おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

私の思い

シニアナビ過去記事(573)「私はクレーマーか」


 [573] 私はクレーマーか  2008.1.9  23:44:37   
20/1/9(水)晴れ

私は今気分が晴れない、重い。
続きは後ほど




シニアナビ過去記事(569)(年頭のご挨拶)

[569] 年頭のご挨拶 2008.1.1   00:52:26  

569_picture


あけましておめでとうございます

今年71歳になります。
ケアマネージャーとして日々苦労していますが、
目標は80歳まで現役です。
シニアの励みになるよう頑張ります。

平成20年元旦

さんごママ




シニアナビ過去記事(568)「歳の終わりに思う事」


 [568] 歳の終わりに思う事 2007.12.31  19:49:42   
19/12/31(月)晴れ 富士山夕方見える

568_picture
今年最後の残照


とうとう最後になってしまった。
振り返ってみるとこの一年も息せき切って突っ走って来たように
思う。
いつも歳の初めに思う事は今年こそゆっくり歩こうと言うこと。
これは性分かはたまた生き急いでいるのか
最後の時が来て見ないとわからない。

ケアマネとしては未だ未熟で自信無げにいつも追われる様な気持ちで過ごして来たが、まぁなんとかやってきた。

我が人生でも今までは「いつか、いつか」と言う気持ちで
人生を先送りして来たが、
ここに来て到達点にたどり着いたような充足感がある。

はい、もう十分満足しています。
私の人生の決算書は大きな黒字です。
何も言う事はありません。

ただ、今の憂いは日本の現状、将来の不安です。
私が拙い人生を振り返ってみても戦後から私と共に歩いた日本人は戦争には負けましたが、誇りある民族であったように思います。
意気高く堂々としていたように思います。

それが現状はどうでしょうか、政治家始め国を代表する人たちの
右顧左眄、へりくだり、まさに売国行為に明け暮れています。

こうなったのはある頃から「事なかれ主義、金儲け主義、愛国心の喪失etc.etc.etc.、、、、」の安逸な生活に身を委ねすぎている間に着々と日本支配の靴音を耳を閉ざして聞こえない振りをしていた
せいです。

その間に特定三国、在日、巨大宗教団体が日本支配にじわりじわりと蝕み始めていたのが今日すでに頂点に達している姿だと思います。

すでに彼らはマスコミ界、法曹界、政治界、実業界、教育界の
占領を完成させています。

これから最後の止めの「外国人参政権」獲得で彼らの野望は
完成します。

眠れる日本人よ、わが国は第二の新世界にさせられるのですよ、
我が民族はアメリカインデアン、チベット民族の立場に
甘んじますか。

私はそのような日本を見たくない、
そうなる前に死にたいと思います。
しかしそれは無責任です。
子孫に対して無責任です。
でも私は無力です。
そのような日本を想像すると夜も眠れなくなります。

どうか眠れる日本人よ目を覚ましてください。
共に行動しませんか。

最後になりましたが私の拙いブログを愛読していただき
有難う御座いました。



シニアナビ過去記事(567)「恒例の餅つき」


 [567] 恒例の餅つき 2007.12.30  21:34:30   
19/12/30(日)晴れ 夕方富士山見える

567_picture
10キロ分の出来上がり、あんこ餅はこれからの私の朝食になる。
美味しい~~よ~~


今日は恒例の餅つきをした。
ず~っと昔は家族4人でやっていたが、ここ数年は旦那抜きで3人でやっている。
旦那がいるとやれ、納豆だ、大根おろしだ、黄な粉だ、ぜんざいだと煩い事を言うので私の労働が倍加するのだ。

ところが今回は娘が昨日からニューヨークに行ったので
息子と二人でやった。
昨夜から1キロの小豆を煮て漉し餡を作り、10キロのもち米を洗い、
傍ら黒豆の煮物もやりながらなので寝るのが遅くなり、息子は搗き専門なので私1人でやるのは矢張り無理があり、途中から疲れから頭痛がしてきたわ。
矢張り1人では無理ねぇ。

終わってから少し寝たらいくらか気分よくなった、
親友に餅を取りに来るように電話してあったので来てくれたのでコーヒーやお茶を飲んだりおしゃべりしていたら一段と良くなったわ。

この春にヨモギを少しずつ摘んで冷凍保存していたのでヨモギ大福も作った。
香が良くてとっても美味しい。
小豆も必ず漉し餡にするがこれは母がよくやっていたので見ていて覚えたものだ、娘には伝承していないけど将来やってくれるかな、でも今のところは何の感慨も抱いていないようだ。

この臼と杵で搗く餅つきは私の拘りだけど、母の思い出として伝承してくれると嬉しいな。

昔義母を招待したら「大変ねぇ」と言っていたが好きだから
大変でも大変ではないのだ。
「大変と思うならやりません」この行事は死ぬまで続けたいな。


おすすめブログ
「ねぇねぇ日記」http:// mojifu.blog69.fc2.com/


人寄せ


 令和3年5月16日(日)曇り一時雨


DSC09434
今日はなんとしてもお好み焼きまで到達するぞ~
前2回はおつまみでお腹一杯になってお好み焼きは出来なかった
DSC09436


DSC09437
DSC09439
台湾パイナップルも甘くて美味しかった


今日は友人達が我が家に来てくれて楽しい懇親会を致しました。
先だって頂いたワインを飲みそこなったと悔しがる
お声が聞こえてきましたので、再度やろうとなりましたよ、
そのワインなんとネットで調べたら一万以上する
高級酒なんですよ。
皆で感嘆しながら飲み干しました。
美味しかった。

ところで佐賀出身の早稲田大学創立者の大隈重信も
母譲りの人寄せが好きだったそうですが、
私も好きなんです。
それは子供の頃からの憧れでした。

父がよく仲間を集めて家で宴会をやっていまして、怖い父でしたがそんな時の父は機嫌が良くて家で宴会があると嬉しかったんです。
二階の席に料理を運ぶ役目が私でしたので、おじさん達が愉快に騒いでかくし芸などを披露して楽しそうな有様をみるのがとても
楽しみでした。

私も大人になったら人寄せして楽しもうと夢見ていました。
若かった時は気の合う人と一晩中飲み明かそうと
思っていましたよ。

ところが結婚した相手が悪かった、
母子二代に渡って人が家に来るのが嫌いな人類だったのです。

新婚の時に衝撃的な仕打ちを受けました。
旦那の部下達が新婚所帯訪問したいと旦那に申し出て
旦那も断わりきれずに招きました。

義母は息子の部下なのに実に不愉快な応対をしました、
挨拶もそこそこに隣室に籠って出てきませんでした。
私は義母の気持ちがよく判りましたので
気が気ではありませんでした。

料理が出来上がって呼びましたが出てきませんので覗いてみると
いないのです、なんと押し入れに隠れて出てきませんでした。

こんな大人げない大人は始めてみました。
幼子を残して家を出た女ですからさもありなんです。
客も居心地悪かったでしょうね、
いやな雰囲気のなかそそくさと帰られました。
旦那も義母に一言も文句を言えません、
反対に義母に散々説教されました。

それから間もなく今度は私の血のつながらない従妹が上京して
来て暫く置かせてくれと叔母と一緒にいきなり来ました。
田舎もんですから親戚を泊めるのは常識と思っている人達でした。

その時の義母の応対は想像を超える物でした、その結果別居することになりましたから私的にはよかったかもです。
独立しても人嫌いはしっかり旦那の血肉になっていまして
旦那も極端に人嫌いでした。

たまに人が来たり、義兄一家が来た時も一言もしゃべりません。
私は気を使いその場を盛り上げるのに苦労しましたね。

さて旦那も亡くなって私の天下になりました、
昔ほど元気ではありませんが少しでも長く元気でいて
張り切って人寄せしましょう。
コロナが収束したらもっと人寄せしますよ。
今日の歩数は客を新宿駅まで徒歩で送りましたので
4599歩 3,2㌔





プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ