おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

ペット

可愛い猫欲しくないですか!


令和3年2月8日(月)晴れ

今日も一日家籠り
夕方娘が魚を捌いてくれと持って来た。
婿さんのお得意さんが釣って来たそうだ。
アカムツと言う魚。
半分ゲットした。
今夜はこれで一食助かった。
DSC08468
アカムツ
DSC08469
骨で怪我したわ
DSC08472
あら煮 超旨かった
DSC08474
頭で味噌汁
今夜の夕食の写真がないっ!
アカムツの刺身、アラ煮、アカムツの味噌汁、ビールです


夕食後散歩に行く。
今日の歩数4398歩

いつもの公園で猫の保護者と暫くお話しました。
この雄猫は3年ほど前に雌猫と一緒に捨てられていたそうです。
推定3か月の赤ちゃん猫だったそうです。

雌猫は捕まったので保護されて家庭猫になりましたが、
この雄はなかなか捕まらなくて野良猫になったそうですが、
その後、捕まえることが出来るようになったので
去勢したそうです。

もう捕まえることが出来るので誰か飼ってくれる人は
いませんかねと相談されました。
この方は猫の保護団体の方です。
西新宿猫の会

DSC08481
neko
ホムペ―ジから 名前フク君
《新宿T公園フク君TNR報告》
3年前から地域猫ボランティアに参加しているFさん。
サチの保護や、フクのお世話をしてきた中で、
何としてもフクの去勢手術をしたいとトライしてきましたが、4回も失敗、機会を伺ってました。
あきらめの悪いFさんは今日は、入ってくれる気がするという予感のままに5度目に挑戦。やっとトラップイン!
これで公園内はすべて完了しました。
オス一匹ぐらいはいいだろうとついあきらめてしまいがちですが、Fさん(*^ー゚)b グッジョブ!!お疲れ様でした※
手術費用は5月にトム君のレスキューの時にご支援いただいた
お金を使わせていただきました。

DSC08475
ワシントンホテル
DSC08476
京王プラザホテル
DSC08477
ハイアットレージェンシ―ホテル
DSC08478
ヒルトンホテル


シニアナビ過去記事(434)「「もんち」ついに避妊手術した」


 [434] 「もんち」ついに避妊手術した 2007.4.12   23:51:32  19/4/12(木)晴れ

434_picture
安静中の「もんち」
傷口を舐めないようにレインコートを着せている。


昨日、ついに「もんち」の避妊手術をした。
なかなか決心がつかなかったが、散歩の度に他の犬に吠え掛かり
もう手に負えなかった。
他の犬の飼い主がうちの2匹を見かけると横道に入るの、
きっと犬社会ではヤクザな犬として有名だったかもしれない。

私達の躊躇した事は果たして効果があるのだろうかと言うこと。
でも、将来婦人科の病気にはならないと言うことは確実。
(後記:効果とは果たしておとなしくなるかと、さんごは手術しなかったので15歳の時に子宮蓄膿症になって生死をさまよいました)

今日は誰に言われるまでも無く、散歩と食事とフロアーに不審な人物が来たとき以外はこうして自分のハウスで安静にしている。

それから、手術した医者に言われたこと。
皮下脂肪が凄かったそうである。
その為手術時間が2倍掛かったし傷口も大きくなったそうで、
飼い主としては大変反省した。

「もんち」はすらりとしている方なので
「さんご」はもっと凄いのだろうな。

つい、卑しい飼い主がおやつを食べる度に、
ちょいとお裾分けしていたし、
健康に良いと思い手間暇かけて牛筋を毎日食べさせていた。

牛筋は恵比寿の三越から買ってきて、冷凍しておき、圧力鍋で2時間煮て一晩冷蔵庫に入れ、脂肪を丁寧に取り除き今度は米と野菜を入れて1時間煮る。
だいたい半月分作る。
考えてみれば私の手間は大変だったのだ。

そして、どろどろに撹拌して1食分づつビニール袋に入れて冷凍保存する。
それを解凍してカリカリ(既製のえさ)と半々にしてあげる。
お陰様で我が家の犬達は健康でつやつやピカピカで
いつもほめられていたもんだ。

それがいけなかったのかしらねぇ。
当分牛筋の餌とおやつはあげないことを家族で決めた。
手術代は33,600円也であった。


食欲が無い


令和3年1月15日(金)曇り一時小雨

今日も何もない。
そうそう、苺ジャムを作りましたね。
苺が少し安くなっていましたので2パック買いました。
398円
DSC07791
2パックでこれだけ、やっぱりまだ高いわ

苺ジャムはジャムの女王様ですね。
その次がアンズジャム、次が梅ジャムですかね。
苺農家のヤレ(商品にならない)を沢山手に入れたいです。

最近食事で困っています。
何を食べたいのか我ながら判らないのです。
だから買い物に行っても何を買ったらいいのか判らない。

どっか毎日行っても飽きないような美味しい店がないかな、
今日も食欲が無いし、胃はムカムカするしで断食しようかなと思いましたが、夜粗食を食べましたら、胃のムカムカも収まりました。
空腹がいけないのかな、もう我ながら判らない。
食事の前に散歩に行く。
今日の歩数 4157歩 2,9㌔
DSC07806
DSC07801
いつも自転車で来て茂みに入って居る
おじさんがいるので気になっていましたが、
今夜は若い女性と話していましたので私も加わりました、
保護団体の方だそうです。
野良猫が12匹いるそうです、カンパしたいと思いましたが
持ち合わせがなくて残念、今度持ち合わせましょう。

DSC07792
今日の昼食、昨夜の蛤吸い物の残り汁に野菜と餅を入れて、
美味しい!
DSC07809
今夜の夕食、蛤吸いに野菜と卵を入れて、
これが胃食道にやさしいの、蛤吸いは美味しいよね、
出汁をとった昆布と残り物の糸コンとうすあげを煮付けて、
冷凍の餃子、アルコールは飲まない


韓国の犬肉食にロッテも関与していると


DSC06830
抗議団、すべて日本人だそうです
DSC06834
DSC06832
DSC06833
https://powerofcompassionforanimals.org/
https://powerofcompassionforanimals.org/lotte_inunikumondai

今日パソコン教室の帰りにロッテ本社前を通ったら、
数人の抗議団がいました。
立ち止まって彼らの主張を聞きました。
韓国の犬肉繁殖場が日本のロッテ本社の前会長の土地で地代を払って経営していたそうです。
其の業者が犬を放置して逃亡したそうです。
250頭いた犬達も病気や餓死して180頭くらいまで減っているそうです。

韓国の愛犬団体がロッテに支援を要請しているそうですがなしのつぶてだそうで、日韓の愛護団体が連携してロッテに抗議活動をしているそうです。
日本でも全国で展開していてリーダー格の女性が
私は愛知から駆け付けました。
是非この件を拡散してくださいと頼まれました。

「あなた達日本人、それとも韓国人」と言わずもがな事を聞きましたら、日本人です、でもこの運動に国籍は関係ないと思いますと言っていました。



シニアナビ過去記事(365)「真夜中の決闘」


 [365] 真夜中の決闘  2007.1.1  21:33:57   
19/1/1(月)晴れ 富士見えず
 

昨夜、去年から今年に変わる頃の事であった。
私はPCに向かい、娘はテレビを見ながら居眠りしていた。
ストーブの前暖かい場所で娘を挟んで「さんご」と「もんち」

ふっと振り向いたら「さんご」と「もんち」が睨み合い、
激闘が始まった。
娘と私は必死で抑えようとするが「もんち」が「さんご」の首に
噛み付いて放さない。

「さんご」は殺されると思った。
私は「もんち」の後ろ足をがっと持って引っ張ろうとしたが、
そうすると「さんご」に致命傷を与える事になる。

寝ていた旦那も飛び出して3人でなんとか離した。
私は何処も殺傷を受けていないが、娘は身体中傷だらけ、

これじゃ、まるで家庭内暴力ね、まさに「もんち」は娘の犬だから
娘に暴力振るわれる母親である。

最近まで平穏だったが、ここんところ一触即発状態が続いている。
私は去勢しようよと提案しているが娘が持って生まれた性格だから
去勢してもおんなじだと思うよと反対していた。

でももう我慢出来ない、1%でも可能性があるなら手術した方が
良いと強く言った。ここに来てさすがの娘もその気になった。
正月が終わったら、すぐに行動するつもりだ。

もう家庭内暴力には耐えられない。

それと不思議な事だけど「もんち」はシーズン中であるが。
「さんご」がシーズンの時は雄犬が寄って来て、
「さんご」も媚態を振りまいて防御するのに大変だったのに、
「もんち」には何事も起こらない。

犬にももてるオス、メスがあるのだと思う。
以前、オーストラリアンセパードの「マック」と言うオス犬を
「さんご」が好きで好きでたまらない、他のメス犬が近づくと
修羅になった。

マックは人間から見ても確かに立派な素敵な男っぷりだった。
その反対に「幻冬舎」の社長の見城家のセルティの「エド」は
見るからにもてない男ぶりだったが「さんご」は馬鹿にして
近づくと威嚇していたな。

「エド」は「さんご」が好きで好きでたまらなかった。


正月3が日は「パークハイアット」の「パークラウンジ」41Fで
恒例のお茶をする。

今年は何時もの3人(娘、私、親友)がそれぞれ都合が悪く無理かなと思っていたが、娘が何時も私のおごりで行く事に決まっているのよねと呟くので、じゃ2人ででも行こうとなった。

4時頃だったがそんなに込んでいなくて窓際の席がもらえた。
この高さから、暮れ行く下界を眺めながらお茶するのは本当に
幸せな気分です。
カメラを忘れて残念だった。
「アフタヌーンテイ」など頂いて6,048円だった。
ご馳走様でした。

今日はもう一つ画期的なことがあった。
旦那が義母の所に挨拶に行くと言うので、
ふと思いついて私達3人で「お年玉」を上げようと思った。
3人で4万円袋に入れた。

義母は江戸っ子だ、何時も「腐っても鯛、腐っても母」と言って
自分が上からお小遣いを上げる立場を堅持していた。
人から、金銭、物品、サービスを受けるのをとても嫌がる。
すぐにお返しを考えて憂鬱になるのだ。
だから何をあげても素直に喜ばない。

ところが今日はとても喜んで有難いと言っていたそうだ。
やはり預金残高が少なくなっている事が気を弱くさせているの
だと思う。

私は69歳で義母は97歳で世代交代を受け入れたのだ。
これから、毎月すこしでも差し上げようと思う。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ