おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

中国人・韓国人の本質

産経新聞記事 楊海英氏論考


IMG_20201021_0002
 
若者よ、目覚めよ! 
侵略国家の本質を知って対処しなかったら後世に悔いを残しますよ。
私はその時いませんからね、もう知らん!




産経新聞記事 福沢諭吉先生が生きていたらなんと言うか!

IMG_20200903_0001




これは縮図か


にほんブログ村


令和2年8月27日(木)晴れ

今日はデイ③に支那料理を食べに行く日だったが、中止した。

朝社長から電話があってもう一人のデイ②の調理人が都合悪くなったので又にしようと言う。
私も忙しい身なのでそれはいいんだけど丁度良い私の意見を言ってみました。

「料理はとても美味しいけどすべてが支那料理と言うのは食べるじいさんばあさんは昭和の日本人だから、口に合わないと思う、
せめて汁物は味噌汁、お吸い物、御漬物は糠漬け、お浸し、酢の物にするだけでいいから純日本風にした方がいいと思うよ」
『でもね、彼女はいろんな意見を言われてノイローゼになって医者に通っているのよ、中国人に日本料理を作れっていうのが無理なのよ』と言ってがんとして聞かない。
それと、その支那人は社長を味方につけてあの人がこう言った、この人がこう言った、だからノイローゼになったと訴えるらしい。

もう彼女には何も言えないですね、社長は彼女に辞められると困るのですっかり彼女寄りです。
意見を言った人が悪者にされます。
私は社長に直に言いましたからいいけど、これが直に支那人調理人に言ったら私も悪者にされますね。

しかしここは日本の老人施設ですから、日本風に従うのが筋だと思うのですが、まるで現代の支那と日本の関係ですね。
大勢で押しかけて来て支那風味を押し付けられて日本人は何も言えない。
情けないです。

社長も言っていましたがモヤシのお浸しはとろりととろみがついていたし、冷ややっこを作るように言って薬味はネギと生姜と醤油だけでいいと言ったら、これでは栄養が無いから支那風味の何とかを掛けると言い張ったそうです。

なんでもこれは何にいい、これは何にいいと薬膳効果を言うそうですが、薬膳と言う言葉はあれは日本人が始めに提唱した言葉なんですよ。
知ってた!!

明日から二泊三日で旅行に行きます。
伊勢方面です。
明日早いから今夜は早寝します。

デイの支那料理


にほんブログ村

令和2年8月6日 (木) 晴れ 猛暑


今日は6時に起きてパンを焼き始めた。
実は最近睡眠障害に陥っていて何か考え事しながら寝るともうだめだ。悩みは何もないです。
仕方ない3時頃起きて溜っている新聞を読んだ。
7時に目覚ましかけていたけどパン作りに取り掛かりました。

昨日も作ったのに今日も作るのは社長が食べたいと言うのでいろいろお世話になっているので持って行こうと思ったのです。

1,5斤を2本作るので全部上げようと思ったけど社長気前がいいのでどこか途中で誰かにあげるかもしれないと思い、しらない人に食べられるんだったらいつもお世話下さる隣家にあげましたよ。

支那人の料理人は体格の良い60代の女性で写真を撮ってみたら美人でした。

ところがこの支那料理は利用者にはあまり好かれていないのです。
その件で意地悪な責任者と揉めているのです。
利用者が油っこいと言います。
本人は日本料理の本を買ってみたけど日本料理も油を使っているじゃないかと、油は極力少なくしていると言います。

社長はこの支那女性を気に入って居まして擁護しています。
じゃ日本人に支那料理を作れって言って作れるかと言います。
そしてその料理人の来る日に意地悪責任者から守るために来ているのです。

私も顔見知りのおばあさんにどうですか美味しいでしょと聞きましたら、美味しいけど口に合わないと言います。

利用者はすべて昭和の年代ですからね、いくら美味しくてもぜ~んぶ支那料理だったら飽きますよ。
一品一品は美味しいんだけど、ぜ~~ぶと言うのはゲッですよ。

せめて汁ものは味噌汁とかお澄ましとかお新香は糠漬けとか酢の物とかお浸しとかがあるといいんですけどね、
新参者が余計な口はきけませんから、
美味しいわと褒めまくりましたよ。
アドバイス求められれば言いますけどね、
余計なことは言わないことにします。

さすが20年も介護の仕事をしていましたからね、
取り入るのは旨いんですよ。
すっかり気に入られて今度は春巻きを作るからいつ来るかと言うので27日が空いているので来ると約束しましたよ。

デイ②で料理を長年担当している私より一つ下の女性もマンネリに陥っているから見習いに来たと言っていました。

DSC03009
鶏肉のカツをあげていましたが、油をこんなに少なくしてあげていると言っていましたが、そんな問題じゃないのよね

DSC03011
スープです、ここで味噌汁かお澄ましがいいな
DSC03012
DSC03014
DSC03020
ここのやり方はバイキング方式で自分で好きなだけ取ります。今はコロナ対応で職員が本人の意向を聞きながら皿に入れてあげます
DSC03026
1人1人にメニューを渡して通い帳に書かせます
DSC03024
私が食べたお膳、お新香も支那風味です
デイ③
すっかり気に入られましたよ。私を抱き絞めている、
奥の赤シャツが社長、右がデイ②の料理人
私を60代にしか見えないと言ってくれましたので、
頑張れば日本では80代でも働けるよと言っておきました。

デイ③室内
珍しくじいさんが3人いて2人は飽きもせず楽しそうに
将棋を指していました
大抵つまらなそうに座っている男性が多いです、来たくないけど家族に無理やり行かされてるんでしょうね、老爺は三界に家無しか!
DSC03002
今日作ったパン、なぜか白黒バージョンに写った
DSC02967
昨夜寝る前に
DSC02995
夜中の3時頃 珍しく兎さんが撮れました

「通州事件」日本人よ1000年語り伝えよ!


にほんブログ村

令和2年7月29日(水)曇り一時小雨

祭文
祭文 クリックすると大きくなります
IMG_20200729_0010

DSC02877
靖国神社にて
喪服
数年前に平服で出席したら恥ずかしい思いをしましたので
今回は礼服で出席致しました。

今日は午前パソコン教室
午後2時から靖国神社にて催行された通州事件慰霊祭に出席しました。

支那人による獣の如き日本人虐殺事件です。
到底人の行いとは思えない、日本人のメンタルにはない行いです。
彼らは根底にこんな獣の心を持っていると思います。

自分たちも普通にやるから日本人もやるだろうと南京大虐殺なんてありもしないいいがかりをつけるのでしょう。
こんな民族と到底仲良くは出来ませんね。
能天気な日本人は支那人の本質をよく見極めましょう。
東京日日新聞(後の毎日新聞)通州事件の記事[1]

東京朝日新聞_通州事件の記事[1]

アメリカ人記者​証言
当時中国を取材していたアメリカ人ジャーナリストフレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ(Frederick Vincent Williams)は
1938年11月にBehind the News in Chinaを刊行し以下のように報道している

日本人は友人であるかのように警護者のフリをしていた支那兵による通州の日本人男女、子供等の虐殺は、古代から現代までを見渡して最悪の集団屠殺として歴史に記録されるだろう。
それは1937年7月29日の明け方から始まった。
そして一日中続いた。

日本人の男性、女性、子供たちは野獣のような支那兵によって追い詰められていった。
家から連れ出され、女子供はこの兵隊の暴漢どもに暴行を受けた。
それから男たちと共にゆっくりと拷問にかけられた。
ひどいことには手足を切断され、彼等の同国人が彼等を発見したときには、ほとんどの場合、男女の区別もつかなかった。

多くの場合、死んだ犠牲者は池の中に投げ込まれていた。
水は彼等の血で赤く染まっていた。
何時間も女子供の悲鳴が家々から聞こえた。
支那兵が強姦し、拷問をかけていたのだ。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ