おてんば85歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

神社仏閣

宗教(似非)と献金問題


国葬賛成

安倍元総理が銃撃されて以来マスコミは旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の献金問題を大報道していますが、
どこも黙して語りませんが創価学会にも同じ問題があります。

私は上京して(昭和35年8月)間もなく高校の同級生に
無理やり折伏されました。
父親が外国航路の機関長だった親友は当時横浜に住んでいて
その母親と一緒にある寒い冬の日に突然押しかけて来て
朝から晩まで渋る私を強引に説得しました。

高校時代彼女の家にはお父さんが世界中を巡った珍しい写真や物がありましたので外国に憧れていた私は学校帰りに彼女の家にお邪魔してそのお母さんに歓待されていましたのでむげに断れなかったのです。
確かその前年に池田大作が会長に就任して大躍進していた時期だったと思う。

確かに上京して貧しい底辺の暮らしでしたので寄る辺はありませんでしたのでどこかに頼る気持ちもありました。
以来つかず離れずの学会員をかなり長く続けておりました。

入信した頃富士の大石寺に正本堂を建設するために学会員に寄付を強要しておりました。正本堂 (大石寺) - Wikipedia
私は入信する時に友にしつこく宗教は金をむしり取る仕組みだろうと何度も確かめましたので友は寄付しろとは言えなかったようです。 そして貯金箱を持って来てこれに5円10円でいいから毎日入れたらと言いました。

寄付を持ち寄る日にその当時は縦線、横線と言う組織図がありましたので彼女繋がりの縦線の横須賀迄行きました。
正直に5円10円を溜めた数百円(500円以内)を持って行きました。
横須賀迄の運賃より少なかった。

彼女はいくらしたのと聞きましたら、彼女は出来るだけ沢山寄付するために朝牛乳配達していると白状しました、
数万円したそうです。
私は何か騙されたような屈辱感に襲われました。

私は入信したばかりなので知らなかったと思うんですが、
これを集める為に組織をあげてかなり強引な勧誘があったと
思います。

その後財務と言う強制的な寄付が毎年秋になると鳴り物入りで
集められました。
座談会に行く度に体験談として功徳を頂くためにこれこれこうして お金を溜めているとか、こんな功徳を頂いたとか語っていました。

其の寄付は最低1万円でしたので
私はいつも最低を寄付していました。
私は無理して高額の献金をしてまで功徳を頂こうとは
思っていませんでした。
福徳は自分で努力して獲得するものだと信じていましたからね。

ところで義母も入信しておりました。
熱心ではありませんが真面目なので毎日お経をあげて
座談会に誘われれば出席していました。
義母の処にため口が同じ学会員として訪問していましたので
知り合いました。

義母!この財務の事で小さな体で戦っておりましたよ。
「私はわずかな年金で暮らしているんだ、たった1万円と言えども
私には大金だ、どうしてこんな貧しい老人から迄むしり取るんだ」と
抗議していましたね。
そうしたらやっぱり幹部が貯金箱を持ってきましたよ。

組織や幹部にはノルマがあったようです。
沢山集めると表彰される様でした。
それは彼らにとっては名誉だったと思う。

そしてその総額は数千億円だったと思いますが、
末端の会員にはその総額は知らされませんでした。
どんな組織でも金を集めたら会計報告と言うものがあると
思うのですが、学会にはそんな常識はありませんでした。

その他に新聞の拡販が強引で気の弱い学会員は一人で何部も
とっていましたし、
潤沢な無税の金がだぶだぶあるので大事にはされなかったようで、学会の会館から出たごみの中に多額のお金入りの袋が捨てられて
集積場で発見され大問題になったこともありましたね。
横浜捨て金庫事件 - Wikipedia

選挙がこれが又すごかった、遠くの親戚が都知事の選挙の為に上京してきて説得しますし、組織をあげて選挙活動しますから、
ノンポリが大半の一般人は負けますね。

選挙になると俄かに愛想よくなる幹部もいました、
脱会してからある幹部とすれ違いましたが、
わざわざあと戻って来て選挙を頼みます。
嫌味な私は「貴女は選挙になると目が見えるようですね、普段は
すれ違っても挨拶もして頂けないので目が見えないのかと思っていましたよ」と言ってあげました。

その後学会と大石寺との喧嘩になり、座談会では大石寺やその僧侶の悪行と言うものを穿り出し口汚く罵り、聖教新聞には毎日毎日これが宗教人のする事かと言う記事が溢れ、座談会に行けば時の総理を田中が田中がと呼び捨てにする姿にとても違和感を覚え脱会を決意しました。
  
普通脱会を申し出ても幹部が入れ替わりに来て説得するものですが私は多分あいつは絶対に変わらない奴だと思われていたと思いますのですんなりと認めてくれました。
正本堂
正本堂
破壊される正本堂
破壊される正本堂





乃木神社あたり


令和4年8月6日(土)肌寒い

005006013
体操会今朝は随分沢山の参加者だった
014
008
010
012
青梅前歩く
同じ色の帽子は青梅迄歩くグループらしい。

青梅迄歩くと言えば昔友人を誘って参加しましたが、
私は早々に落後して車で送られて行きましたが、
その友人は何時間も掛けて(確か6時間?だったような)
ヨレヨレになって到着しました。

私が心無い言葉を掛けたら(なんと言ったか忘れた)
だって最後まで歩くのが当然でしょ、みたいな言葉が帰って
来ましたね。もう二度とこんなことはしないと恨まれたわ、
詳細は忘れた。

折り鶴は千鳥ヶ淵戦没者墓苑でお盆の祭りに飾られるらしい。

015
公園の朝顔
021
我が家の朝顔は4輪咲いていたが、なぜか花びらが傷ついている

今日は午後から赤坂の乃木神社に例の友人と行きました。
その件は疲れたので明日書きます。

091
都会の真ん中に鬱蒼とした森林が茂っている
024
026
088
095
IMG_20220806_0001
023

098
今夜の夕食、ご好評のサラダうどん、
腿ハムをトッピングしましたが、
やはり豚バラのしゃぶしゃぶの方が旨いです。
ごまだれに合う。

娘が今夜も食べさせろときました。  
この分じゃ、ごまだれもうじきなくなりそう。

今日の歩数は6027歩





とんぼ


令和4年6月23日(木)曇り

002
004
ここに座って煙草を6本吸ったのね、
これだから煙草飲みは忌み嫌われるのよね、自業自得

008
我が選挙区にはマスコミでちやほやされている
ご仁が何人かいますね、


今日は娘が誘ってくれて明治神宮の花菖蒲を見に行きました。
本来なら歩くんですが、最近疲れやすいので往復タクシーに
しました。
有難いことに福祉タクシー券を利用させて頂きます。

菖蒲は盛りを過ぎておりましたが、
高木が覆い茂り樹木鬱蒼として気分が沈静します。
歴史が古い都心にこれほどの高木の緑豊かな神社仏閣公園が
他の世界にあるでしょうか。
娘曰くマンハッタンのセントラルパークがあると言いますが、
私が見聞したところではセントラルパークにこれほど豊かで
背が高い樹があったようには記憶しておりませんけどね。
マンハッタン島は硬い岩盤で出来ている島なので多分高木は
育たないのだと思う。その代り地震はないか?
009
まず水連がお出迎え
012
015
016
020
022
017
027
奥に加藤清正の井戸、冷たい水が滾々と
031
細い水路が南に向かっています


境内のレストランでお昼を食べましたが、今一の味でした。

032
私は天重 う~ん、残しました、
娘のスパゲッテイはしょっぱ過ぎて残しておりました。

原宿駅から代々木の国立競技場に向かって若い女性の大集団が続々と繰り込んでいましたが、若向きのコンサートがあるんでしょう
かね、
034
035

むか~し長渕剛のとんぼが好きで
この体育館に娘と聞きに来たことがあります。
高揚すると周りがすべて立ち上がったのでおばさんとしては
浮いておりました。

私の葬送の時にはこのとんぼを流してくれと言っています。
なぜ好きかと言いますと東京に死にたい位憧れていたわけでは
ありませんが北へ北へと言うフレーズが心に響くのです。
男と女、芸のある人と無芸の違いはありますが
必死でのし上がろうと足掻いていた心境は同じだと思う。


今日も良い日一日
036
今夜の夕食 お腹空いてないけど残り物で🍺を飲む   

今日の歩数は明治神宮に行く時は歩数計をしておりませんでした。
4273歩


シニアナビ過去記事(658)「八百万の神々に守られて


 [658] 八百万の神々に守られて 2008.6.26  18:41:28   


私は長いこと学会の呪縛に捕らわれていたので
魂が漂っていたと思う。
それも不真面目な「苦しい時の神頼み」的な信者であったが、
捕らわれていた。

物見遊山で神社仏閣に行っても、葬式や結婚式に行っても、
全ての宗教施設に立ち入ったら、罰が当たるとまでは思わないまでも確固とした足取りではなかった、
つまり根無し草状態だったのだ。

たとえば葬式、神式や日蓮宗以外の宗派で導師の題目に反して心で「南妙法蓮華経」とつぶやき、数珠も持たずに参列して、
隣の人が見とがめて貸してくれたこともある。

それほど学会は他の宗教を邪教と教えてくれた。

だから会員は日本伝来の文化をことごとく否定され、
より所を失っているのだ。
池田氏だけの言うことを聞いていれば迷いは無いのかも知れないが、この豊葦原の山水豊かな大地に生まれて
大昔から八百万の神々に守られて穏やかに幸せに暮らしてきた事が全て否定されています。

それらをことごとく否定するのが創価学会の教えです。
宗教は出現した土地に影響されて発達してきたと思う。
砂漠に出現した宗教、水豊かな土地に出現した宗教、
それぞれ特徴があります。

この創価学会教はいずこの土地に生まれた宗教でしょうか。
とてもこの八百万の神々のおわす土地に生まれた宗教とは
思えない。
ましてこの土壌に合っているとは思えない。

昔こんな事を聞いたことがある。
知人の友人がイギリス人と結婚してイギリスに暮らしていたが、
ある時ご主人の親戚の結婚式に出席したが教会の中に入ることを
拒否して終わるのを外で待っていたそうです。
この人は邪宗満ちあふれているイギリスで暮らすのは
辛かったと思います。

学会の事を話せばきりがありません。

今私は心が自由で嬉しいです。
最近娘が四国の高松に行った折
金比羅さんのお守りを戴いてきてくれました。
私は有り難く頂き、小さい方は携帯電話に下げています。

去年のことです。
息子から電話がありました
「今神社にお参りに来ているけど、縁結びのお札をいらないか」と
娘に伝えましたら
「いるよ~、よ~~く効くのを買ってきて~」と言いました。
よ~~く効くのを買ってきてくれました。
ご本尊のそばに飾って置きました。

!よ~~~く効きました!



シニアナビ過去記事(575)「成田山新勝寺参詣」


[575] 成田山新勝寺参詣 2008.1.13  22:53:29   
20/2/13(日)晴れ 寒風強し

575_picture
本堂前にて


昨日親友が我が家に来て歓談していたら
「明日は成田山にお参りに行く」と言う。
彼女は毎年行っていたが
私が不真面目な学会員だったので決して誘われた事は無かった。

彼女は子供の時からお参りしていて身代わりに災難を逃れさせて
頂いていると言う。
今までは「ふん、ふん」と無関心に聞いていたが俄かに興味が湧き
「私も行こうかな」と呟いた。

今までは学会の呪縛にとらわれて日本本来の信仰に背を向けていたのだ。
日本人が有史以来信じてきた八百万の神々や仏教は異端として
排されていた。
どうして日本本来の思想伝統信仰をないがしろにするのだろうか。
それらを信じて日本人は不幸だったろうか。

今日は彼女の後ろからついて行き彼女のするとおりにマネをした。
本堂でお坊さんの説教を聴き読経を拝聴し持ち物を佛火にかざしてもらい災難を逃れさせてもらい、福をいただけるようお願いした。

今年は家族にとってとても幸せなことが訪れるきざしがあるのだ。
それらが成就するようにご祈念した。

成田山の参詣者は明治神宮についで二番目に多いそうだが
駅から参詣者で溢れていた。
上野駅からスカイライナーで55分であった。
始めて行ったが案外近いのね。

帰りに参道で名物の「うな重」を食した。
1時間以上待ったが、その名に恥じず美味しかったわ、
1,890円であった。
隣席の家族連れの話だと去年入った店は10分位で
「うな重」が出てきて1,000円しなかったが
とても不味かったそうで、
今年はその店が貸し店舗になっていたそうだ。
いくら全国からの「一見の客」相手と言えども
いい加減な物を出すと潰れますね。

今日は全国的に強風が吹き寒かったですね。
清清しい一日でした。


 
プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ