おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

思い出

ニョッキおばさんと呼ばれて


令和2年12月26日(土)晴れ 富士山見える


一昨日スパをやった時に残ったパスタソースを無駄にしない方法を考えた。
スパは連日食べたくなる代物ではない、ではと考えて同じパスタの種類のニョッキにしようと思った。

昔、連日掲載している過去記事のもっと前に良く通っていた恵比寿のナポリ料理の店「パルぺノぺ」でよく食べていたニョッキ!

この店はお気に入りでよく通いました。
マスターもフロアー担当のナポリ男のサッサーもとてもよくしてくれましたのでお気に入りでした。

ここは一週間ごとにメニューが変わります。
ある時、通り過ぎたらマスターが
「さんごママ!さんごママ」と追っかけてきました。
「今日からニョッキですよ」って、
「じゃ明日行きま~す」

サッサーも愛嬌が良くて客あしらいがいいのでフアンが
沢山いました。
歌舞伎町でホストやったらすぐにナンバーワンでしょうね。
私も大好きでしたので彼の故郷のナポリに娘と行きましたよ。
ナポリでひどい目に遭った話をすると長くなるので割愛します。

そんなわけでニョッキの週間は必ずニョッキを食べていましたので
スタッフに「ニョッキおばさん」と呼ばれていたと思います。
今日不意にニョッキ作ろうと思い立ちました。
簡単です、そして美味しいです。

CIMG0138
じゃが芋を茹でて卵黄を入れて潰す、
そして強力粉を入れて捏ねる
CIMG0139
棒状に丸める、もっとかっこよくやれよ!
CIMG0140
切って丸めて潰してフォークで形よく整える
CIMG0141
茹でる
CIMG0142
ソースに絡めて食べる、
今夜の夕食、ニョッキ、かぶら漬け、ワイン
ソースも残ったし残りは明日の分と思っていたら
娘が来て半分食べた、旨いと言った。

DSC07489
DSC07500
DSC07502

DSC07495
夕日大根

夕食後散歩に出る
CIMG0147
都庁のライトアップは8時消灯になったようです
以前は11時でしたけどね、電気代はわずかだと
公表していましたけどね
CIMG0151

今日の歩数は4167歩 2,9㌔




シニアナビ過去記事(410)「デジャヴ」


 [410] デジャヴ 2007.3.1  17:38:13   
19/3/1 (木) 晴れ 富士山朝のうち見える


先ごろ「雪うさぎ」さんが書いておられたが
私にもまったく同じような体験がある。
(後記:雪うさぎさんとは誰ぞ)

私の弟は昭和15年11月23日に生まれた。
私は12年5月31日生まれなので3歳5ヶ月23日目の事であった。

その日は日本中一斉に「大掃除の日」であった。
いや、日本中は定かでないが当時わが町では官民上げての
大掃除日だった。
昔はたいした家具も無かったので各戸畳をあげて戸外に天日干し、
外では協力して溝さらい、大人はみんな忙しかった。

出産が始まり私は戸外で1人とぜん(徒然)なくしていた。

何時も遊んでくれる年上の子供達は何処に行っていたのだろう。
私は今でも覚えている、心の声を。
「とぜんなかぁ~」
「とぜんなか」とは方言だ。
とっても味のあるみやびな言葉だ。

先生が教えてくれたなぁ、
「とぜん」とは兼好法師の有名な言葉「徒然なるままに、、、」の徒然の事だよ、この言葉は含蓄のある方言だから自信を持って使いなさい」と

意味はお判りでしょう。
「つまらない」でもなく「さびしい」でもなく「たいくつ」でもなく「やることがない」でもなく、ふか~~い心を表す言葉です。

私は「とぜんなく」立てかけてあった畳の下で過ごしていました。
そしてタタミの下敷きになって泣き叫んでいるところを、
大人が気付いて助けられました。
「やっと私の相手をしてくれる」と自分の心で思った事を覚えて
います。

むか~し、薬師丸ひろ子が売りだしの頃、
角川映画で盛んにテレビコマーシャルを流していた。

帽子が飛んで「とうさん、私の帽子は何処に行ったんでしょうね」
あれはなにを意味していたのでしょうか、私には今でも謎です。

でもそのコマーシャルを見るたびに不思議な懐かしい感慨が
浮かぶのでした。
帽子を飛ばすことは誰にでもある事でしょうが、
それとは違う感慨です。
(後記:つまり既視感です)

私の母は77歳で亡くなりましたが、無くなる1年位前から老人病院に入院していましたが、私は1年のうち8回も佐賀に帰り必死で母の昔がたりを聞きました。

「ほんなごつ、たまげたばい」と話し始めた
私の赤ちゃん時代の話。

私をおんぶしてある場所を通り掛かった時、
私の帽子が飛んで行ったそうです。
母が慌てていると、何方かが拾ってくださったそうです。

風に飛ばされる様な帽子と言う事は夏の日よけの帽子だと
思います。
多分それは夏から9月頃まででしょうね。
と言う事は、私が生後4ヶ月位までの事だと思います。

数年経ってその場所を通ったら
「かあちゃん、ここで他所のおじさんが帽子を拾ってくれたよね」と 
私が言ったそうです。

「あんときゃぁ たまげたばい あがんこまか赤ちゃんがおぼえとっもんやろか」
「たまげたぁ」
言葉で表現できない赤ちゃんでも心の隅にしまってあるものが
あるんですね。
(後記:この表現ちょっと不適切、つまり赤ちゃんの記憶の問題です、普通赤ちゃんの記憶はどの位が平均でしょうか)




シニアナビ過去記事(380)「鮨くいねぇ」


 [380] 鮨くいねぇ 2007.1.11  23:42:52   
19/1/11(木)晴れ 富士山 朝のうちぼんやり見える


今日は一日中、スケジュールぎっしり、
それどころか大事な予定を失念してしまった。

午前中はマッサージと鍼治療
1時からパソコン教室、本当は月1パソコン教習をずらして
義母の訪問医に立ち会わなくてはならないのにすっかり失念。
パソコン教室の帰りに病院に義母の薬の処方箋を頂きに行ったら、
看護師さんに咎められた。
あぁ、手帳に書くのを忘れていた。

大急ぎで犬の散歩をして、夕方築地に行く。
私、最近日本の将来がとても心配。
このままでは日本(心)は無くなると思う。

前に書いた「美人薄命」の親友とよく日本の現状を憂えて
議論したものだが、
彼女、最後にため息ついて「でも私その頃生きていないと思うわ」と投げやりな言葉を吐いたものだが。

まさに、彼女その頃よりもっと酷くなりつつある日本を見ずに亡くなって仕舞った。

それで私は、一代決心して老骨(少しオーバー)に鞭打って政治に
参加する事にした。

保守政党に入党した。
今夜はその東京本部の定例会に始めて参加した。
私のような老婆(謙遜よ)が物好きに男性の世界に飛び込んで浮いてしまうかも知れないとは思ったが、
なに、臆せずやるさ。
皆さんも歓迎して下さった。

まだ議席は無いが今度の選挙でぜひとも一議席獲得するべく
私も微力を尽すつもりだ。
この会で出た話で興味深い意見を聞いた、
党に無断で北朝鮮に行った山崎拓氏ですが
彼は必ずお土産を貰って帰る。
そのお土産とは「拉致被害者」
それで安倍さんの威信が落ち政界(国内)が混乱する。
どうでしょうか、当るでしょうか。
(後記:この頃村田春樹さんに巡り合いました、確か帰りに地下鉄駅までご一緒した記憶があったのですが、ここにはそんなこと書いてないな、その時村田さんから名刺を頂きましたが、外国人参政権反対東京支部長と肩書が書いてあり、初めて外国人参政権問題を知りました)

大江戸線で30分位で築地市場駅に着いた。
前から一度行ってみたかった場外市場を通った。

すしくいてぇ。

いかにも夜目にもごちゃごちゃしていて私の好奇心を誘る。
帰りに寄ろう。

9時前頃、大半の店は閉じていたが、所どころ営業している、
何処がいいかなぁと歩いていると、愛想の良いお兄さんが客引きしている店が大繁盛していたので入る。
これだけの客が楽しそうに食べているからには、
安くてうまいに違いない。

カウンターに座り、1貫ずつ注文するシステムで値段も程よい。
マグロの赤身など1貫128円でこれはうまかった。

今日は給料日で財布には万札がたんまり入っているので、
値段を気にしないで喰おうとゆったり構える。

外人客も多く皆幸せそうに談笑している、すしマンも愛想が良い。
腹いっぱい食べて生ビール飲んで、2,874円だった。

又わざわざ来ようっと。
「すしざんまい」本店(年中無休24時間営業)




シニアナビ過去記事(364)「あけましておめでとうございます」


 [364] あけましておめでとうございます  2007.1.1  00:29:10  


70歳年賀状_page-0001

東條英機大将


令和2年11月22日(日)晴れ



プライド映画
DSC06438


今日は始めての県外船橋まで足を延ばしました。
船橋の市民施設で奥本康大さんが精力的に全国で上映会を
開催されている「プライド」を鑑賞しに行きました。
前から観てみたいと思っていたんです。

私が物心ついた戦後、所謂戦犯裁判が行われていまして、
炭鉱の労働組合の大掲示板に連日報告されていました。
通学路でもありましたので大人に混じって見ておりましたが、
死刑判決が出ると歓声を上げている大人を見て
戦犯、および東條英機は極悪人だろうと思っていた
記憶があります。
私も戦後自虐史観に染まっていたんですね。

国の国策である戦争の責任を当時そのトップにあった人達が
全責任を負わなければならないのでしょうか、
まったく戦勝国が一方的に敗者を捌く理不尽な裁きでした。

国際法では戦争は犯罪ではない、戦争で相手の兵士を殺すのは殺人ではないと定められているそうです。
ならば無辜の民を大空襲で焼き殺し、原爆で一気に大虐殺することは犯罪ではないのでしょうか。

当時は戦犯と名指しされた人たちが極悪人と思われていたし、
敗戦に打ちひしがれて抗議する気概も失われていた日本人、
今からでもその裁判は不当だったと訴える気概はもう無いのですね。

尤も日本人は朝鮮人みたいに1000年も恨み続ける気力はないですからね。無理でしょう!
皆様にもこの映画を観て日本人とはと考えて頂きたいものです。

終わってから今日こそはあご出汁塩ラーメンを食べるぞと思っていましたが、船橋駅傍まで来ましたら、台湾の小籠包の店「鼎泰豊」が
目につきました。
「鼎泰豊」には思入れがあるのです。

昔「鼎泰豊」が日本に初上陸した時に新宿の高島屋に出店しました。マスコミが連日囃していましたので
私も浮かれてぜひ食べたいと思いました。
新宿に行く度に高島屋に行きましたが、連日2,3十人の行列で諦めて帰りました。

悔しいから娘と台湾の本店に食べに行きましたよ。
台北だけにしか行かない旅でした。
マッサージしまくりと「鼎泰豊」と台北近郷の戦前金鉱山の町だった九份だけしか行きませんでした。

憧れの「鼎泰豊」本店に行きましたらウエイトレスが
超ミニスカートを穿いていて違和感がありましたね、
そんなことしか覚えていない。
まっどうでもいいことでした。

帰宅途中新宿で下車してヨドバシで買い物して歩いて帰りました。
今日の歩数6084歩 4,1㌔
DSC06445
今夜の夕食 「鼎泰豊」の小籠包と支那そば半分、ビール

DSC06448
新宿西口から




プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ