おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

旅(国内)

シニアナビ過去記事(703)「豊穣の島、佐渡①」


[703] 豊穣の島、佐渡①  2008.9.21  18:24:54   
20/9/21(日)雨
703_picture
外海府海岸、島は至る所稲作が行われている(コシヒカリだ)


9月11日から13日まで、2泊3日の佐渡ヶ島にツアーで行ってきた。
佐渡に拘りがあったわけではなくて単に行った事がない島だったから。
佐渡に抱いていたイメージとしては日本海の荒波に吹き荒ぶ荒涼とした絶海の孤島と言ったイメージだった。

ところが佐渡は豊穣の島だった。
船で近づくとそのあまりにも大きく立ちふさがる陸地に
!えっ!これが島ッ!と驚いた。
大きい筈、日本で2番目の島だった。
1番目は当然沖縄本島、ちなみに屋久島も大きいなと思ったが
6番目だそうだ。
佐渡は海岸線まで稲穂が今を盛りに頭を垂れ、その収穫量は島だけでは消費仕切れなくて島外に移出しているそうだ。

あらゆる農作物、果物が収穫され「ミカン」と「林檎」が同時に
栽培され、なかでも「おけさ柿」が有名で色々加工されてデザートに給された、
丸ごと冷凍した「柿シャーベット」は美味しかったわ。
牧畜もさかんで肉牛も有名ブランドの仲間入りしているし、
沖には対馬暖流と寒流が交差して漁業も盛んである。

新潟側の内海府海岸は本土同様降雪が多いが、
外海府海岸は沖を流れている対馬暖流のおかげで殆ど雪は
積もらないそうだ。
只、冬の海風はすさまじく。
潮の華が吹き寄せるらしい。

昔、桜島に行った時、ガイドさんが桜島の豊かさが俗謡に
歌われているほどと言って唄ってくれた、
「嫁を貰うなら、桜島から、、、はっきり覚えて居ないが島から
一年中良い香り(贈り物)が絶えやせぬ」と謡われていると
言っていたが、確かに佐渡も親戚がいたら良いなぁと思ったわ。

続く、



シニアナビ過去記事(691)「招待ツアー」


 [691] 招待ツアー 2008.8.20  23:00:34   
20/8/20(水)晴れ

691_picture
この大鳥居と外柵工事は諏訪出身の新宿で三平と言う食堂を経営している経営者親子が寄贈したそうです。


以前、近所のスーパーの懸賞で当選して日帰りツアーに3度参加したことがあるが、今回応募した覚えの無い招待状が届いた。
旅行会社が以前参加した客に呼びかけたのだ。

つまり只で客を募り宝石屋や土産物屋に連れ込み
そのバックマージンで成り立つ企画なのだ。

旅先で何十万もする宝石を買う客がいるのだろうか、
只の旅に応募するような客が買うバックマージンで成り立つのだろうかといつも思っていた。
まぁ只だし、元気だしいつも参加していた。
でも大半が買い物に時間を費やされるので懐疑的ではあった。

今日は私も考えを変え少しは買い物もした。
それに皆さん良く買い物なさる、何十万もする宝石も何人かが買って居たし。
何人かは現金での買い物、いつもそんな大金を持ち歩くのですかと聞いたら、そうなんですって。

ところで相席の方がとても人柄の良い方でその生き方にも
尊敬すべきところがありお友達になりたいなと思ったが、
いや、流れる水でよいのだ、せき止めるのは止そうと思いとどまり
「縁がありましたら又どこかで、、」と言ってお別れした。

旅程は
①白金工房
ここで娘に頼まれていた婿さんの虎目石の念珠を買った。

②野沢菜センター
旦那の好きなワサビ漬けを買った

③諏訪大社(上社本宮)
この宮は男の神様を祭っているそうなので、ネット友達に「縁結びのお札」を買ったわ。良い縁が訪れますように。

ここでは参道の土産物屋の親父さんがガイドしてくれる。
早口で、写真撮っている私は遅れがちで良く理解出来無かったが、
私の理解したことはあの御柱祭りは東御宝殿、西御宝殿を7年ごとに
立て替える為の神木の切り出し、山降ろしの行事でその柱を神域に建てて乾燥させ7年後に建築するのね。

④只のお食事を頂いてから富士見高原(八ヶ岳)の
「ゆりの里」散策、
スキー場のゲレンデに500万輪が咲き誇るとありましたが、
大分盛りを過ぎていました。
でも眺望が良くて気分がせいせいしました。

⑤チーズケーキ工房(八ヶ岳)
メタボの私は買い控えました。
でも皆さんはた~くさん買いました。

おおむね良好なツアーでした。



シニアナビ過去記事(589)「懸賞生活⑱」


 [589] 懸賞生活⑱ 2008.2.27  21:59:35   
20/2/27(水)晴れ

589_picture
芦ノ湖遊覧船上から


今日は近所のスーパーの懸賞で当選した招待バス旅行に
参加して来た。

「熱海梅園と芦ノ湖遊覧のツアー」熱海梅園は
一度行ってみたかったので喜んで参加した。
昨日から天候は雨や強風で心配したが箱根も熱海も少々風はあったが穏かに晴れていた。

芦ノ湖は周辺の建物が景色に埋没してとけこんでいてなかなか良かった。
富士山が最後まで山頂を隠していたのが富士大好き人間としては残念であった。

熱海梅園はよく聞く名所なので期待していたが
まぁ一度行けば良いかな。
梅園は渓流に沿って山道になっているので年寄りには少々きついかな、
でも平日のせいか見物客は年寄りばかりであった。

犬の散歩をしていると何処からともなく梅ノ香が漂って来るので
梅園だったら、ぷんぷん匂うかなと思っていたが、
全然匂わない。
私の鼻がおかしいのかな。

河津桜に似た熱海桜が満開であった。


花盛りガーデンビレッジ忍野村


 DSC09460DSC09465
DSC09456
DSC09466
茅葺屋根の家が結構ある
DSC09542
DSC09468
DSC09523
庭先に倉庫のような茅葺屋根の建物が結構あった
DSC09464
DSC09463
DSC09462
DSC09477
DSC09545
DSC09524
立派な門構えの家
DSC09526
でかい家
DSC09538
富士山と庭のコラボが素敵な家
DSC09546
DSC09547
富士見駐車場!
DSC09517
ここは蕎麦屋ですがこのガラス張りの客席の下は
ガラス床になっていて魚が泳いでいる光景が見られるそうです、
植木職人が松の手入れをしていました
DSC09452
DSC09519
DSC09457
DSC09458
DSC09459
DSC09543

天候も良かったので皆さん庭の手入れに余念がありませんでした




忍野八海


IMG_20210520_0002
緑で囲まれているのは私有地で有料ですが、クローズしていましたので底抜け池と濁池は見ることができませんでした、
世界遺産の中心地に私有地を所有しているなんて
ご先祖様のお陰でしょうね。
IMG_20210520_0001
DSC09504
DSC09484
DSC09461
DSC09470
DSC09469
DSC09472
DSC09475
DSC09476
富士山が映る
DSC09480
中心地
DSC09482
みやげ物屋がある
DSC09483
DSC09484
湧水をボトル代120円で買う
DSC09490
ブルーの魚
DSC09492
奥に富士山
DSC09498
でも投入する輩がいる
DSC09499
DSC09500
DSC09501
DSC09507
路地奥にある銚子池
DSC09511

DSC09512
DSC09513
一番小さな池、釜が煮えたぎるように湧いている
DSC09516
この池から流れる小川に梅花藻(バイカモ)がなびいている



 
プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ