おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

神社仏閣

牛(息子夫婦)に引かれて墓参り


令和3年1月2日(土)晴れ 富士山見える

CIMG0333
正月期間掲げます


今日は午前、息子夫婦、娘夫婦と墓参り(納骨堂)に
行って参りました。
お嫁さんが良家に育った方なのでそのような先祖供養には
気がつくんです。
私や娘(母親の所為)はその点いい加減です。
罰当たり!

娘がいる時に息子から正月の墓参りはいつ行くんだと
電話がありました。
私達そんなこと一寸も思ったことありませんでしたね。

いつも忙しい婿さんも参加できた佳き日でした。
子供達は午後からそれぞれ忙しいので、
デニーズで飲み物だけでひと時会話しました。

3時頃歩いて代々木八幡宮に新年のお参りに行きました。
往きは30分掛かりましたが階段下の道路まで行列しておりましたので正殿参拝まで25分掛かりました。
今日の歩数は6050歩 4,1㌔

CIMG0302
DSC07623
登山道がくっきりと映っています、
雪が深くなると見えなくなるでしょう
DSC07626

CIMG0306
防寒対策ばっちりと
CIMG0308
行列がぐるりと
CIMG0321
懇ろに反日売国奴を成敗してください、と
日本の将来が誇りある国になるようにお願いしました

CIMG0315
御大典記念碑
CIMG0316
昭和3年建立と言うことは昭和天皇の御即位の事でしょうか、
村田さん教えて!

訣別の碑と言うのもあります。
拝殿に向かう参道には、代々木の原に大日本帝国陸軍の代々木練兵場が1909年(明治42年)造られた際、この地から立ち退くことになった居住者らが別れを惜しんで奉納した石碑、がある(二基ある灯籠の竿石部分)


代々木八幡遺跡と石器時代住居
CIMG0324
CIMG0327
この遺跡は今から四千五百年程前の、石器時代中期を中心に栄えたもので、標高32、33mの幡ヶ谷丘陵の南方に突き出した半島の端に位置している。

当時、この前の低地は海の退きはじめた沼のようなところで丘のうしろは一面、カシやナラの森で、そこにはシカやイノシシなどの動物が多く当時の人達はそれを採ったり木の果を拾って、見はらしの良いこの丘の上で永く住みついて
いた。

 昭和25年渋谷区史を作るため発掘研究が行われたが、そのときには、地下30cm位のところから沢山の遺物が発見された。

土器は縄文式時中期の加曾利E式の鉢や壷が一番多く、その他わづかではあるが、前期の黒浜式や諸磯式、後期の堀ノ内式、加曾利B式なども出たから、前期にはじまり、中期に栄え後期までつづいたことがわかる。

石器としては石斧、石槌、石棒、石鏃、凹石、皮剥などが発見されている。

この発掘のとき、地下80cm位の下のローム層の上に当時の住居(竪穴家屋)の跡が一個分発見されたので、その上に当時のままの家を組み立てて作ったのが、この復元住居である。

この家は直径約6mの円形にローム層を約20cm堀りくぼめ、その内がわの周に高さ1m60cmの柱を10本程立て、その柱の頭に桁を横に結びつけ、その桁に椽を21本周から葺き寄せて、屋上で円錐形に結び合せ、この上に萱を葺いて作ってある。

屋上の南北には煙出しを作り東側には入り口をその東側の貯蔵室の跡にはここだけ椽を葺き出し中央部には爐の跡がそのまま残してある。
貯蔵室に堀り埋めてあった大型土器と爐の中に置いてあった底なしの二個の土器は別に保存してある。

この家の内は冬は屋外より十度温かく、夏は十度程涼しいし、
内でたき火をすれば数時間で床面は乾いて案外住み心地が
悪くない。

使った木材は当時の附近の森相から考えてカシ、クリ等枯葉樹に
した。(渋谷区教育委員会掲示より)
CIMG0332
代々木のドコモタワー
CIMG0305
今朝の朝食、雑煮 粗食だわ
DSC07632
今夜の夕食 蟹雑炊、蛤吸い、残り物、酒
昨夜残った蟹は息子宅にあげました、


聖徳記念絵画館(追記あり)


令和2年10月18日(日)晴れ穏やか富士山見える

DSC04744


DSC04730

DSC04732
信濃町駅10時集合なので市ヶ谷まで行って
総武線で戻りました。新宿周りより楽でした、
市ヶ谷駅ホームから釣り堀
DSC04737
歩道橋の上でレクチャー
DSC04739

DSC04741
DSC04740
なんじゃもんじゃの樹の説明



今日は村田さんの案内で上記の絵画館に行った。
何度か行っているんだけど今日は今までで一番参加者が多かった。30人以上いましたね。
始めてみる方も沢山いらっしゃったのでどのようなツテで
おいでになったんでしょうかね。

IMG_20201018_0001
分厚い絵画集を買って来ました、3300円

絵画館は村田さんの一番得意な分野で張り切って案内なさった。
3時間ほどぶっ通しで全部の絵画の説明を聞きました。
日曜日だと言うのに他の客が一人もいなかったので村田ガイドが
大声で説明しても注意を受けませんでした、
以前は注意されたことがあります。

こんなに立派な施設が国の管理ではないそうです。
所有者は明治神宮で明治神宮が維持管理しているそうです。
皆さんももっと行ってみてください。
国の至宝ですから。


強行軍でしたが、私全然疲れていないんですよ。
どんな頑丈な身体してるんだ。

DSC04742
餃子とタンメンで600円位だった、結構旨かったが多すぎてタンメンは残した、餃子が美味しかったので冷凍を買って帰る
DSC04789
30個で600円、
見物後皆さんと近くの飲食店で安い昼食を致しました。
帰宅後はキウイジャムを作りましたし、
夕食後はいつもの通り散歩にも行きました。


シニアナビ過去記事(250~254)「いずれが「アヤメ」か「カキツバタ」

[250] いずれが「アヤメ」か「カキツバタ」2006.6.22 18:48:13  18/6/22(木)曇り

250_picture
良い教材がありました、あまりよく見えないな。

木曜日は仕事を入れていない。
午前は針治療、マッサージで身体を整える。

3時頃、今にも空から落ちそうだったが、予想によると雨は夕方らしいので予想を信じて自転車で娘と明治神宮に花菖蒲を見に行った。

娘が「菖蒲とアヤメ」とどう違うのと質問したが、的確に答えられなかったので実物を見に行ったわけだ。

丁度花も盛りの頃で緑深き谷間に沿って程よく散策してきた。
始めは人出もあまり無かったが、
そのうち和服姿の女性が大勢集まり、なにやら、設営していたので、問うたらば、渋谷区の催しで閉園後茶会をやるらしい。
聞き漏らしたが、薪能のように篝火のもとでやるのかな。
幻想的でいいだろうな。
[251] 菖蒲の弁元は黄色い    2006.6.23   00:07:20   

251_picture
菖蒲の弁元は黄色いと書いてあったので気にして見たが、
全部見たわけではない。

菖蒲田の最奥に加藤清正の井と呼ばれる湧き水があるので
今日は取水しようとペットボトルを持参したが、
「飲料不可」と表示されていたので、
「そうか」と諦めたが、何も沸かせばよいのであった。
「残念」

以前は取水している人をよく見かけたが、当時より水質が悪くなったわけでは無いだろう。
当局の用心の為だろう。
今は何でも人のせいにする風潮だから。

[252] お願い  2006.6.23  00:23:46   

252_picture
私達親子の願いを娘が書いた、犬2匹も娘が描いた
(後記:左、耳が立っているのがさんごだな、右、もんち
願意:今年こそ良縁に恵まれますように、可愛い 赤ちゃんが産めますように、サンゴとモンチが仲良く暮らせますように、2006、6、22 〇子)

昔は無かったが、大分前から、正面右に「絵馬」を提げる
建物が設営されている。
この皆様の願いを見るのはなかなか楽しいものだ。

最近は外国人、特に台湾人、韓国人の絵馬が多い。
台湾人、英語圏人の願いはなんとなく判るが、
ハングルはちんぷんかんぷんだ。
以前(愛子様の誕生祝いをしていて、枡酒を振舞っていた)
中国人を案内したが、彼にも書くように進めた。
大体皆さん、家族の幸せと健康を願っているようだ。

一枚500円、今日は犬の絵を所望したら1000円だった。
2匹の白い犬が書いてあったが、犬年にちなんでいるわけだ。

皆さん喜んで絵馬を書いていたので、これは有効な「浄財」の集め方だと思う。
皆さんの願いを少し撮影してきた。

[253] 沢山のお願い  2006.6.23  00:35:11   

253_picture
建物の周りをぐるりと分厚く下がっているので、
提げるところが無いくらいだ。

[254] 中国語のお願い 2006.6.23  00:41:29   

254_picture
ちょっと~欲張り過ぎない、
500円でこんなに願っても無理じゃぁな~い



浴衣でお出かけ


にほんブログ村

令和2年7月18日 (土)曇り



今日は11時に我が家に集合、浴衣を着つけて貰いました。
二人は着物名人なのでお手の物ですが私は全然ダメです。
教えてくれるんですが、はなから拒絶して覚える気がありません。
帯結びって難しい!
前浴衣
どうかしら!
後ろ姿
3人浴衣
三美女の勢ぞろい(言うのは只)
4人浴衣
おじさんも参加
DSC02737
今日のランチ

着つけてからカフェに行ってお昼を食べました。
ここからおじさんも参加してタクシーで明治神宮にいきました。
DSC02742
西参道から参る
DSC02747
明治神宮ミュージアム ここは撮影禁止です
DSC02749
入口の白鹿、いわれは不明
DSC02751
明治神宮御苑
DSC02756
隔雲亭
DSC02752
スイレンの花が咲き始めでした
DSC02754
黄色い花が主流でしたがピンクも混じっているDSC02753
DSC02759
奥の清正井まで行った



まず拝殿で参拝してから、明治神宮ミュージアムを見学し、
御苑も散策しました。
雨が降りそうで降らなくて暑くもなく涼しくもなく丁度いい塩梅の天候でした。
やっぱり我々は日ごろの行いがいいのです。

昨夜来の雨に濡れた明治神宮の緑に身も心も洗われて一同来てよかったと何度も感嘆の声をあげました。

えびす
その他にもいろいろ食べましたが撮るの忘れた

タクシーで一旦我が家に戻り、3人で「えびす」に繰り出し、
いい酒いい料理いい話題でいい夜を過ごしました。
佳きかな、佳きかな!!

今日の歩数:6008歩3,7㌔
3人の係数が違いましたね。
慣れない草履が辛かったくらいでちっとも疲れませんでした。
いい過ごし方しましたね。

プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ