おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

交友

シニアナビ過去記事(732)「新しい出会い」


 [732] 新しい出会い 2008.11.8  20:22:11   
20/11/8(土)小雨 曇り 晴れ

今日は目黒の鍼・灸治療院に行った。

この冬のケアマネ研修の時、
同じグループになった75歳の男性とお知り合いになり、
本業は針灸の治療院を自営していると伺い、
是非治療して下さいとお願いしていたが、
私もあれこれ心多忙でやっと今週コンタクトを取ったのだ。

以前から鍼・マッサージは受けているが
それは主に肩こり身体調整で続けているもの。

私は大分前から、下あごの三叉神経痛に悩んでいた、
丁度歯の治療中だったので
東京医大の歯科に紹介されて受診したんだけど、
その薬が脳に作用する薬で劇的に痛みは治まったが
それが又劇的に眠くなる薬で
今だ現役の私としては続けられなかった。

そのまま三叉神経痛も歯の治療も放置して来たが
最近やっと動き出したわけで、歯の治療も来週から再開するし、
この三叉神経痛を鍼治療で試してみようと思いついたの。

その他私は子供の時から副鼻腔の具合が悪く、
その研修の時にその先生から
「貴女鼻が悪いでしょう、鼻の両脇が腫れているよ」と
指摘されていたが最近とみに腫れているような気がしてきた。
それは容貌にも多大な影響があるのだ。

1時間ほど頭のてっぺんから足先まで丁寧に鍼と灸で治療して
下さった。
治療中に冷え性の足裏がぽかぽかしてきたわ。

三叉神経痛も副鼻腔も直るとは云えないが
軽くすることは出来ると仰ったが
なぜか治療を受けたら身も心も軽くなったような気がするの。

そして「お幾らですか」と聞いたら。

『本当は5,000円ですけどね、、、』と一呼吸置かれる。

ハイハイ、判りますよ、プラス初診料でしょうと心の声、

『貴女、お金ある、、』

「無いです、、」

『じゃぁ、4,000円で良いですよ』だって。

先生、これからもず~~っと付いていきますよ~。

で、これから毎週土曜日に通う事にしました。

!あぁ、ヘルス係数高いな!


古事記勉強会&退院祝い


令和3年10月17日(日)雨のち曇り



今日は久しぶりに活動しました。
まず古事記勉強会に文京区シビックセンターに行き、
終了後同志に「退院祝い」をして頂きました。
同志5人で現地の居酒屋は人数制限があるので
池袋迄飛び「養老の滝」に繰り込みました。

まあ、皆さん気の置けない方ばかりなので談論風発して
久しぶりに談笑しました。

ところで私最近鏡見るたびにがっかりしていますが、
老醜が激しいので落ち込んでいます。
これでは皆さんに相手してもらえないんじゃないかと
不安な気持ちでした。
そこをずばり!久しぶりに見たらすごく老化していて
びっくりしたよと言われて、
やはりそうか、そうかと納得しましたよ。
でもね見た目は老人化しても心はまだまだ誰にも負けませんよ。
DSC03012
DSC03011
せめて背筋は延ばして歩きます。
皆さんありがとうございました。
今日の歩数は7704歩





シニアナビ過去記事(727)「彼女には敵わない」


 [727] 彼女には敵わない 2008.11.3  23:49:36  
20/10/3 (月)文化の日 曇り

田島小泉
田島小泉2
(後記:彼女は赤坂の一流料亭の仲居さんとして長年勤めました。
小泉さんが首相になる前はYKK仲間とその料亭でいつも会合開いていたそうです、小泉さんの部屋と言われる一番いい部屋があり、
カラオケセットも持ち込んでいたそうです、

彼女は小泉さん専属でお世話したのでとても可愛がってもらった
そうです、首相になってからは料亭で会合を開くこともなくなり
ご無沙汰でしたが、当時までは政治家は料亭で会合を開いていました、その頃から密室政治と非難されるようになり、
料亭文化は廃れたようです、


その料亭も時の流れに逆らえず閉業しましたが、
その料亭の娘さん経営の料理屋で働いていましたが、
首相退任後、盟友山崎拓氏とその店にお出でになり、
来店一番「○○はどうしている、癌になったと聞いていたが心配していたんだよ」と言われ、
自ら写真撮ろうと言って肩を寄せて下さったそうです、
彼女この写真を家宝にすると喜んでいましたね)


YKK(ワイケーケー)は、自由民主党所属の衆議院議員であった
山崎拓、加藤紘一、小泉純一郎による盟友関係。
YKKトリオとも呼ばれる。
ローマ字表記した際の3人の頭文字 (Yamasaki, Katô, Koizumi) を
ジッパーの製造で有名な大手非鉄金属メーカーYKKに掛けて、
このように呼ばれるようになった。
山崎によると「YKK」のネーミングは加藤が発案したという。


727_picture
お茶の水橋

昨日、お茶の水の大学病院に親友を見舞いに行ってきた。
この親友は近所に住んでいるので
休みのたんびに飲食を共にしている。
なぜなら彼女は下半身全てガンに冒されているのだ。
勿論今は全てのガンを取り除いているのでガン患者ではない。

彼女は一言も言及しないが私は恐れている。
いつ再発するかと、だから彼女のお誘いは絶対断らない、
いつでも楽しい思い出作りをしている。

彼女は75歳、今だ現役で元気に働いている。
私の事を元気だ、偉いと言ってくれる人は多いけど、
さすがの私も彼女には敵わない。

まず、直腸ガンになり、人工肛門になりました、へこたれません、
そして一年もしないうちに子宮、卵巣、膀胱、尿道、膣に
転移しました、
医者は手をこまねきましたが、
彼女毅然として悪いものはとって下さいと言いました。

膀胱までとると袋が二つになるので一部残したそうです。
だからこの膀胱がちょくちょく悪さします。
そのたびに病院に駆け込みます。
そして2度も切ったのでちょくちょく腸が癒着します。
今回も腸捻転で緊急入院しました。

そのたびに本当にひやっとします。

もしかして、もしかして、と思いますが、
お互いその事には触れません。

昨日おそるおそる行きましたら、
とても元気で5日には退院するそうで、
久しぶりに談笑してきました。

彼女は勤め先でも重要な戦力なんです。

彼女と小泉元首相との心温まる交流の話を、
平成18年12月に「シニア・ナビ」と言うサイトに
「とっておきの話」という題で投稿しました。
それは私の会心の記事でしたが事務局によって
無断で削除されました。
記録も残っていないのでとても残念なんです。
この件をどうしようか考え中です。

朝方人間を目指す


令和3年10月6日(水)晴れ

私、退院後元気になったら生活態度を180度変換して
朝方人間を目指そうと思っていました。
きっかけは町内報に載っていた新宿中央公園のラジオ体操でした。
夜散歩しているのを朝に変えようと思ったのです。
ラジオ体操

ところが昨夜お隣さんに例のオリンピックシューズを履いて貰ったらピッタリだったので差し上げました。
他にピッタリの人がいなかったのです。

そうしたら彼喜んでこれを履いてラジオ体操に行こうと言います。
彼は町内会の役員もやっているのでラジオ体操の世話人を
全部知っているそうです。
明日から行くと言うのでちょっと早いとは思いましたが、
早起きして参加するだけでもいいかなと思いました。

夜10時前にベッドに入り目覚ましを5時10分に掛けて5時45分に
家を出ました。
広い広場に沢山老人(失礼)が集まっています。
30分程様々な準備体操とラジオ体操を気持ちよくやりました。

私は例のオリンピックボランティアシャツを着て行きましたので
会長さんにボランティアをやったのですかと声を掛けられました。
他にもう一人着ている人がいましたね。

帰りはさすがに息が切れて何度も休み休み歩きましたよ。
帰宅後水分補給して静かにしていたら落ち着きました、
脈拍54拍、体重55、5キロ
脈拍は50以上は良いそうです、50以下だったら病院に連絡するように言われています。


DSC02702
会長さんと
DSC02703
お隣さんと
DSC02704
やるぞ~
DSC02705
末席だと思っていたら最前席で目立ちましたよ
大階段が前後にあります。

無事に退院


令和3年10月5日(火)晴れ


今日はお昼まで食べてから退院しました。
息子が仕事途中で迎えに来てくれました。
DSC02686
クリームシチューが全然塩気が無かった
DSC02687
お昼


夕方娘が来て、
お隣さんも来たのでお礼かたがた
お隣さんと二人で「えびす」に食べに行きました。
えびすも久々に満席だった。

さすがに病み上がりなので頭が重く気が晴れませんでしたが、
談笑しました。
入院について思った事を書きたいんですが疲れていますので
後日に、
今夜はこれにて!
DSC02688
紫陽花が一本枯れていた、紫陽花は難しいんですよね、
段々消滅していきます。
DSC02690
我が商店街の夕日
DSC02691
DSC02692
鱧の天ぷらと何とか湯切り?
DSC02694
牡蠣フライ
DSC02695
鯵の刺身
DSC02696
おにぎり

今夜はこれで寝ます。
今日の歩数は3004歩




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ