おてんば85歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

私の思い

国葬


令和4年9月19日(月)敬老の日 台風襲来
動く日の丸

国葬賛成

004
009
008
002

016
今朝も4個ゲット
015
今朝は4輪
022
今日の御昼 肉まんとブドウ

今日は午後から文京シビックホールで開催される講演会に行こうと思っていたが、出かけようとする時間帯に豪雨になりましたので
行くのを止めました。

息子が来て嫁さんが敬老の日を祝って作った料理を
持って来てくれました。
有難き幸せ!
024
今夜の夕食 嫁さんの料理を頂きました、半分は明日食べます。

ブログ書きながら7時から始まった
エリザベス女王の国葬に見入ってしまいました。
日本の国葬はどうなるんでしょうか、
穢されなければいいんだけど心配です。
世界に恥をさらすんではないかと危惧します。

英国は伝統にのっとって厳粛に執り行われていますが、
日本は伝統をかなぐり捨てていますから
浅はかな葬儀になることでしょうね。
032


今日の歩数は3412歩











 

狭き門、広き門


 令和4年9月16日(金)晴れ

国葬賛成

006

012

009
手の届かない天井にあったゴーヤがほとんどない!



私の巾着田と称しているNSビルの彼岸花、
体操の帰りにわざわざ見に行きました。
例年盛りを過ぎていましたが今日はばっちり盛りでした。
015
020
022
028
033
都庁の横に半月が
035
街路樹の下にも飛んで(?)いる。
001
カオハガンキルトのTシャツ
039
今朝は10輪 段々小輪になっている


薄いサマーカーディガンの袖口に糸が飛び出しているので
かぎ針で裏に引っ込めようと、
裁縫箱の中を探していたらこんな優れものが出てきました、
いつ頃買った物か忘却の彼方ですが、
これmade inJapanなんです。
今でもこんな途上国仕様の物作っているんでしょうかね。
045
これを裏から上に出して糸を通して下に引っ込めるんです。

最近テレビで見たんですが、
京都の西陣織の職人さんが語っていました。
もう西陣織は職人が居なくなり私一人になりました、
しかし西陣織は一工程ではなくて七つか八つの工程で
出来上がる物ですが、私は自分の工程だけしか出来ないので、
もう西陣織は御終いですと言っていました。

日本の誇りある手仕事がこうして無くなって行くんですね、
それでいいんですかね、と言っても私も着物は全然着ません
けどね、

物好きさんごママはこの暑い盛りの時刻に隣町の6号通り商店街に
出張りましたよ。
オオゼキ青果店が新規オープンするので掘り出し物はないかなと
気になって行ってみました。

既存の流行っていた青果店は客は一人もいなくて、
オオゼキはごったがえしていました。
何の商売でもそうですが商売は常に競合に晒されますね。

昔お世話になった弁護士さんが仰ってました。
狭き門、広き門、人生において狭き門を入ると中はとても広いが、
広き門を入ったら中は競争が激しくて狭い、私は努力して狭き門
を入ったので中は広いよと、誰でも参入出来る商売は競争が激しくて苦労します。
052
シャインマスカット一房780円
053
大きなパイナップルが298円
056
スダチが一箱980円
060
この2点買いました、青森産ニンニクが198円
050
カートを持って行きましたけどね
幾ら安くても一人暮らしでは無駄になるので買えません。

その足でジャムハウスにお昼を食べに行きました。
ママが丁度出かける所で残念でした。
057
今日の御昼、カレーパン、ウインナパン、アイスコ―ヒー

でもそこに興味のある雑誌があって読みふけりましたよ。
058
表紙
059
裏、裏表紙迄記事が続きます。

シニア向けなのかほとんどシニアのインタビュー記事で
大変面白かった、見たこと無い雑誌なので娘さんに聞きましたら、
面白いと思って創刊号を買って次買おうと思ったら閉号になって
いたそうです。
8年前の発刊です。

062
今夜の夕食、丸美屋の中華丼、サラダ(トマト、胡瓜、玉葱)
ビール

ああ、今日も面白かった~
今日の歩数は8636歩

国葬賛成 - コピー_page-0001



吸い殻を捨てる人、拾う人


令和4年9月10日(土)晴れ

朝5時は真っ暗です。
徐々に明るくなる。
004
 005
006
吸い殻2個 許さん、家から公園までの10分足らずの道に私が知る限り3名の男性が早朝清掃しておられます、主に吸い殻拾いがメーンです。おかげで道は落ち葉でさえも落ちていない綺麗な道です。
そんな方々のふけでも飲ませたいわ。何を飲ませたいでしたっけ?
010
今朝は3個ゲット、あと5㎝手の届かない位置に丁度良い
大きさのがあるけど届かない、何とか考えるわ



009
柵外に1輪
007
破れ1輪、今朝は2輪

朝食後無性に眠いと言うか疲れと言うかそんな状態になったので
ソファで横になったらすっかり寝込んでいた、2時間位寝たかな、
こんな生活が出来るのも現役時代一生懸命働いてきたご褒美だと
自分を慰めていますよ、本当は罪悪感なの。

012
朝寝から覚めて直ぐにお昼を食べました、
月見団子、玉蜀黍、OS-1補水、貧しい食事

家でグダグダしているのも我ながら嫌なので用を作って出かけた、
まずドコモ店に疑問点を聞きに行った。
5項目位メモして行きましたが、混んでいて予約優先だったので
予約したら、1時間後の6時30分からなんだけど閉店が7時なので
30分位で解決する問題でもないので後日にした。

同じ階の居酒屋「文蔵」で夕食食べることにしました。
間もなく娘から今夜サラダうどんを食べさせてくれと言う電話があったがもう遅い、文蔵に居るから来ればと言う。
文蔵も美味しくないですね、娘が取った刺身盛り合わせが
まずいのなんのって、
やっぱり料理は「えびす」がいちばんうまいな。
013
私の取ったさんまの刺身はまあまあだった。
DSC09495


今日の歩数は5369歩





葛根廟事件を忘れるな


令和4年8月17日(水)曇り

先日8月6日に乃木神社で行われた千田会主催の
「大東亜戦争の記憶」と言う演題の講演会について
書きたいと思いながら余りにも重いのでなかなか書けないでいた。
今日は軽く書いてみようと思う。

終戦前後軍隊経験者のお話は貴重なので聞く機会があれば
聞くことにしていますが、大分以前に感じたことは終戦時20歳以下 だった方が語るのは軍隊でひどい目にあった、と言う話が多くて
当時確信的な位置にいた方々のお話は聞けませんでした。
もっとも当時重要な位置にいた方々は黙して語らない方々が
多かったと思う。
何しろ戦前はすべて悪と思われていましたからね、
語りたくなかったことでしょう。

すでに時遅しだったんですが私の聞いた数少ない話は
戦後教育で得た自虐史観を交えてお話される方が多かった。
だけどもう時すでに遅いのよね。

期待はしなかったけど今回聞きに行きました。
今回は軍隊教育は受けたけどすぐに終戦になったので軍隊生活は
されていない終戦前後の貴重なお話が聞けました。

シベリヤ抑留や満州生活等日本人は決して忘れてはいけない
ロシア、支那、朝鮮人の日本人に対する残虐な行い。
特に葛根廟事件などはもっと日本、世界に発信して
未来永劫記憶すべきだと思います。
朝鮮人の執念を見習うべきでしょう。

是非皆さんにも聞いて貰いたい経験談でしたが、
動画配信が有料なので残念ですが、
ネットで知ることも出来ますので是非調べて下さい。

大島さんも仰っていましたがこの事件の事が日本人にも
あまり知られていないのは、あまりにも犠牲者が多くて
生き残っている方が少なく、又思い出したくない悪夢だったから
と仰っていました。

葛根廟地図

葛根廟事件(かっこんびょうじけん)は、1945年8月14日、満州国興安総省の葛根廟付近において日本人避難民約千数百人(9割以上が婦女子)が攻撃され、1,000名以上が虐殺された事件。避難民の約9割以上が女性や子供であった。ソ連軍が去った後に、生存者も自決したり中国人暴民やソ連兵などの襲撃を再び受けたりして、日本帰還を目指す多くの日本人居留民が犠牲となった。
senndakai
032
037
087
084
西倉勝氏
043
お話下さった講師の方々は皆さん90歳以上の方ですが
矍鑠としてよどみなくお話下さいました。
IMG_20220817_0001

貴方の傍にいるロシア人、支那人、朝鮮人がいい人であっても
国家としては大和人とは根が違いますので決して心許しては
なりません。
太刀打ち出来ません。




個人と国家は同じではない


令和4年8月16日(火) 曇り


 IMG_20220816_0001
ー-------------------------
産経オピニオン 8月14日
ー--------------------------

IMG_20220815_0001

先日モスクワ特派員の記事で気になる記述があった。
ならず者国家ロシアを論じて、
しかし私のお付き合いしているロシア人は親切で優しいというの、

この産経抄でも論じていますが、個人がいい人でも国家となると
その国家の芯のDNAが色濃く出ます。
私はロシア、支那は昔から残虐な民族だったと思っています。

でも個人は貴方外国人が役に立つと思えば、
全力であなたに親切、やさしさを発揮します。

昔30年程前に支那奥地に70数日滞在しましたが、
当時は日本はバブル真っ最中、支那は発展途上国で、
支那人は謙虚で日本人に取り入っていました。

当時ほとんどの底辺支那人は発展した日本に移住したかったが、
資産の有る日本人の保証がないと入国出来ませんでした、
だから人の好さそうな日本人に取り入って何とか保証人になって
貰いたいと尽くしていました。

同行の女性もそんなターゲットの一人で親切にしてくれる支那人を 王(例えば)さんはとてもいいひとなのよと気分良くしていました、
多分そうして何人かの保証人になったと思います。

彼らは閉塞して貧しい故国を出たいだけだったので目的を達すれば恩義を感ずる人はまれだったでしょうね、現に保証した学生に一家皆殺しに合った保証人もいました。

ゆめ、支那人の微笑に惑わかされないよう
お人好しの日本人に告げます。

その後保証人制度はどのような経過で廃止されたのでしょうか、
聞いた話では国交大臣が公明党の定位置で公明党が牛耳るように
なってから廃止されたと聞きました。

尤もぞくぞくと移住して来た支那人も社会の上層に位置するように なりましたから保証人制度が継続されていたとしても同国人同士で 間に合います。

個々人はよくても国として一致すれば支那・ロシア人程残虐な
民族人種はいないと思います。

もう遅いか!
もう数年すれば我が国土は支那人の故郷になります。
原住民は東南アジアの様に華僑の僕に成り下がるでしょう。




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ