おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

日本書紀、古事記、勉強会

かの国は今も昔も


 令和3年1月10日(日)晴れ富士山見える

DSC07749
DSC07754

CIMG0481
航空自衛隊柄のマスクをして

今日は日本書紀の勉強会に参加しました。
正に内容の濃い勉強会です。

前回に引き続いて敏達天皇の巻ですが、
日本から遣わした使者を百済が返してくれないので
途方に暮れていた時
捕らわれの使者の助言が
まさに今もなお通じる朝鮮との交渉術です。

下手に出てはいけない強気の交渉をするべきと、
「勅(みことのり)を宣(のりごと)する時に厳(いつく)しく猛(たけ)き色(おもへり)を現(み)せて、催(もよほ)しつつ急(すみやか)に召(め)せ」といふ。

そして捕らわれた者を取り返しました。
昔も今も朝鮮相手には決して下手に出てはいけないのです。
その点支那は賢いです。
見習いたいです。
しかし日本の政治家(or商人、売国奴)がすぐに下手に出るのよね。
情けない!
CIMG0488
今夜の夕食、昨日の残り、
昼食抜きなのに不味かった、
ふりかけが賞味期限切れそうなので振りかけてみましたが、
掛け過ぎでしょっぱかった~
佃煮とか振りかけとかいただき物が沢山ありますが、
あんまり食べないのよね~
CIMG0484
今日の歩数 



日本書紀勉強会


 令和2年12月13日(日)晴れ

DSC07110
恵比寿の会場に行く途中で

今日は午後から日本書紀の勉強会に参集しました。
今日勉強したのは欽明天皇と敏達天皇の巻です。
日本書紀はとても面白い歴史書ですね。
こんな面白い史実を書き残してくれた先達は偉い。
何年何月何日と詳しく書かれていて我々の先祖は律儀です。
朝鮮とのかかわりも面白いです。

「久須尼自利(クスニジリ)」これは新羅の言葉にして、未だ詳らかならず
倭軍の将に逃げられた新羅軍の将が吐いた言葉ですが、
私は「くそっ!」と言う意味ではないかと思います。


終わってから、昔からの友人との忘年会に出席しました。
友との交わりはいいですね。
私は昔から人なつっこくて人とお話することが好きですから
老後もちっとも寂しくはないです。
でも変人ですからとっつきにくいかもしれません。
だから気の合う人としか付き合いませんね。
それでいいのだ!

DSC07112
DSC07113
DSC07115
DSC07116
「えびす」で、もっと頼んだんですがボケボケの写真で割愛します
でも話が盛り上がりいいひと時を過ごしました。
今年の忘年会はこれでお終いかな!

渋谷までバスで行って恵比寿の会場まで歩きました。
帰りはとり急いでいたので山手線で
今日の歩数は5406歩 3,9㌔


古事記勉強会


令和2年12月10日(木)曇り


DSC07070

今日は上記の勉強会に出席した。
参集者の少ない勉強会だけど今日は一段と少なくて7人だった。
講師は一生懸命務めていらっしゃるのでもう少し増えると
いいんだけどね。

古事記もなかなか面白いです。
日本書紀に比べて短いので出来たら全部通して読めたらいいな。
もうこの歳になると読めないんですよ、
若い人今のうちに読書しときましょうね。

終わってから同志とお決まりのサイゼリヤで一献傾けました。
安いんだけどメニューによっては不味いのもあります。
ファミレスでスパは食べない方がよろしいですね。
DSC07071
アサリボンゴレ、えんどう豆温卵、白ワイン
スパは半分残しました
今日の歩数3876歩 2,4㌔
乗り換えで駅構内でかなり歩きます、
今日は散歩していない。


国立公文書館


令和2年11月20日(金)どんより

DSC06260
今回村田さんの呼びかけで参集した5人です。
写す人もいます。

呼びかけは日本書紀の古い書写が展示されていると言うことでしたが、テーマは食でした、だから古文の中の食についての記述があるのを展示していました。

やはりこんな場所は一人で来なくてはゆっくり得心の行くまで立ち止まることは叶いませんね。


DSC06176
竹橋の上でレクチャー受ける
map01[1]
top_ex2020_10[1]


DSC06180
左が皇居の傍の紅葉、東京でこんなに赤いのは珍しい

展示を少々上げてみる
DSC06184
DSC06185
DSC06186
DSC06187

DSC06255
私は芋粥に非常な好奇心を持ちました、出来る事なら
再現してみたいと思った、再現したグループがありましたが、
私一人では到底無理だと判りました。
幻の甘味料あまづら(甘葛)の再現実験

その後、旧近衛師団司令部庁舎傍まで行って村田さんから
「日本のいちばん長い日」についてのお話を聞きました。
DSC06267
この建物は私が上京した昭和30年代後半に傍まで行った事がありますが、廃屋でした、窓は破れ全体がボロボロでした。
今は素晴らしく修復されています。


DSC06264
DSC06262
DSC06268


DSC06271
お約束村田さんとの会食は蕎麦屋
冷やしうどんを食す

『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』は、半藤一利による日本のノンフィクション書籍。
1965年(昭和40年)の初版刊行時は文藝春秋新社から大宅壮一編のクレジットで発売され、1995年(平成7年)6月に文藝春秋から半藤名義で『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版』として再版された。 

昭和天皇や鈴木貫太郎内閣の閣僚たちが御前会議において日本の降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、
そして国民に対してラジオ(日本放送協会)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。 

これまで劇場用映画が2つ製作公開された。岡本喜八監督による1967年版(製作・配給東宝)と原田眞人監督による2015年版(製作・配給松竹)がある。 
現在の東京国立近代美術館工芸館。北の丸公園南端に立つ、煉瓦造で2階建八角塔屋付きの洋風建築。
もとは、近衛師団司令部として、北の丸の中央にあった建物。
国立近代美術館の分室として、日本の伝統工芸から現代工芸にいたる各種の工芸品を展示する。


日本書紀の勉強


令和2年11月1日(日)晴れ


DSC05221
もう冬支度ですね

今日も前回と同じ会場だったが平穏無事には着けなかった。
会場は恵比寿西なんだけど、今日も散歩を兼ねて渋谷から会場まで歩こうと思った。
慣れた道は渋谷南口に出て明治通りを南下して途中で西に折れて山手線の線路下をくぐるんだけど、
あの辺の地理は明るいはずなので西口から山手線の西側の道を南下しました。

途中広い道に出ましたので、会場の面する道だなと思ひその道を南に向かっているつもりで歩いてゐましたら、様子がへんです。
それで若者に聞きました。

なんと恵比寿からかなり離れた代官山にいたのです。
その若者は非常に親切でスマホで検索してかなり難しい道程なので一緒に行ってあげますと言うの。
尤も一人では絶対無理だと思われましたので親切に甘えました。

悪い、わるいと言う私に「どうせ僕はこの辺に住んでいるから気にしないで下さい、代官山の住民はみんな親切だから道を聞かれれば皆さん同じことをすると思いますよ」と言うのです。

そして会話も弾みました。その会場に何しに行くんですかと聞かれましたので、日本書紀の勉強会です、と言いましたらそれにも乗ってくれました。
大学で少し勉強したそうです。

彼よく見たらなかなかの美形でいい男でした。
私に年ごろの娘が居たら「あなた、彼女いますか」と聞きたいほどでしたよ。
おかげさまで遅刻しないで到着しました。
やっぱりスマホは必要ですかね。

日本書紀も盛り上がり、今日は任那滅亡の巻でした。
本当に朝鮮人は千年前も全く同じ精神構造していますね。
千年変わらない民族です。
まだまだ感想は沢山ありますが、遅くなったので今日はこれで失礼します。
DSC05218

帰りも渋谷まで歩きましたが、途中の「俺のハンバーグ」という店に寄りました。
私ハンバーグ好きですからね、俺のと言うからにはかなり旨いのだろうと思っていました。

しかし不味かった、これだったらココスのハンバーグの方が旨いし、更に言うなら私のハンバーグが旨いです。

DSC05217
1710円也

ハンバーグも並みだけど、周りにまとわりついているタレが甘くて不味いし、大根おろしがキメが粗くて醤油ではなくてこの甘いタレをつけて食べろと言うのです。
かなり残しましたよ。
DSC05223
同じく明治通りに食パン専門店が出来ておりました。
864円

IMG_20201101_0001

ミルクパンだそうです。うちのより小型です。
これは生クリーム、練乳、蜂蜜を加えたリッチパンだそうです。
食べてみました、甘い!おやつですね。
もう一度はないですね。
今日の歩数6653歩 4,6㌔




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ