おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

ペット

シニアナビ過去記事(536)「「命」終わろうとしています」


[536] 「命」終わろうとしています 2007.10.29  19:20:00 19/10/29(月)晴れ 富士山見える

我が家の愛猫「ちょろ」がもう死のうとしています。
平成元年3月12日にトイプードルの「マリア」が亡くなってから
1年後のゴールデンウイークに我が家に来ました。
平成2年3月3日生まれのアビシニアンの目鼻立ちのくっきりした
気性の激しい猫でした。

(後記:以下死の前後のチョロ)
チョロがキッチンに居た最後の日DSCF2515
10月28日、調理台の上にいた最後の日
DSCF2563
10月29日
DSCF2581
10月30日
チョロはハウスに連れて行ってもここで死ぬと主張して
浴室で静かに逝きました。





シニアナビ過去記事(500)「犬好きな方へ良い話」


 [500] 犬好きな方へ良い話 2007.8.7  22:50:03   
19/8/7(火)酷暑
ココアちゃんのその後、
今朝、仲介者に公園でお会いしましたので聞きましたら、
当日車で飼い主の若い女性とココアちゃんを深大寺の
新しい家庭につれて行ったんだそうですが、
ココアちゃん即座にその家の仔になることを決めたらしいです。

その夜電話したら、子供達二人(小学高学年&中学生)と
旦那様が帰宅する度に尻尾を振って出迎え、
ソファーに座ると早速膝に乗り寝るのだそうです。
電話している今も僕の膝の上ですよと嬉しそうな報告だそうです。
まるでその家で3年も暮らしていたみたいじゃないですか。
そして問題の「吠える」事は一切無いそうです。

うちの社長の介護犬「チョビ」も飼えなくなった家から引き取ったそうですがその日から社長の仔になったそうです。
やはり犬には判るんですね
「この人は私の一生を託せる人かどうか」が。


話は変わりますが、
娘がチェコのプラハに行って来ました。
街の広場でとても面白い物を見たので写真と現物を持ち帰りました、掲載しますね。
愛犬家には嬉しい情報です。

こじんまりした街で1,2日で回れる規模だそうです。
そしてとてもきれいな街だったそうです。
500_picture
広場の柱になにやら不審な物がぶら下がっている???
501_picture
袋の中にはボール紙のスコップが入っていて袋の裏には使い方が懇切丁寧に書いてあります。
でもどこに捨てるかは書いてない。
持ち帰りかな。



シニアナビ過去記事(498)「「ココア」ちゃんお幸せに」


 [498] 「ココア」ちゃんお幸せに 2007.8.4  15:54:55   
19/8/4(土)晴れ 真夏日

498_picture
ココアちゃん、いい所に貰われてよかったね

今日も体調悪い、力が抜けている感じ、
でも忙しいのだ。
午前中義母の主治医との面談。
一応来週の水曜日に退院と言うことになったが、
1人で生活出来るかはわからない。
またすぐ入院になるかもしれないが、
その時こそ長期入院出来る病院を手配するようにと言われた。

午後からパソコン教室に行ったが、
もうろうとして勉強できる体勢では無かったので30分で退出した。

午前中に例の痴呆&腰痛さんの通所しているデイケアから
電話があり、モーニングコールしたら今日は休むと言っていたが、
お迎えにも行って説得したがどうしても行かないと言っているが
どうしましょうかと言う。

行きたくないと言う者を無理にとは言えないが、
彼女の場合薬を飲む事と休んだ場合昼食が無いのだ。
食べ物は何一つ無い。
しかし私も体調が悪くて忙しいのでもう知~らないっ、
ほっておいた。

所でこれは良い話。
先日の犬の里親捜しの件だけど
今日とても良い家庭に貰われて行った。

ネットワークの広い「犬知り合い」に話しておいたら
それから何度も写真送信や情報送信していたが、
彼の広いネットワークのお陰ですぐに3軒も希望者が現れて
今日お見合いしてとても気に入り早速連れ帰ったそうである。

中学生の子供がいる家庭で前からミニチュアダックスが欲しいと
子供達が言っていたそうだが、子供達の機が熟するのを待っていたところにこの話で先方も大変喜んでいたそうだ。

大変良い犬で仲介者が「俺が連れ帰りたい」と思ったそうだ。
飼い主(後記:今までの飼い主の女の子)には
今後安易に飼わないようにばっちりお灸をすえて、
彼の属している「犬のNPO法人」に寄付するように
要請してきたそうだ。
このNPOは深大寺のドッグランに集う愛犬家達で運営していて
不幸な犬猫の里親捜しなどをしているそうだ。

母親からも感謝のメールが入ってきた。
良かった、よかった。


今宵は「えびす」


令和3年3月1日(月)晴れ富士山おぼろ


今日は午後から崔三然先生のお嬢さんと村田さんが来宅された。
私が撮りためていた崔先生の動画、画像をハードディスクに
移した。
3台のハードディスクに入って居る崔先生関係の画像を探して
フォルダに集約していたのだ。
沢山あったのでかなりの時間が掛かりました。

崔先生は生前自叙伝を書き残されていたそうですので
出版の話もあるそうです。
私の動画、画像がそれを補足するのに役立つそうです。
お役に立てて光栄です。

終わってから「えびす」に繰り出し懇親しました。
崔先生はよき夫よき父よき人間関係だったそうで
いまだに父上の事を思い出すと涙があふれるそうです。
本当によき人間だったんですね。
私は父が怖かったし、旦那にはひどい目に合わされましたので信じられない夫婦、親子関係です。

今宵もよき宵でした。
その足で散歩に行く。
今日の歩数は4827歩

DSC09246
ワシントンホテル
DSC09248
京王プラザホテル
DSC09249
ハイアットリージェンシー東京
DSC09250
ヒルトンホテル
DSC09264
フクパパと暫くぶりに遭遇しました、
いろいろお聞きすると憤慨する事ばかりです。
野良猫の保護者は辛い目に遭っています。



猫友達が出来たわ


令和3年2月15日(月)雨後晴れ


昨夜の地震には驚きました。
地震が来る度にこれかなと身構えるんですが大抵何事も無く収まるので私の生きている間は来ないかもと安堵したりして!

昨夜のは珍しく強震で長かったですね。
テレビが今にも倒れそうだったので抑えていました。
東北地方太平洋沖地震の時はテーブルの下に潜り込んでいましたのでかなりの物が落下して被害甚大でした。

それにしてもいつもいつも東北の太平洋側が震源地で
安心して住めませんね。
被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私は九州育ちで、23歳まで九州でしたが、
私の記憶が正しければ只の一度も地震は体験したことがないと
思います。
九州は地震がない所だと確信しておりましたが、近年はよく被害がありますね。九州も地盤が緩んできているのでしょうかね。

阪神淡路大震災の時は、ど~~んと突き上げる衝撃を受けて目が覚めました。
隣の旦那がすやすや寝ていたので又来るだろうからと起こしませんでした。

起きて柱時計をみたら止まっていましたので、やっぱりあれは夢ではなかったのだと、当時は電波時計はありませんのでテレビを付けました。
そうしたら大騒ぎしていました。

その時計をカメラに収めておれば証拠になったんですが、関東地方でも誰でも地震は感じていたと思っていました。
だからその話題は誰にもしませんでしたが、後年誰彼に聞きましたら、誰も地震は感知しなかったそうです。

その当時私はとても地震に敏感になっておりまして、椅子に腰かけているとしょっちゅうあっ地震だと体感があったのです。
そうするとテレビで今余震がありましたと報じました。
娘が証人です。

DSC08660
昨夜の地震で止まった時計

今日は珍しく雨だから家籠り、
強雨の中買い物に行く。
DSC08661
今日の昼食、冷凍してあった五穀パンとお茶と野菜ジュース
DSC08674
今夜の夕食、ウマヅラハギの刺身(味がないですね)
牡蠣シチュー、菜の花のお浸し、ビール
DSC08662
急に西の空が晴れる
DSC08692


夕食後散歩に行く
公園でフクの保護者のおじさんとお話しました。
いろいろ話しましたら、おじさんも私と同じ思想の持ち主でした。
朝日、毎日、東京新聞は碌なもんじゃないと意見一致しました。

私は職場でも護国仲間以外にも私の思想を話したりしません。
左翼思想の方だったら会話も面倒になるので一切話しません。
お互い論破するのは疲れますからね。

それで電話番号の交換をしまして、
春になったらゴザパーテイしようと意見一致しました。
楽しみ!!
DSC08686
フクちゃん、今日の雨でずぶぬれになっていたそうです、
それで小屋をこの茂みに作ったそうです。
今日の歩数 6480歩



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ