おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

家族 娘

シニアナビ過去記事(379)「胃と腸も弱る」


 [379] 胃と腸も弱る  2007.1.9  18:59:56   
19/1/3(水)晴れ どんより


折角の休みと言ってもちっとも休まらない。
背中は相変わらず重い。

今日は午後から義母を入浴させた。
今日は前回と違ってお互いさりげなく穏かだ。
お互い学ぶのね。

息子が今朝来て「お年玉」と言って1万円置いていったそうだ。
うちの子供達は素直だ、昨夜息子に言ったことをもう実行している。

義母嬉しくて嬉しくて感涙に咽んだそうだ。
思えば義母の人生はギブ、ギブ、ギブ、ギブだけの
人生だったもんなぁ。

世の中見渡せば「ギブ&テイク」じゃなくてそのどっちかの役割ばかり担っている事が多いと思う。

義母のギブ人生はかの「関東大震災」あたりから始まるようだ。
明治42年生まれだから14,5歳の頃だろう。
下町深川門前仲町あたりの貧しい魚屋(どうもぼて振りだったようだ)の長女に生まれた義母はその頃奉公に出されて他家で働いていたらしい。

そして地震で家を失くした家族の為に、毎月1枚の畳を買って実家に持参して親を喜ばせたらしい。
計6枚買ったそうだ。
後記:一間の掘っ建て小屋を建てて暮らしていたらしい)

母親が事のほか喜び、事あるごとに「娘を産んでおいてよかった
キヌは本当に親孝行な娘だ」と死ぬまで誉めそやしていたらしい。

それからの人生は貧しくとも真面目一方に働き、
ギブ、ギブ、ギブの人生だ。
でも、ギブされた方は今こんなに寂しいのに誰一人訪ねてくれる
親類は無く、電話一本、年賀状の1枚もよこさない。

義母、明日訪問してくるヘルパーに
「お年玉1000円とタオル2本(頂き物)をあげようと思うがどうだろう」と相談する。

「いいんじゃぁない」

貧しくてもお世話になった方に「志」を上げたい老婆の気持ち
判ってくれるといいんだけどな。

私は最近思う「人の好意は素直に受けよう」と
それが双方にとって幸せだって。


シニアナビ過去記事(363)「一年間ありがとうございました」


 [363] 一年間ありがとうございました 2006.12.31  20:15:54  18/12/31(日) 晴れ 富士山ぼんやり見える

363_picture
「さんご」だって家族の一員さ、
monnti
「もんち」だってね


今日は10時から恒例の餅つき、
今年はもち米10k、小豆1k
9臼搗いた。

旦那は仕事なので息子と娘の3人で和気藹々と搗く。
一臼毎に出来が違う。
何処が違うんだろうか、蒸か、搗き方か、水加減か、
いまだ、会得していない我が家の餅つき。

東京広しと言えども12階のベランダで毎年「餅つき」する物好きは
そうは居ないだろうな。

私はそんな事が好きなんだ。

終わってやはり疲れたので、一休みに例の親友とオペラシテイの
喫茶店にお茶しに行く。

ゆっくりお茶して買物して帰り、さてとお煮しめを作ろうか。
今年はほんの3日分位の煮しめを作る。
煮込みはガスストーブの熱を利用しようっと。

電気をフルに使ったもんだからヒューズが飛ぶ。
IHコンロが2口、電気カーペット、加湿器、風呂場の衣類乾燥機
etc.
加湿器って案外電気を食うのよね。

今年もいよいよ終わり、振り返ってみて求められる人生でよかったな。
来年はいよいよ70歳だ。このままで行けるだろうか。
もうそうは行かないだろうな、でも悔いは無い。
それなりに精一杯生きよう。

息子が帰る時に玄関で「お年玉」と言って1万円下さった(何故か敬語になる)
今までは親の私が援助しなければと言う気持ちだったのに、
今まさに記念すべき年、子供からお小遣いを頂く年齢になったのだと感無量であった。

「ありがとうございます」
「嬉しいです」

皆で幸せになりましょう。

シニア・ナビの皆様一年間ご愛読ありがとうございました。
来年も精一杯楽しい人生を送ります。
皆様も楽しい人生をお過ごし下さい。



やっぱり羊羹は小城羊羹


 令和2年11月12日(木)どんより晴れ


今日は午後から伊勢丹、高島屋に徒歩で往復しました。
片道32分でした。
佐賀県小城の小城羊羹をお歳暮と贈り物にしたいと思ったのです。

先日、崎山さんが甘いものが好きだと言うことで虎屋の羊羹が食べたいと言われましたので、羊羹なら虎屋より佐賀の小城羊羹が旨いですよ、今度おくりますねと約束しました。

小城羊羹は村岡屋で贈答に買っていましたが、
ここ数年はご無沙汰していました。
毎年夏冬にダイレクトメールが来るんですが、
今年は必要が無いと思って処分しました。

でも以前伊勢丹に売り場があって買ったことがあるので行きましたら、無いのです。
案内の方に検索してもらいましたが伊勢丹からは撤退したらしい、
それで高島屋にはあることがわかり、行きましたら中級品が一種類だけありました。
仕方ない、4種ありましたのでそれを送りましたが、
ちょっと満足しませんね。

sky-face-sea_a-b07rtqw9c3-20200918[1]

九州では羊羹は小城羊羹と決まっているんですが
全国区ではないのです。
虎屋の羊羹は高いだけで甘すぎて特徴が無いと思います。
やっぱり羊羹は小城羊羹ですよ。
小城羊羹と言うブランドは地域ブランドで数十社あります。
私は村岡屋のばかり買います。
中学校の同窓会で本店を見学したこともあります。

さすがに歩き疲れましたので、外食しようと思っていました。
何となくしょっぱいものが食べたいな、そうだあごだし塩ラーメンを食べよう、と向かっているときに娘から電話がありました、

鯛の刺身を沢山買ったのに婿さんが今夜も遅いと電話があったので
一緒に食べようと言うのです、何か買って行くと言いましたが
私も途中で店屋物を買いましたら、不味くて多すぎて食べきれなくて持て余しました。

今日の歩数9084歩 6,6㌔

DSC05820
刺身が沢山残りましたので明日タイ茶漬けでもしようかな

村岡屋
村岡屋本店
小城羊羹
小城羊羹とは、佐賀県小城市の小城羊羹協同組合に所属する羊羹店で製造・販売される羊羹。地域団体商標に登録されており、商標所持者は小城羊羹協同組合。なお同組合には25社が加盟し、うち19社が小城市内(旧三日月町を含む)に所在するが、小城市外の業者も所属している。そのため、小城市外で製造される小城羊羹も存在する。

1894年~1895年の日清戦争では軍隊の酒保で扱う甘味品としても採用された。
この時遠く大陸の前線まで送られても、他の商品の様に品質の劣化がなかったことで小城の羊羹の名声が更に高まり需要も増加。



よく食べ!よく飲む!


今夜は豚ステーキをしようと思ひ買い物に行く。
さてと夕食の支度に掛かろうとしているときに娘から電話があって、婿さんが久しぶりに「えびす」で食事したいと言っていると言う。
私、久しぶりではないんだけどね。
仕方ない付き合いましたよ。

DSC05748
鮟肝、納豆入りオムレツ これが旨いのよね

隣の席にいたハンサムで体格の良い男が注文しているのを見て
食べたくなった。次から次に注文していました。
よく食べる男は出来る男だと私は思っています。
だから綺麗な女も連れています。

DSC05751
しめ鯖、納豆天ぷら、白身魚の刺身
DSC05752
芝海老のから揚げ
DSC05753
コロッケ
DSC05754
焼きそば、
他におむすび撮るの忘れたわ、
婿さんもよく食べます。
婿さんと食べる時は婿さんの奢りです。

ところで昨日今日は結構歩いたし活動しましたが、
私全然疲れていません。
私って健康なんですね、その秘訣はよく食べることでしょうね。
今日の歩数8217歩 5,1㌔






糞おやじを思い出したわ


令和2年10月30日(金)晴れ

DSC05130

DSC05131
えびすのしめ鯖は絶品なのよね
DSC05132
鮟肝
DSC05133
天ぷら盛り合わせ
DSC05134
おむすびとアサリの味噌汁 熱燗大2本 5,800円也

今日は午後から散歩を兼ねて新宿まで往復歩く。
ヨドバシに行く。
昨日旦那の古時計、3480円も投じて修復を試みたがやっぱり
駄目だったわ。
狂っているのでヨドバシに持ち込み見て貰ったが、その場では治ったようだったが、うちに帰ってみたら狂っていた。
古いから駄目だったらしい、だから修復できるか問うたのにね、  3480円の無駄使い。

私は古い物を捨てない習性があるのでこんな無駄なことをやる
羽目になるのだ。
ヨドバシで家電を見て回る、パン切りはないかと見て回ったがない。

娘から電話があり、今夜婿さんがめし要らないと電話があったので 一緒に食べようと言う。

「えびす」で一献傾ける、熱燗を飲み、ほとばしるように、糞おやじ(今夜認定)の事やそのおやじの所為で高校時代の暗い青春を思い出し、ほとばしるように喋りました。
女の歴史は私の知る限りみじめでしたね。
其の変遷は私の歴史でもあります。
今は昔日の思いです。

私の知る限りの先祖(祖父までしか)を話しました。
娘曰く「ママの先祖をファミリーヒストリーで調べるといいね」と言う。
どうせ碌な先祖ではないけど、これ個人で調べると面白いよね。
自腹でNHK並みに調べる人いるかな。
くそおやじめ!
私の青春どうしてくれる!
今日の歩数7,996歩5,6㌔






プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ