おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

今さら聞けない皇室研究会

「今さら聞けない皇室研究会」動画



「今さら聞けない皇室研究会」
いよいよ昭和の御代の幕開け 
講師:村田春樹氏 令和3年6月24日



「今さら聞けない皇室研究会」
皇室KK問題 村田春樹氏の見解 
令和3年6月24日




今さら聞けない皇室研究会、勉強会


 令和3年6月24日(木)どんより


DSC09819
IMG_20210524_0007
DSC09829
DSC09833

今日は午後から表記の勉強会に参加した。
動画撮影を頼まれていたので張り切って参集しました。
村田さんの話はいつも面白いです。

終わってから同志と市ヶ谷に飛び懇親する。
ここもアルコールは出るが、二人づつで90分の時間制限があった。
尤も一テーブルに二人ずつでゆったりしているし
テーブルは隣接しているし、いったん勘定すれば新規の勘定で
延長できるのであった。
このシステムは店側にとっては好都合かもしれない、
長居客を90分で追い出せるしね。

その前に朝起きた時、臀部(腰)が痛かった、
過日と同じ症状であった。
昨日3時間以上も歯科治療で治療台に座っていたせいか、
立ち居振る舞いに困難であった。

それで9時オープンの時間に整体院に行く。
ふくらはぎがパンパンでそこを揉まれると悲鳴を上げるほど痛い。
上げたけどね!
なんとか少し改善しました。
身近に苦痛を和らげて頂ける施療者がいて助かります。

ふくらはぎが凝ると言うことは歩くせいでしょうかね。
歩く以外は体に良いことしていませんからね、
根気が続きませんのでストレッチの類はやっていません。
歩くのは何の努力もいりませんので続けられます。
本当に私の五体はコリコリです。
DSC09839

今日の歩数は4609歩
明日は心臓専門の病院に9時までに入らなければならないので、
今夜は早く寝よう。




「今さら聞けない皇室研究会」春の遠足福島⑦古関祐而展の写真


 令和3年5月6日(木)晴れ


古関祐而ストリートの商業施設(公共施設かも)の
2階で開催されていた古関祐而展では写真を撮ることが出来た、
尤もNHKのドラマ「エール」関連が多かったので
虚実取り混ぜてある、少し掲載してみます。
PIC_0310

PIC_0304
PIC_0303
PIC_0312
PIC_0314
PIC_0301
PIC_0316
PIC_0302

NHKドラマ「エール」関係
PIC_0311
PIC_0307
PIC_0308
PIC_0309

PIC_0317
PIC_0318

PIC_0319
PIC_0320

PIC_0321
PIC_0322




「今さら聞けない皇室研究会」春の遠足 福島⑥古関祐而記念館&信夫山


令和3年5月5日(水)子供の日 曇り後雨

古関祐而記念館&信夫山 暁に祈る歌碑の前で合唱

蕎麦の昼食を食べてから、古関祐而記念館に参りました。
駅前で結構詳しい展示をみましたので改めて述べることもありませんが、過日ご紹介した古関祐而のスケッチ画集とヒット曲を網羅しているCDを買ったことがよかったかな、
DSC00747
DSC00748
記念館で唯一撮った写真

その後信夫山に向かい、護国神社に参拝しました
PIC_0331

PIC_0336
結構な人が参拝しておりました
PIC_0340
PIC_0332
PIC_0333

PIC_0342
黒沼神社 こちらはあまり人影がない

PIC_0341
神様が集まっているようでした

その後信夫山の護国神社に参拝して寒風吹きすさぶ山腹にある
「暁に祈る」歌碑の前で皆さんと声を合わせて合唱しました。
信夫山歌碑 - コピー
歌碑の張り付けられている岩山、足場も悪いです



その後福島駅から帰京
皆さん異口同音に「ああ、楽しかった」と言って
満足顔で帰宅の途につきました。
満足満足!


「今さら聞けない皇室研究会」春の遠足 福島⑤古関祐而三昧

令和3年5月5日(水)子供の日 曇り

65b905dd[1]

DSC00686
チサン郡山ホテルを出て一路福島へ
DSC00696
福島の地勢は勉強不足で定かではありませんが、
この辺り盆地ですかね、四方は山々

DSC00698
福島駅西口到着


東口の古関祐而ストリート方面に向かう
DSC00703

今日は午前中、福島の誇る古関祐而三昧を致しました。
福島市はおらが古関祐而を大々的に売り込んでいます。
興奮しています。



PIC_0295
東口広場
祐而業績 1
戦時中に沢山の軍歌名曲を作曲されたことは無きものに!
PIC_0293
古関ロード

PIC_0324
マンホールにも
DSC00737
PIC_0328

ここが古関祐而の実家があった場所
PIC_0325
DSC00732
今は二つのビルが建っている
DSC00739
日銀支店もある由緒ある通り

駅周辺には古関祐而の業績をいろいろ並べ、
駅東口は古関祐而の実家があった街一番の繁華街だった通りを
古関祐而ストリートとして整備しています。

PIC_0327
ストリートのところどころにミュージックボックスが設置してある
PIC_0323
しかし軍歌は疎まれています、1曲ありましたが、歌手が歌いません
歌詞を知らせたくないのでしょうね

駅に設置してあるモニュメントからは正時に古関メロディが流れるし、ストリートのところどころに古関メロディが聴けるオルゴールも設置されています。
でもねぇ、古関は軍歌も名曲を沢山作曲しているんですが、
全然なかったことにされています。
これって歴史の偏向、捏造そのものではありませんか。
残念也!!、

ストリートの街並みの商業施設で古関祐而展をやっておりました。
記念館は撮影禁止ですが、ここは撮り放題でした。

ストリートを散策してから古関祐而記念館に行きました。
その前に昼食で蕎麦屋に行きました。

私、笑っちゃったんですが、
村田さんは蕎麦好きで一緒に歩くと必ず蕎麦屋に連れ込まれます。
実は私は嫌いではありませんが、好きでもありません。
仕方なく食べています。
それも村田さんはざる蕎麦だけ、
私的には実に貧しい食事です。
私は大抵天ぷらうどんとかなべ焼きうどんの高カロリー食です。

この会は村田さんのお陰ですから誰も文句を言わずに
食べる筈です。
バスを降りる時「出されたものを黙ってたべる!」と宣いました。
誰も文句は言いませんよ!!DSC00741
老舗のようです
DSC00744
DSC00745

27人の参加ですから前もって準備がしてありました。
なんと大盤振る舞い天ぷらがついておりましたよ。
御馳走様でした。





プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ