おてんば85歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

旅(国内)

箱根塔ノ沢


昨、12時過ぎに小田急線代々木上原で娘と落ちあって、
午前中仕事して来た婿さんと町田で落ちあって、
ロマンスカーで箱根湯本迄おにぎり食べながら移動しました。

ここで大失敗、おにぎりは自家製梅干しとシラスを入れたんですが、海苔を巻こうとして落っことしました。娘が拾うなと厳命しましたので私は食べたかったシラス入りが食べられませんでした。
シラス入りが旨かったと二人申しました。
一口も分けてくれませんでした。
025
車窓から小田原城
047
044

箱根湯本から登山鉄道で一駅の塔ノ沢で下車。
二人のおすすめの小さな神社があるのです。
急な階段を上り下りして反対側の山裾に数個ある神社に
お参り。
034
035
033
039
037
041
048
駅すぐ傍にこんな廃屋があります、アパートの様な作りですが
かってどんな方がすんでいたのでしょうかね。
寂れた無人駅です
051
058
下は沢ですからね紅葉する条件が揃っています
055
062
こんな山道を延々と登ります、85歳頑張る!
066
目的は箱根湯寮
067
箱根湯寮入口
068
069
谷間に広大な敷地を占めています、さすが小田急系列

箱根湯本駅と箱根湯寮間には送迎バスがありますが
娘夫婦は往はいつも山道登りコースで行くそうです。

いつも婿さんの休みの月曜に行くので空いていますが、
今日は日曜日、混雑と言えるほどの入りでした。
ゆっくり出たり入ったりして身体の芯からほとびて(田舎の方言)
身が軽くなりました。

駅傍のイタリアンで夕食としました。
なんとこの店は有名店だそうで、ゆっくり食べて出て見ましたら
10人ほどの行列でした。
料理選びは娘夫婦に任せました、だってごちになるんだもん!
076
お決まり!かんぱ~い
075
まずカリフラワーのシチュー、旨かったわ
079
083
イタリアンと言えばマルゲリータでしょ
085
デザートと言えばパンナコッタとティラミスでしょ、
美味しかった。他にワイン2本完飲
計3万程 婿さんの奢り
御馳走様でした。
気前のいい、親孝行な子を持って幸せでございますよ。


オペラシテイのクリスマスツリー
096
 089

090

093

ああ~今日もよき日であった!



急遽箱根温泉に行く(追画像あり)


令和4年11月27日(日)晴れ 富士山見える

 003
004
007
010
今の時機どこでも落ち葉は放置してありますね、道路にも、
昔は掃いていたような気がします、
落ち葉の絨毯が推奨されるようになったからでしょうね
014
早朝からお孫さんのお守でしょうかね
001

018
016


IMG_20221128_0001
IMG_20221127_0001
今日は思い立って東京タワーに安倍さんの写真展を見に行こうと
思っていました。
娘を誘ったら行ってもいいよと言うので
お昼に落ち合って行くつもりでした。

昨夕仕事帰りに寄って夕食食べさせろと言いましたので
カレーならあるよと言って食べさせようとしましたら
なんとご飯が無かった。
だから今日は御昼に食べさせようとご飯を炊きました。

そこへ婿さんが箱根温泉に行こうと言っているけど行くかと
電話がありました。
今日は車ではなくて小田急のロマンスカーで行くと言うのです。
勿論行きますよ、それで急遽昼食用に出来たてのご飯でおにぎりを結びました。

箱根湯寮と言って塔の沢にある確か小田急系列の日帰り温泉で
娘たちは度々行っているようです。
その件は写真を沢山撮って来たので明日書きます。
今日もいい日一日だった!





今さら聞けない皇室研究会「北海道愛国慰霊の旅」


 令和4年9月10日(土)晴れ

8月20日から23日まで愛国ツアーに参加しました。
その記録を残したいと思いながら気力が湧かなくて書けません。
同行者達は詳しい旅行記をぞくぞくと書いておられるのに焦りますがどうにも気が進まない。
段々記憶も薄れつつありますが、意地でも書こうと思う。

正式旅程は8月21日(日)から23日(火)ですが、
私は新千歳空港内のホテルに前泊しました。
なぜかと言いますとね娘が国内航空会社に勤めていますので
親は無料で載せて貰えるのです。

しかし無条件ではありません。
予約は一切出来ないし、あくまでも空席があれば空気を乗せるよりは乗せてあげようとの情けです。
ですから場合によっては早朝一番から待機して最終便まで乗れないこともあります。

昔、返還前の香港に行った時は帰国便でそれこそ早朝一番に空港に行き最終の福岡行にかろうじて乗れたことがありました。
とにかく日本国内ならどこでもいいと思いましたよ。

福岡でもはらはらしどうしでやっと最終便の羽田行に乗れました。
香港便は金を出してもたいして高価ではないので正式に買って一日有効に観光に費やす方が良かったんです。
まったく「只より高いものはない」と身に沁みました。

22日朝10時30分に新千歳空港集合でしたので前泊するしか
ありませんでした。
全て娘が手配してくれて宿泊代も娘が払ってくれました。
ちなみにフロントで聞きましたら一泊13100円と言ってました。
ホテルは空港内にあり、空港内の温泉も利用できました。
快適な旅が始まりましたよ。

早速温泉に入り、温泉付設のマッサージ所で日頃の凝りをほぐして貰い、担当の若者があんまり熱心に揉んでくれるので思わずチップをはずみましたヨ。

ひと風呂浴びてからさて北海の美味珍味を食べようと
食堂街をさ迷いました。
東京で北海道に行くと言ったら北海道は食べ物がおいしいし、
ウニはぜひ食べましょうと激励されてましたので早速見て回りましたが、空港の食堂は東京より高いのです。
なんとウニ丼が4800円もします、ウニって宝石ですか、
仕方ないので1個ウニがある鮨にしましたが
新宿の高級店より高かった。
しかし北海道で行き当たった男性は皆さんとても親切でしたね。

DSC09129
滑走路が見える部屋を取ってくれました
DSC09130
DSC09131
外は雨風強い悪天候でしたが、天気予報では旅程中は
悪い予想ではありませんでしたので気にしません
DSC09134

残念、高い鮨の画像がないっ!

この日大失敗しました。
全ての情報が入っている航空会社系列のカードを何度も何度も繰り返し忘れないようにと言われていました。
そのカードはいつも財布に入れていますが私の財布は重いので
必要なカードとお金を布の袋に入れて行きました。

そして空港で女性の係員に面倒見て貰おうと声を掛けてカードを
見せようとしましたら、なんとそのカードはヨドバシカメラの
カードだったんです。

そのスタッフが娘さんに電話して確認番号を聞き
それを画面で入力してくださいと言う。
この女性は不親切でした、その画面入力がとても難しいのです。

カードさえあればかざせばフリーパス状態で通れるのです。

帰り便の新千歳空港の男性はとても親切ですべてやって
下さいました。
それでもその操作では何度もやり直していました。

実はこの只で載せて貰える制度は全てセルフサービスが
建前だそうです。職員の手を煩わせてはいけないのです。
でも私はいつも高齢の老婆ですからと甘えていましたが、
この女性は会社の方針を忠実に守っていました。

このシステムはコロナ以来取り入れられたそうで
完全じゃありませんね。
改良の余地があると娘に言いましたよ。



知床観光船 おーろら号乗船 平成29年6月24日


知床観光船 おーろら号乗船 平成29年6月24日





知床半島

この度の遭難事故
犠牲者のご冥福を御祈念申し上げます。


29/6/26 (月) 雨の後晴れ(釧路地方)
楽しい道東の旅、疲れもせずに無事に帰宅しました。
全国的に雨模様でしたが、無事に予定の旅程はこなせました。
気分は少々お疲れ気味ですので落ち着いたら
旅行記を綴りたいと思います。

過去記事


東海道53次を歩くツアー(日本橋から京都三条大橋迄)


 令和4年4月2日(土)晴れ寒い


DSC08023
DSC08043
DSC08031
DSC08032
DSC08050
昨日は雨だったので今朝来てくれていた八百屋さん
トマト、菜の花、芹を買いました

DSC08026
今盛りのチューリップ
DSC08037
DSC08048
この一角は荒らされています
どうしたんでしょうか、チューリップは球根を育てるために
花を咲かせないらしいから、そのせいでしょうか、


午後2時から千駄ヶ谷の東京体育館で催された阪急交通社主催の
東海道53次を歩くツアーの説明会に行って来た。
このツアーは30年ほど前から開催されているらしいが、
私はごく初期から目をつけていて行ってみたいなと
思っていました。
しかしもう今となっては遅いかなと思いながら参加しました。
高齢だし心臓不安を抱えているしね、無謀かな。
定員80名満席でした。

このツアーの創始者の年配の方の説明を聞いていたら
行ってみようかなと思い始めました。
この方は全国の街道を制覇された方で定年後の
今も時々ガイドをなさっているらしい。
DSC08052
DSC08055

終了後質問があったのでお話していたらえらく気に入り、
この方のガイドなさる会に参加しようかなと思いました。
確か81歳と仰っていましたので老人の心身のハンデ
を判って貰えそうな気がします。

質問は説明中に満月の日は事故が多いと言う話がありましたので
その根拠が知りたいとお願いしたのです。
山歩きのツアーで滑落事故が起きた時はいつも満月の日だったので気象庁に聞いたり、日程を満月の日を避けて組んだら
ほとんど事故が起きなかったそうです、多分引力のせいではないかと仰います。

このツアーは全25回、3年半120万程掛かるそうです。
このツアーに参加すると後にOB会も組織されるそうです。

名刺交換しましたのでこれから交流しようと思います。
歴史の語りべ 旅の案内人と書いてありますので
勉強になりそうです。
そんなわけで特別にお茶のお土産を頂きました。
静岡にお住まいでお茶の栽培もしておられるようです。
DSC08061
私だけ頂いた静岡茶
DSC08057

DSC08063
今夜の夕食 カレー、ホタテとトマト、残り物、ワイン 
カレーも残り物も美味しくはないけど食べ物を粗末にしては
いけないと母の教えなので何が何でも食べる

今日の歩数は5621歩





プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ