おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

私の思い

靖国神社初詣


令和3年1月8日(金)晴れ 富士山おぼろ

DSC07703
DSC07704
敬意と節度を持たずに入境する輩がいるのか
簡体字とハングルで提示するべきでしょう
DSC07705
ソロモンと見ると見逃せない
DSC07701
DSC07700
縮小朝雄叔父さん
朝雄叔父さん
2014_0423_001606-父と叔父①50% - コピー - コピー (2)
父(左陸軍)と朝雄叔父さん(海軍)
朝雄叔父さんの軍歴
朝雄叔父靖国
義父靖国
義父の戦没場所
義父軍歴
義父の部隊は戦後無事に帰還している
父の軍歴
ついでに父の軍歴
父は支那事変で招集されましたが、2年で除隊になっています、
叔父さんは12年に召集されて戦後21年まで一度も除隊になっていません。可哀そうな生まれ合わせです。大正生まれは損な生まれです、私達昭和生まれはまれにみる良い時代を生きました。


今日は午後3時頃靖国神社に参りました。
家から出ても30分位で着く距離ですがさすがに歩く気はしない。

私こう見えても立派な英霊の遺族なんですよ。
昔上京して間もなく高校の同級生に折伏されて創価学会に
入ったばかりに英霊に対して無関心ご無礼で申し訳なかった。

もし入会していなければ靖国神社に縁が出来て様々な戦友会や遺族会につながり、今葛藤を抱えている問題も少しは糸口が見つかったかもしれません。

父方の叔父さんはソロモン諸島のピエズ島で戦後まで生き延びていたのに餓死しましたし、
旦那のお父さんはマラッカ海峡で海の藻屑となっています。

私はこの英霊の軌跡を知りたいと常に思っていますが、
私の力、知識ではどうすることも出来ません。
もう少し若い時だったら頑張って探求できたかもしれません。

遊就館の売店に沢山の戦記が並んでいましたが、
若ければこれら全部を読破したいと悔しい思いです。
もうすべて遅いのです。

CIMG0441
日章旗と軍艦旗のシールとストラップと
航空自衛隊の制服生地のマスクを買いました
CIMG3995
以前大村の航空自衛隊でリュックも買いました
CIMG0431
今日の歩数はどっちをとればいいのか!

CIMG0433
今夜の夕食、お昼抜きなのでお腹空き過ぎて、即食べたかったので
靖国通りのリンコスで銀鱈の西京漬け弁当を買った、旨かった
DSC07711

DSC07707



私も90歳まで頑張れたらギネスものだったかしら!!


令和3年1月2日(土)晴れ 富士山見える


私も90歳まで頑張ったらギネスものだったかしらね、
会社としてはいつまでも居てと引き留められたんだけどね、
私自身がギブアップしたんだわ、それが私の限界、その差ね。

1956年から勤続64年、90歳の女性社員である玉置泰子さんが「世界最高齢総務部員」として、ギネス記録に認定。12月28日、ギネス世界記録認定式が実施され、認定証が授与された。

今回のギネス登録は、ネジを中心に扱う商社「サンコーインダストリー」(本社:大阪市西区、代表:奥山淑英)が、
従業員の玉置さんに感謝の意を示そうと企画。
ギネスに申請して登録されたもの。

サプライズで祝福された玉置さんは驚きながらも「当たり前のことをしてきたのに祝っていただき感無量。
本当にありがとうございます」と感謝。オンライン中継を含む会場に集まった同社の全社員から、大きな歓声と拍手で祝福された。

1930年生まれの現在90歳でも働き続けられる秘訣を問われた玉置さんは、
「1日1日の積み重ねがこうなった。
1日よりもその『時』で生きているようなもの。意識をせずに積み重ねることができた」と回答。

また「わが社では人と人との団結でここまで大きくなってきた。それが財産でもある。コロナの時代にあっても人と人とのつながりを大切にしながらやっていきたいと思う」と話した。

さらに、孫やひ孫くらいの年齢となる若い社員に対しては「みなさんは1日を大事に、今日を大事に、そして明日を大事にしてほしい。今日を粗末にする人に対して明日はない。みなさんにもたくさん未来があるように私にも未来がある。
明日、未来を信じてたくましく生きましょう!」と力強く伝えた。



皆さまありがとうございました!


令和2年大晦日

DSC07571
DSC07573
DSC07582

皆さま一年間私の身辺雑記にお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

高尚なことは書けませんが、83年間生きて来て老いを迎えて高齢老人はどんな心境で暮らしているのか、皆さまもこれから歩まれる道なので聊かでも参考になれば幸甚でございます。

現役をやめてから責任がなくなり気楽な日常ですが、
こうして日常雑記を書くことが張り合いになっております。

これからが楽しみです、
果たして私は恍惚の人になるのでしょうか。
それもこれも死ぬまで書き続ける所存でございます。
どうか恍惚日記もお楽しみお付き合いください。
最後は娘がジエンドしてくれるでしょう。

皆さま良き新年をお迎えください!


シニアナビ過去記事(393)「他人に「おかあさん」と呼ばれる気持ち」


 [393] 他人に「おかあさん」と呼ばれる気持ち 2007.1.28 17:50:52   
19/1/28(晴れ)富士山見えず

393_picture
1月2日の靖国神社境内        
えいっ、八双飛びだ~い
いろんな芸能をやっていたが、中でもこの猿回しは客を呼んでいた。
でも籠を回して「志」を求める時、コインは入れないで下さい。
今時10円、100円では何も買えませんと言っていたので、
私1万円札(うそ)しか持ってなかったのでタダ観したわ。


昨日今日も無為に過ごす、何故か貧乏性なので無為に過ごすと
罪の意識に囚われる。
私だってのんびり休養が必要よねぇ。

新規利用者さんを見習って起きたら
すぐ化粧すると良いんだけどねぇ。
私には時間に追われていないと出来ない事だわ。
でも今年の目標にしようかな。

そんなわけで、気持ちを入れ替えて口紅と眉だけ描いて出かけた。
まずオペラシテイの書店に、
2,3日前に新聞の書評で見た本を買おうと思ったが
その新聞が見当たらない、
店員に朝日か日経の出版でアメリカ人の報道記者の日本駐在体験記とあいまいな条件で検索して貰ったが見当たらない。
当たり前。

仕方ないので自分で探し始めたが題名も著者名も出版元も判らないのだから見つかるわけが無い。

替わりに料理研究家の「山本麗子」さんの本を2冊買った。
「料理に生き山で暮らす幸せ」
「山本麗子の小菜(おかず)手帳」

長野県の山の中、私も好きな「玉村豊男」夫妻の農園「ヴイラデスト」の近くに土地を見つけて理想の家を建てる話。

私も、シテイガールを自認はしていても潜在的にはこんな生活を
して見たいと思う事もある。
ただ、おのれを知っているから秘めているだけなの。

帰りにスーパーで買物。
見た目わたし位の老け方のレジ係りの「おばさん(しつれい)」に
「おかあさん、これもそうですか」と言われた。
むっとして
「私、貴女のおかあさんではありませんよ」と言ってやったら
謝っていたが、これで2度目だ。

1度目はスキー教室で若者のコーチがしきりに
「おかあさん、おかあさん」と呼びかけるんだけど、
始めは私の事とは判らなかった。
20番と言うゼッケンを付けているのだから、
他の人と同じに「20番さん」と呼んで欲しかった。
文句は言わなかったが、これでやる気を失くし、
いまだスキーは出来ない。

世の「シニアのおかあさん」どう思いますか。


再度小城羊羹


 令和2年12月5日(土)曇り一時小雨



今日は夕方近くに歩いて高島屋まで行きました。

最近俄かに小城羊羹が気になり、調べてみたら東京では常設の
店舗がないことが判った。
前にも書いたが昔は伊勢丹新宿店に売り場があったのだ。
今は高島屋新宿店の地下に両手の幅一杯位の場所に村岡屋の
昔ながらの一種類の羊羹が並べてあるがいつも品切れが多い。

昨日行った時は入ったばかりだったので10本ほどあったが
今日追加で買おうと行ったら1本だけ残っていた。
東京では虎屋が人口に膾炙していますが羊羹と言えば
私にとっては小城羊羹なんです。
お使い物にはネットで村岡屋に注文していますが、カタログを処分したので高島屋の店員さんが村岡屋に直接電話して
贈答にふさわしい高級品を注文してくれました。
とても親切な応対でしたね。
その方も小城羊羹は好きですと言ってました。

羊羹は好きなんですけど、あれば食べ過ぎるのでなるべく買わないようにしていますが、最近気になって買いました。
小城羊羹は20社以上ありますが私は昔から村岡屋だけでした、
けど機会があれば他社のも試してみたいと思います。

皆さんも虎屋と言わずにぜひ小城羊羹を召し上がれ!

DSC06980
全国の銘菓を集めたコーナーの一角にひそやかに並んでいる
DSC06978
残りの一本お買い上げ
DSC06984
本練り、小倉、抹茶、紅練りの4種の昔ながらの切り羊羹
DSC06707
昔ながらに型に流して固めて切って竹の皮と経木に包まれていますので日持ちがしません。時間がたつと周りに砂糖の壁が出来ます
昔、日清戦争の時に遠く戦地に送られたのはこの羊羹だったと
思いますが、何ら変質しなくて好評を博したのです。
切り羊羹
現在は銀紙に流しいれる方法が主流の様です。
皆さんも是非小城羊羹をご賞味下さい。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ