おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

心臓・健康・怪我

不健康な日々


 
令和4年1月19日(水)晴れ

DSC06070
早朝起きてすぐの西の空の月
DSC06078
体操会場の月
DSC06082
公園の紅梅
紅梅
よく見えないけど 拡大してみた
DSC06091
帰宅後の月
DSC06097
ズームしてみる

DSC06084
吸い殻を拾う紳士 特殊な工夫された袋を持参
DSC06085


今日も一日家籠り、

それじゃ何なのでオペラシティの本屋さんに行った。
パン作りの本のいいのが無いかと思った。
しかし少し立ち読みしていたらとても辛くなったので喫茶店で
コーヒー飲んで休もうと思ったが行列に並んでいるときも
辛いので諦めた。
シティビルには休める椅子一つ無いのよね、つまり駅に行く通路なのね。
仕方ない帰ろうと思ったが買い物を思い出したので
スーパーまで頑張った。
歳の所為か、心臓弁膜症の所為かなんとも言えない気分の
悪さがある

夕方娘が今夜の夕食は何かと電話があったので
おでんだよと言ったら、なんだおでんかと言いながら来た、
文句言いながら食べて帰った。
今日の歩数は5414歩

9時にパソコンの先生に動画編集の件で電話しなければならない。
ムービーメーカーが不具合だ





今日も暇老人生活


令和4年1月13日(木)晴れ富士山見える


DSC05940
DSC05941
DSC05945

DSC05950
DSC05951
夕方


今日は去年心臓で入院した時の同室者と久しぶりにランチする約束だったが先方が咳が止まらなくなったのでこんなご時世だから
又にしようとなった。

だから暇だった。
パソコンの中が乱雑なので整理したいんだけど、
目の状態がよくないので無理だ。
読みたい本が山ほどあるけどそんなわけで読めない。
時々動悸もするしね。
元々心臓弁膜症の持病はあるし気持ちとは
裏腹に健康ではないのよ。
夕方買い物には行った。

DSC05947
今日のお昼、クリームシチュー丼
DSC05953
今夜の夕食 ハムエッグ、シチュー、他残り物、ビール
今日の歩数は4923歩



私は本当は身障者なのか


 令和4年1月6日(水)晴れ富士山見える


DSC05775
DSC05779
朝日に輝く西の空

DSC05790
DSC05791
DSC05796
DSC05801
西南の空に三日月さん

今日も忙しく動き回ったせいか夕方心臓の辺りが不穏になった。
今までにない症状だ。
やっぱり私は身体障碍者なんだろうか、
おとなしくしていなければならないのだろうか。
そんな余生は嫌だな。

今日はパソコン教室で同級だった友人とアジアンパームで
お昼を食べた。
お願いしていた件で会うことになって久しぶりに食事しようよと
言うことで楽しいランチタイムだった、
やっぱり私は人と交友するのが好きだわ!

DSC05783
二人とも食い過ぎで苦しい、だからバイキングは嫌なんだわ
私の好きなインド人セェフがナンを食べやすく切ってくれた
DSC05786
通り道にある夏ミカン、頂いてジャム作ったけど、もういいや

DSC05781
小蜜柑、皮がぴったり薄い
DSC05782
綺麗な皮だけ選別した
DSC05789
DSC05788
柚子の種、ペクチンたっぷり
DSC05794
DSC05804
甘い蜜柑だったので砂糖30%でも甘いジャム

それから例の小蜜柑でジャムを作った。
もう冷凍庫も満杯だけど折角頂いた物を無駄にはしたくない。
出来上がったら早速コンビニから宅急便で送った。

娘がそんなに送っても迷惑してるんじゃないのと言うので
電話で聞いたらパンに乗せたりヨーグルトに入れて食べていると
仰るので安心して送った。
ところで箱大臣なのにジャムを入れる適当な箱が無いのよね。
調達しとこう。
今夜は食べないで寝る。
今日の歩数は5865歩





パン屋の匂いをかぐと入らないではいられなかった


 令和4年1月4日(火)晴れ 富士山見える

DSC05769
DSC05766

DSC05759
DSC05764

今日は忙しかった。
まずパソコン教室に行き、

IMG_20220104_0001
今日勉強したチラシ


その足で六本木の心臓の専門病院に行く。
今日はペースメーカーが正常に作動しているかメーカーから
技術者が来て検査する診療だった。
ぺースメーカー手帳を持参しなければならなかったが、
どこかに仕舞いこんで見つからないことを述べたら
メーカーの方が再発行して送ってくださると言う。

DSC05770
六本木ヒルズに併設(?)しているホテルの門松が立派

終わってから新宿で下車して昼食を食べヨドバシで買い物する
予定だったが疲れていたのでまっすぐ帰宅した。

六本木で買って来たパンを食べてしばらくしたら
とても疲れていることに気がついたので
3時頃昼寝することにした。

さて、6時30分頃ぱっと眼が覚めました。
辺りは真っ暗、目覚ましも掛けていない。
あちゃ~やってしもうたわ!!
皆勤ならず!

暫くして寝巻も着ておらず何か変と気がついて昼寝だったと
安堵しました。

DSC05773
六本木でポンパドールの前を通ったらつい入り込んだ
どれどれよそ様の食パンは如何にと

DSC05774
帰宅後パン二個食べた

パン屋と言えば以前にも書いたと思うけどまた書くわ、
私がパンというものに目覚めたのは戦後すぐです。

我が町のメインストリートである大通の両側に川(排水溝)があり、 其の片側の崖の傍の溝上にバラックの建物がずらりと建てられ、 
マーケットと言われる小さな商店が並びました。

その中にパン屋は開業した。
パンを焼く生まれて初めてかぐ匂いに魅了された私は
学校帰りに毎日遠回をしてかぎに行きました。
パンの種類はコッペパンだけでした。

お小遣いを持たせてもらえなかったので匂いをかぐだけでした。
長じて街を歩いていてその匂いがしてくるとすぐに入り込み
買わずにはいられなくなりました。
自分で焼くようになってからはあまり買わなくなりましたね。
支那で饅頭屋はありましたけどパン屋と言うものは
無かったと思う。

その他にアイスキャンデー屋も開業しました。
ただ甘いだけの棒状のアイスキャンデーでしたが、
出来た当座は毎日行列して買いました。
甘味は人口甘味料のサッカリンでした。
そのうちにサッカリンは毒だから食べるなと
大人が子供に言い聞かせていましたね。
店先のでかい冷凍庫のような箱の中で製造していましたね。
私はいつもその作業を見るのが好きでした。

早食いは家伝


令和3年12月27日(月)晴れ 富士山見える

DSC05484

今朝は例のスポーツウエアの下に軽いダウンを重ね着した。
快適だった、しかし手袋がね、手先が冷えて防寒にはならない、
なんとか対策考えなきゃ。


DSC05475
DSC05474
吸い殻を拾う紳士
DSC05491
朝日が輝く西の空
DSC05486
DSC05492

DSC05494
オペラシテイビルの門松
DSC05497
ロッテ本社の門松は竹の先端が直角です


午後から頻尿の治療しているクリニックに行く。
頻尿も段々よくなっているような気がしますけど、
はっきりはしません。
医者ががっかりしますので多少でもよくなっていると言います。

その他に神経性の咳止めの漢方も処方されていますが、
今とても困っているのはオナラの多発です。
最近は所かまわず出るので娘は怒るし、先日はエレベーターの中で男性と二人きりの時止めようもなく出ました。
いくら年寄と言えども恥ずかしいです。

その薬まで出すと薬が多くなるので
今治療中の症状がよくなったら出しますと仰います。

それからよく言われるのは空気を呑み込みすぎるせいだとも
言われますが、生きている以上空気は吸うものだから
どんな息の吸い方をすべきか指導して貰いたいものです。
医者は食べる時に気をつけなさいと仰いますが難しいです。
一つ自分でも自覚していることは早食いです。

私の育った環境は男兄弟(4人兄弟で女一人、母も6人兄弟で女一人)ばかりなので競争で食べていましたし、父もトロトロ食べると怒りました。

父は軍隊仕込みで早食いが自慢でした。
軍隊でトロトロ食べていると食べ損なうのです。
父はいつも自慢していました。
いち早く釜の前に座り人が1杯食べているときに
3杯は食べたそうです。
父は体格がよかったので沢山食べないともたなかったのでしょう。
あんまり品のいい家庭環境ではなかったですね。
IMG_20201204_0002
両親と弟と 支那(秦皇島)時代 昭和16,7年頃
IMG_20170321_0005


だから旦那と結婚したら、トロトロ時間を掛けて食べるので
席を立つわけにもいかず間が持たず相手するのに困りました。

我が家の子供は長男が早食いで長女は遅食いです。
娘がたらたら食べているとイライラして
そんなに冷めた料理食べて美味しいのと聞きましたら。
美味しいわけないでしょと鼻の頭に汗かいて怒ってましたね。

食べ方気をつけよう。
DSC05501
落日
DSC05493
今日の昼食、残り物
DSC05505
今夜の夕食、最後のカレーに一つ目乗せて、
ヨレヨレのキャベツを茹でて、ビール切らした
ウイスキーロックで
今日の歩数は6450歩




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ