと画策していた(当時日本側は知らなかった)
ドイツも同盟結んで味方かと思いきや陰で蒋介石軍を応援していたんですね、知らぬは日本ばかりなんです、今も昔も日本は約束は守られると思いきっていますが、世界は腹黒いんです。
目を覚ませ日本よ!
IMG_20220317_0048
IMG_20220317_0050
なかなか読書出来ませんが購入しました、
なんとか読了したいと思います。

今日の歩数は3847歩





ならず者国家に囲まれている日本は危ない


令和4年3月16日(水)晴れ

DSC07602
DSC07614

DSC07609
DSC07608
DSC07607

今朝はなぜか体操に参加した人が多かった、密であった。

DSC07627
今日のお昼、マルゲリータ、紅茶

DSC07633

夜は千歳烏山で烏山講演会に参加した。
講師は櫻井よしこさん。
内容の濃いお話であった、戦慄のお話であった。
今夜は遅いので後日書きます。
櫻井さんは参加されませんでしたが、懇親会にも参加しました。


今日の歩数は7849歩



烏山講演会&がははのおばさん


烏山

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
判読不明

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで昔タクラマカン砂漠に旅した時に一緒した方で
とても人懐っこくて度々「会おうよ」とハガキを呉れます。
しかし、これぞ乱筆乱文の見本の様な文体で
私にはとても判読出来ません。
娘に読んでと頼んだら私にも読めないと投げます。
私は意を決して普通の人なら怒るだろうと言う返事を
書いたことがあります。
「貴女の字はとても読めないので楷書かワープロで書いて下さい」と
しかし彼女読んでないのか意に介しないのか改めません。
今年に入って二度目のハガキが来ました。
彼女字も乱暴だけど一緒に居てもガサツで人の話を聞かない人
です。だから会いたくもありませんね。

娘は私がタクラマカン砂漠に行く時に成田迄行きも帰りも送迎してくれて彼女と接していますので、我が家で彼女の事を話す時は
「がははのおばさん」とよんでいますよ。




第34回 烏山講演会のお知らせ(再)


日頃より烏山講演会をご愛顧頂きありがとうございます。
さて、第34回、烏山講演会が下記の通り決まりましたので
ご案内いたします。

                                     記

日  時    3月16日(水) 開演18:30
場  所    烏山区民センターホール
講  師    桜井 よしこ氏 (ジャーナリスト)
タイトル    「激動する世界と日本の進路」
入 場 料    4000円  

 ※虎ノ門ニュースで、ある評論家が菅内閣は学術会議の問題で
潰されたと発言しました。
杉田水脈議員も科研費の内訳に踏み込んだらマスコミから
集中砲火を浴びました。
反日勢力は国費を奪い、活動資金に当てている実態を暴かれたく
ないのでしょう。
普通ならマスコミが暴いて記事にするのに、
マスコミが隠蔽する役割をしている所に日本の問題点がある。

櫻井よしこ氏は19年12月の講演会以来の登場となります。
ご期待ください。

※お申し込みを頂きますと、郵便局の振込口座をメールかファックスにてお知らせします。
入金を確認次第、指定席券をお送りします。

※また、当日の交流会には櫻井よしこ氏も参加を致します。
奮ってご参加ください。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ