おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

同志、護国仲間

今日の一日②


令和3年11月30日(火)晴れ

10時にパソコン教室に行く

今日も同志が来てくれた。
話が弾み3時から10時までまあよくも話のタネが尽きないもんです。
憂国の徒なので終いには日本の将来を思うと悲しくなる。
日本はどうなる、若者に希望はあるのだろうか。
今日は3人なのでたこ焼きにした。

今日の歩数は7677歩





支那事変勉強会


令和3年11月28日(日)晴れ富士山終日見える

DSC04407
昨日寒かったので厚手のダウンを着て行きましたら、
運動には不向きでした
DSC04412
夜はいまだ開けず
DSC04415
トラックが入り、なにかを搬入しています
DSC04418
ウオークイベントの受付の様です
DSC04429
DSC04446
DSC04451
DSC04452



今日は我が家に陸軍史研究家の伊牟田さんにお越し頂き
表記のミニ勉強会を開催しました。

切っ掛けは父の遺産の「戦跡の栞」を読んで数々の疑問が生じ、
伊牟田さんの師匠の奈良さんにお聞き出来ればよかったんですが、
ご高齢につき叶わず弟子の伊牟田さんに質問したことから
始まりました。
DSC04456

伊牟田さんはここ数年226事件の研究講演を続けておいでなので
「支那事変も判る?」とお聞きしましたら、
226事件と支那事変は密接な関係にあるので僕は研究してますよ、
教示しますよと言うことで興味のある同志を呼んで
我が家でミニ講演会を開催することになりました。
支那事変は多岐に渡り、ちっとやそっとで理解できるような単純な 戦歴ではありません。

10時から2時間みっちり勉強しました。
これからも飽きずに開催してもらうことにお願いしました。

DSC04432
最近のテレビは優れものですね、
パワーポイント画像をプロジェクターで映写するよりも
鮮明に映し出されます。
DSC04434

DSC04435

午後からお好み焼きで懇親しました。
話はいつもの上ネタ下ネタで盛り上がり
心身の健康増進が出来ました。
皆さんとても喜んで下さいまして、私も大満足しました。

動画撮影しましたが、アップするかはまだ決めていません。
DSC04453
お好み焼きの材料が沢山余りましたので夜も焼いて食べました。
残りは娘が持ち帰りました。

いい日一日!!

今日の歩数は5060歩







「中朝事実」勉強会&選挙応援


令和3年11月6日(土)晴れ

DSC03568
朝は沢山の犬と遭遇する
今日は土日なのでお隣さんは欠席


DSC03576
明治神宮
DSC03577
明治神宮境内
DSC03582
七五三祝いの親子連れが多い 佳き日


今日は忙しい一日だった。
まず佐藤健二先生の「中朝事実」の勉強会受講の為に
明治神宮会館に行き、難しい講義を聴講し、

終わってすぐ4時に会場を出て葛飾区議選挙に立候補されている
鈴木信行さんの街宣の応援に京成高砂駅に駆け付け、
その後北総鉄道新柴又駅で最後の演説を応援する。
応援同志が大勢詰めかけてエールをおくった。

その駅は出来たばかりの鉄道でかなり寂しい駅だったので
両国迄行ってから同志と中華料理屋に入り夕食を食す。
両国駅周りは幾筋もの商店街があって賑やかであった。




DSC03589
京成高砂駅
DSC03590
北総鉄道 新柴又駅
カメラのバッテリーが切れたので動画もちょん切れ、
写真も1枚づつしか撮れず
DSC03574
DSC03592
今夜の食事 野菜タンメンと餃子
安くて旨かった、850円程
今日の歩数は12967歩



秋篠宮眞子内親王殿下御結婚


 各位

眞子殿下の御結婚に関して、
テレビでは煩く無礼な意見が蔓延っています。
私の思いを添付しますので、よろしくご賢察の程お願いします。
                                                                               川久保勲

秋篠宮眞子内親王殿下御結婚

昨日(令和3年10月26日)
小室圭・眞子両氏の御成婚の会見が行われた。
それに先立つ、赤坂御所の玄関前での秋篠宮両殿下及び佳子殿下と眞子殿下のお別れの場面をテレビで見た。

秋篠宮殿下の慈しみを込めた眼差し、
紀子殿下の悲しげで心配そうな眼差し、
佳子殿下の姉を励ますような抱擁、
その後、眞子殿下が車に乗られて少し窓を開けられると、
秋篠宮殿下は覗き込むようにしてずっと手を振っておられた。
娘の結婚をどんなにかきちんとお祝いされたかったことか、
それを考えると涙を禁じえなかった。

秋篠宮殿下は昨年11月の御会見で
「結婚は認める、但し納采の儀は行わない」おっしゃられた。
これには、二つの重要な意味が込められていると拝察した。

一つは、万が一「女性宮家創設」が決まった後に結婚されると、
小室氏が皇族になり、ひいては女系天皇への道を開いてしまう。
それを避けるために、今のうちに結婚させる。

もう一つは、納采の儀をしないことによって、
小室家とは親戚づきあいをしない。
これによって、皇族と小室家との縁を断ち切ることができる。
何れも、皇室を守るための方策である。
(注、皇室を守るということは日本を守ることと同義語である)

昨日の小室ご夫妻の会見で分かったことは、いかに眞子殿下が誹謗中傷に心を傷つけられておられたことかということだ。
即ち、俗悪なる週刊誌やテレビ等の影響を受けたであろう国民の
多くがこの御結婚に数々の非難を加えていたということだ。

秋篠宮殿下はこの心ない国民の声に配慮されて、賢所の儀や朝見の儀も行わず、更に、税金を使うことになる一時金の支給も取りやめるように計らい、その上、可愛いお嬢様の結婚式さへ諦めて、
眞子殿下と決別される姿を国民に示されたのではなかろうか、
娘を祝いたいという私情は一切抑えて、万感の思いを持って愛娘(まなむすめ)との永遠(とわ)の別れをなされたのではないか。
これも皇室、ひいては日本を守るためであろう。

このような素晴らしい皇室を懐いていることに、
我々国民は満腔の感謝をすべきではないか。
眞子殿下は皇族としてのお勤めを立派に果たしてこられた。
この上は、我々国民はそっと小室眞子さんの
お幸せをお祈りしたいものである。
最後に、拙作を一首。
三年(みつとせ)も離れて愛をはぐくみし尊きひとの幸を祈らむ

川久保②
川久保勲氏


処女尊重風潮はいつ頃から廃れたか


令和3年10月18日(月)

結婚③

昨日同志と盛り上がった話題は
処女尊重の話から少子化問題まで繋がった。

私が高校卒業した頃から親は
私の貞操について特段の気を使い始めたような気がする。
当時女は結婚するまで純潔を保ち処女の身で結婚することが
女の条件だった。

処女を失った女は傷物と称されて商品価値が落ちるのであった。
現在では考えられない価値観である。
たった50数年前まであった価値観であった。
それが無くなったのはいつ頃からだろうか。

男性は自分が結婚した女性が果たして傷物ではないだろうかと
疑心暗鬼したものだ。
傷物の女性は処女の振りをする演技を演じたものだ。
処女膜再生術が密かに話題になっていた。

傷物女性は一生負い目を背負って暮らすことになった。
事実私の母は十代の頃家業で雇われていた若い従業員の子供を
宿し、その為に一家は引っ越しをして密かに産んで自分の弟として届を出されました。

その後、母は東京の親戚に預けられ4年間洋裁の勉強をして帰郷し
洋裁師として他所の土地(私の故郷炭鉱町)で洋裁店に住み込みで働きました。
それでも母の負い目は附いて回りました。

父は恋人が居ましたが、母親が早目に亡くなり、家事をする女手が必要と言うことで父親の命令で母と結婚させられました。
父親(祖父)の言い分は傷物だから辛くても我慢するだろうから
結婚しろと言うものでした、つまり女中代りです。
その家には気難しい義弟二人と義妹が居てただでさえ面倒な家庭だったのです。

因みに義母も少女時代に出産して弟として育てられました、
因みに義母は結婚して乳幼児だった子供二人を残して離婚して
います。
義母は一切話しませんでしたので詳細は判りません。

父は傷物を貰ったと言う悔しさを抱え、母は父に負い目を負い
その関係は一生つきまとっていたようです。
母の弟が言っていましたが「姉さんは明るい性格だったが義兄と結婚してから笑顔が消えた」と言っていました。
それほどまでに処女喪失は重大事件だったのです。

昨夜の話題で同志がこんな事を言いました。
少子化は小婚化の結果だし、
現在処女を尊重する風潮が廃れた結果、
責任の伴う結婚をしなくてもいつでもセックス出来る環境だから、
結婚しなくなったからだと、

小婚化は他にも理由はありますね。
一番の理由は経済問題でしょう。

ただ捌け口だけを求めるオスにはいい世の中になったわけです。
と言うことは男性の大半は自由にセックスしたいが為に結婚して
いたのでしょうかね、
女性には判りません。

なるほどね、
オスは常にメスを追いかける宿命に位置付けられているけど、
いつでもどこでも責任感なくセックス出来れば、
家庭を持って責任を持たされる結婚なんかする
馬鹿はいなくなるんですね。

少子化解決容易ではないな。
この意見に補足お願いします。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ