おてんば85歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

読書

前世紀の植民地政策で日本は儲かったか?


IMG_20220619_0003
 

石原兄弟は是か非か


令和4年4月20日(水)曇り

DSC08466
直前まで降っていたような体操の為に止んでくれたような
DSC08467
チューリップも終わりを告げています
DSC08471
ミミちゃん
DSC08474
DSC08476
八重桜が散って花の絨毯


DSC08479
コメダのこしあんをトーストに塗りますDSC08481
ぎゅっと絞るとにゅるにゅると出てきます
DSC08485
出し切りました
DSC08486
頂きます、朝食はいつもこれだけですが十分なんです


PCR検査結果が検出せず(陰性)だったのでホット安心して
珈琲カンタータにお昼を食べに行こうと思った。
ブログによると新鮮アジフライとある、
新鮮なアジフライは好きなんですよ。
それで例の友人を誘って行きました。
カンタータのブログ

出来たばかりの貴重なパウンドケーキを二切れ持って
行きましたよ。
二人ともとても美味しいと言ってくれました。
ママと友人と3人でしばし浮世を忘れて話盛り上がりました。
写真撮ったんですがなぜか写ってない!

IMG_20220420_0001
やっと読み終わりました、なかなか本が読めなくて
一番読めるのは電車の中か待ち時間です。
この本は我が蔵書の中にありまして、
昔娘がブックオフで105円で買って来たものです、

私は石原慎太郎氏の文章はあまり好きではないのです。
なにか自分の博識、博学をひけらかした様は文章、
一字幾らで売るために出来るだけ字数を多くしようとの魂胆(例えばの話です)ありありの文章に見えます。

裕次郎は父親が亡くなってからは高校の時から銀座で女遊び、
新宿の遊郭で女を買い信じられない放蕩の限りを尽くしていました、それを慎太郎は咎めるでもなく許していた節があります、

次のページの悪事は悪質で罪に問われる事件だと思う、
有名人だからと言って許されるべきではないと思う。
IMG_20220420_0002

でもこの本は石原兄弟のこし方が同時代を生きた者として
興味を引きました。
読んでよかったです。

DSC08493
今夜の夕食、筍ご飯、筍と昆布の煮付け、筍と芹の味噌和え
筍とあげの味噌汁、胡瓜甘酢つけ、白ワイン
今日の歩数は6565歩




今日の産経で


IMG_20211030_0003

IMG_20211030_0004
495ページもある、分厚い本です、2200円
読もうと思っている本が山積みなんですけどね。
面白そうだったのでね、

私書評欄を見るの好きなんです、
新聞の切り抜きを持って本屋さんに行きました。
ありましたね。

私は図書館は利用しないことにしています。
本は本屋さんで買います、そしてネットでも買いません
なぜならささやかですが出版文化と本屋さんを応援したいのです。

IMG_20211030_0005
崔三然先生の御本の紹介が掲載されていました。



入院生活⑤


令和3年10月1日(金)終日雨 寒い

一昨日からお通じがなくて3日も続いたら大変なことになるので
昨夜と今朝通じ薬をもらって飲みました。
おかげで朝食後下痢便が出て解決しました。
通じについて書くとかなりの紙数になるほど一家言持っている
私ですが、汚い話なのでここでは語らない。

昨夜はなかなか寝付けなかった、
私の生活で9時30分就寝はあり得ませんからね。

今日は検査の類はありませんのでただ寝ているだけです。
昨日入室した方がちょっと変な方なのでなるべく顔を合わさない
ようにしていますので、カーテンの外に顔を出さないようにして
います。二人新規に入ってきた方でもう一方は普通なんですがね。
DSC02671
朝食、通じの為に牛乳をヨーグルトにしてもらいました
 DSC02672
昼食、右の皿はほうれん草ですが、何の味もしません
健康食です、入院して1,2日は食事が待ち遠しかったですが、
今はあらもうという感じです。
DSC02674
夕食 御馳走さま
昨日入院された方はベテランであちこち入院されたそうですが、
ここの食事はおいしいそうです、立川の病院で信じられないほど
まずい病院食に遭遇したそうです。

今、暇に任せて読んでいる本が、
昭和13年9月1日発行の「支那事変戦跡の栞」(上巻)です。
私が生まれた年に発生した支那事変には
父も叔父も参戦しています。

この本には部隊名も出てきますので父の面影を追っています。
各戦闘及び地理風物が土地ごとに詳細に述べられています。
感心することはとても難しい単語文章が随所に出てきますが、
この本は支那事変に参戦した将兵に配られたそうですが、
こんな難しい文字単語を当時の庶民出身の兵達が理解出来たのでしょうか、できたとしたら当時の庶民は教養が高かったんですね。
私には読めない理解出来ない漢字が沢山あります。

常用漢字にはありませんので今それらを書くことも出来ませんね、
とても興味ある本ですがなんせ兵達が携帯して読むための本ですから手の平に乗るような小冊子ですから目の上った
私には読むのが難儀です。
これが3冊ありますからね、絶対読了したいと思う、
当時直近でみた支那事変の歴史ですから貴重ですね。

ここで疑問は支那軍との交戦でことごとく支那軍が敗退して
いるんですが、支那軍はそんなに弱かったんでしょうかね。
戦争末期の大本営発表のように虚偽の発表だったんでしょうか、

DSC02673
二度クリックするとかなり大きくなります

今日の歩数は2044歩 
正しくカウントされてないみたい。


秀吉様、家康様、ご英断をありがとうございます。(追記あり)


 令和3年9月19日(日)晴れ

DSC02371
DSC02379
西の空、富士山の左上にあるのは宵の明星でしょうか
DSC02384

今日も一日家籠り
さて気になっていた入院関係の書類と大腸検査関係の書類を
熟読しなければ、
心臓関係の書類は沢山あるので先に読もうと探したら、
無いっ、どこにもないっ!
これは明日病院に電話して再度発行して貰わなきゃならないかと
覚悟を決めました。

大分たってから書類を立ててある本だなにありました。
どうしてこんなところにおくかな~
やっぱり煩雑だけどテーブルの上に積どくほうが判りやすい
ですね。

数十ページ熟読しましたよ、こんなに熱心に取説関係を読んだことは無いです。
大腸関係も読む予定でしたが根気が続きません、明日必ず読む。
その他気になっていた保険関係の書類も整え投函しました。
もう書類関係は手に負えなくなっています。
歳には敵いません。

ノートパソコンで更新しようと思いましたが、
写真が取り込めたり、取り込めなかったり安定しません。
取り込めてもそれを移動させることが出来ません。
もう機械関係は無理かな~
DSC02378
今日の昼食、芋、バナナケーキ、野菜ジュース
DSC02412
今夜の夕食、栗赤飯弁当、旨かったわ、完食

DSC02393
DSC02401
DSC02407
DSC02411
月が満月になっています、右上に宵の明星でしようか
夕方西の空にみえましたが、これは東南の空です、一緒でしょうか
DSC02394
DSC02395
都庁から議会迄半円形に取り囲んでいるこの構造物は廊下でしょうか、小部屋の連なりでしょうか、いつも人影もないのに煌々と明かりが点いています、都庁の電気代は年間いかほどでしょうか、
節約と言う概念はないのでしょうか。

夕食前に散歩に出る、
今日の歩数は4718歩
IMG_20210919_0012
やっと読了しました、秀吉、家康がバテレンを追放、鎖国してくれてなかったら、今頃我が国の国語はスペイン語かポルトガル語だったかもしれませんね、危うい、危うい!

何年か前にザビエル来朝(1549年)何百年記念なんてお祝いをしていたと思いますが日本人は本当にお人好しですね、宣教師は紛れもなく侵略の先遣隊だったんですよ。世界中の本国以外のスペイン語、ポルトガル語圏を見れば一目瞭然です。

現在それと同じことが支那によって行われつつあります。
それが完了する頃、私居ないと思うからいいけど!!
健闘を祈る!!




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ