おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

家族 娘、息子

シニアナビ過去記事(582)「閉じる」


[582] 閉じる 2008.1.28  19:30:05   
20/1/28(月)寒い

今夜、6時38分に義母は息を引き取りました。
あと、14日で99歳でした。
明治42年2月11日、紀元節の日に生まれたので
「きぬ」と名づけられました。

昨日訪ねた時、はっきりしないおしゃべりをたえずしておりましたが、私がベットの傍に行った時の第一声は
「ご飯が出来たから食べなさい」と言いました。
その他の事は何を言っているか判りませんでしたが
それだけははっきり聞き取れました。
私と認識して言ったのかもわかりません。

元気な時いつも言っていた言葉です。
「あれを食べろ、これを食べろ」と、
煩いわねと思っていました。


贖罪


令和3年5月23日(日)晴れ

DSC09706
DSC09752
息子夫婦からのプレゼント 白ワイン


今日は母の日&誕生&大学合格祝い会

今日は息子夫婦が招待してくれた。
息子宅近くのこじんまりしたレストランでした。
毎年子供達には祝ってもらっていますけどね。

息子が車で迎えに来てくれましたので
お酒飲んだら帰りは運転できないねと心配しましたが、
何のことはない全員飲めないのでした。
シャンパンで祝杯も挙げられないなんて世も末だわ。

美味しいフランス料理をご馳走になり、至福の時を過ごしました。
母親冥利に尽きます。
終わってから息子宅近くの善福寺公園を一周しました。

ところで今回は孫娘が第二志望の国立大学に入学しましたので
そのお祝いもかねていました。
勿論第一志望は東大でございますよ。

ところで私は東大に合格したら100万円お祝いをあげると
決めておりました。
惜しくも東大は叶いませんでしたが、
祝いたい気持ちは同じです。

DSC00127
既成の熨斗袋に入りませんので箱に入れて熨斗紙は
自作印刷しました。箱は沢山在庫がありますからね

息子夫婦は恐縮しておりましたが、
私は息子に対して長年贖罪の気持ちを持って過ごしてきました。
息子が高校の頃我が家は破産して家庭崩壊状態でした。
子供の精神成長期にとても辛い経験をさせました。
当然私達親の精神状態も正常ではありませんでした。
修羅でした。

高校の校長先生や担任、野球部の監督夫妻等沢山の方々に
大変お世話になり、高校の近くのアパートに住み、
生活は監督夫妻に全面的に面倒をみて貰いました。
それ以来息子は我が家で暮らしていないのです。

娘は40近くまで家で暮らしましたので親として挽回の機会は
ありましたが、息子とはその機会もありませんでした。
だから言葉にこそ出しませんがいつも申し訳なかったと
負の思いを抱いていました。

せめて息子が老人になった時に孫に大事にして頂きたいと言う
母の願いを形にしました。
おめでとう!
DSC09708
DSC09698



吉田うどん、忍野八海、日帰り温泉「ゆらり」


令和3年5月20日(木)曇り


婿さんは自営業で月曜日が定休日、
休みの日にふらりと温泉に出かけていてたまにお誘いがある。
前日娘が行く!と誘ってくれた、
実はその日は循環器クリニックの予約が入って居たんだけどね、
やっぱり温泉がいいでしょう。
当日の朝一番でお断りの電話を入れました。

婿さんはカーキチで富士スピードウエイで走ったりしているんだけど、最近友人に触発されて自転車で富士登山するグループに入り
何十万もする自転車を買い、装束も整えてすっかりアスリート気分らしい、当日も朝早く起きて小田急沿線の専用レーンで走って
10時に小田急最寄り駅で落ちあった。どこだったっけ!
スタミナ満点な婿さんです。

婿さん宣いました「今日の昼は吉田うどんだからね」と
有無を言わさぬ言い渡し。
「えっ、吉田うどんって名物なの」
「えっ、有名な吉田うどんを知らないの」
しらん!

DSC09449
吉田うどん、小 期待してなかったので小にしたら、
うん旨いじゃないの、追加しましたよ。
DSC09450
追加、太くて腰があり、旨いです
DSC09451
こんな構えの店、
IMG_20210520_0003
市内に48軒もあるらしい。

御殿場あたりから山中を走っている時雨が降り、
霧が立ち込め最悪の天候になった。
しかし、トンネルを抜けると雪国だったではないが
山中湖に着いたら晴れでした。
ただ富士山の全容は見えなかったけど、眺めは最高だった。
DSC09447
DSC09448
富士の裾野だけ見える
DSC09445
対岸

吉田うどんを食べてから、忍野八海に行った。
忍野八海は昔バスツアーで行った事がありますが、
ほんのさわりの場所だけでしたので、
ゆっくり見物しました。
よく歩きましたよ。

忍野村の浅間神社にお参りして御朱印を頂きに行きましたら、
宮司さんが暇そうでしたので話しかけましたら、
これが私以上の話好きで止まらなくなりました、
なんと脳の専門医でもあるそうで「脳」と来たら
私反応しますからね、実は脳の劣化で悩んでいますからね、
これ幸いにご教示頂きました。
脳の劣化は20歳頃頃から始まっていますからね、
83歳、当たり前です、気にすることはありませんと仰います。
そうしよう!
DSC09528
1300年の由緒ですからね、境内の樹木も巨大です
DSC09529
DSC09531
DSC09533
DSC09536
DSC09535
気を頂く、

忍野村の住宅は広くて庭の手入れが良くて
皆さん競って花々の手入れをしているようです。
季節も良くて花盛りでした。

庭木の手入れをしている庭師に問いかけましたら、
ここの住民は日ごろけちけち倹約して人より大きな家を建てる
競争をしているんですよ、
だからよそ者が入って来ても居場所がなくてよそ者が集まっている部落に移るんだよと言っていました。

だから庭はどこも綺麗なんですね、
行った事はないけどイギリスの住宅地が競ってガーデン自慢を
しているのと同じですね。
私はこの村には失格、住めませんね。

そのあと本題の鳴沢村の日帰り温泉に行きました。
運が良ければ浴槽から富士山の全容が見える温泉です。

DSC09550
ああいい湯だった!
いい一日だった!

帰宅後家でお好み焼きをしました。
前日の材料が残っていた。

DSC09551
すっかりアスリート気取りになった婿さんが肉肉と
うるさいんです、鶏肉を自分で買ってきました、
焼いて各々塩胡椒して食べると旨いんですよ。
DSC09553

忍野八海の写真が沢山ありますので別ページで掲載します。


忍野八海、富士見温泉


 令和3年5月17日(月)晴れ

今日は娘夫婦に温泉に連れて行って貰いました。
帰宅後は昨日の残りの材料でまたもお好み焼きをして
大いに飲み食いしました。
二人ともバタンキューと寝込みましてたった今
11時10分に帰りました。
そんなわけで今日のご報告は出来ませんでした。
明日写真と共にアップ致します。



シニアナビ過去記事(564)「義理親には「げんなま」」


 [564] 義理親には「げんなま」 2007.12.23  17:40:28   

564_picture

義母を特別養護老人ホームに入れてから
家財、衣服などの処分をしたが、今まで私や孫(私の息子)や
義姉などがプレゼントした衣服が箪笥の底に眠っていた。

殆どを処分したが懐かしい品が出てきた、
一気に40数年前の事が蘇ったわ。
それは私がはじめて義母にプレゼントした毛糸の羽織。

結婚前に「伊勢丹の手芸売り場」で実演していた確か
「ジャンテイ」か「シャンテイ」とか言う織物だった。
簡単な織物で習いながら作品を作ったわ。

10センチ角のプラスチックの器具で周りに針がついていて
それに毛糸を掛けて、もう一方から毛糸を通してピースを造り
それを何十枚も作って様々な作品に仕上げる手芸。

様々な物を作ったが一番の大物は二重にして作った
赤ちゃんの「おくるみ」
我が子ふたりが赤ちゃんの時に乳母車や車に乗せる時
すっぽりくるんでどこへでも運んだものだわ。

その頃、義母にプレゼントしたんだけど一度も袖を通しては
貰えなかった可愛そうな羽織。
おばぁちゃんっ子だった私の息子も様々な物をプレゼント
したが愛用してくれた物は無し。

私が遠慮なく義母にものが言えるようになった晩年に
「着てくれないとおばぁちゃんが死んでも誰も着てくれないよ」と
言った事はあるけど、いつも他所に行く時着るという。
そして普段は洗いざらしの粗末な衣服を着ている。

明治の女だねぇ、ハレとケをきっちり区別しているのね。
今、思う事は義理親には「げんなま」が一番だって事。
「げんなま」も使って貰えないかもしれないが、
後に回収できるから無駄ではないでしょう。

その羽織回収して私が家で寛ぐ時愛用しているわ。
パソコンの前で作業する時軽くて暖かいの。

おすすめ
「ねぇねぇ日記」
http:// mojifu.blog69.fc2.com/



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ