おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

ケアマネのお仕事

シニアナビ過去記事(701)「厚労省さま 加算を~~」


 [701] 厚労省さま 加算を~~ 2008.9.18  23:00:55   
20/9/18 (木) 小雨後曇り


701_picture
沖縄の野菜、「四角豆」うりずん。
大豆に匹敵する程蛋白質が豊富で、くせの無い野菜、
天ぷら、炒め物、サラダに良いと書いてあったので試してみたが、
「まずい」煮ても焼いてもおいしくない。


今日は私的には「お休みを頂いている日」だ。
午前中はいつもの鍼・マッサージで諸々の凝りを解きほぐし、
3時からの映画を観に行った。

「SEX AND THE CITY」

私の好きなニューヨークでしょ、
キャリアウーマンでしょ、
おしゃれでしょ、
ロマンス有りでしょ、

でも今日の私の心境ではこの映画はテンション高くて
心から楽しめなかった。

まず地下鉄降りた時会社から電話があり、腰痛ちゃんの主治医から電話待つとの事、往診専門のクリニックのこのドクターは若い女性で少々高ピーに接して下さる。

毎週の様に往診して高い高い薬(1粒1,000円以上するのもある)を
山のように処方なさる、

でも腰痛ちゃんはこの所末期的、月曜に訪問した時はバナナを2本食べたりスポーツドリンクを1Lも飲んでいたが場合によっては全然食べない時もあると報告を受けていた。

夜遅く報告を受けた時主治医に電話したら当番医が訪問した。

役所で9月頭位には施設に入れると言うことだったので、
毎週電話しているが中々進まないでいた。

するとどう このドクターは私を責めるの、

『施設はどうなっているんですか、この状態で在宅は無理でしょう、介護する方が気の毒ですよ(私も介護しているんですけど)』

「度々電話しているんですが、、今だ らちがあきません」

『もうこんな状態では施設に入るには時機を逸していますよ、
受け入れてくれるんですかね』

「じゃぁ、入院させますか」

『入院も受け入れてくれる所があると思うんですか』

「じゃぁどうすれば良いのですか」

『それを考えるのかケアマネの役目でしょう』

「じゃぁ、私はケアマネとして力不足ですね、これ以上どうすれば良いのか判りません」と言った。

「これから役所に電話して相談します」と言って電話を切り、

福祉の担当者に事情を話し、今日訪問する男性ヘルパーに状態を見て福祉の担当者と相談して救急車を呼んで入院させてくれとお願いした。

去年の2月に腰痛で苦しんでいた時、タクシーで入院させた事があるが持参の薬が精神病の薬で身元保証人がいないと判ると受け入れられないと断られたことがある、

こんなに苦しんでいる者を連れ帰るわけにはいかないと強引に押し切り、では1週間だけ入れてあげるから必ず引き取れと言われて、
おまけに緊急時にはどこに連絡すればよいのかと言われたので、

「それは福祉課でしょう」と言ったら

「区役所は夜中でも対応するんですか」というの、

なに、ケアマネと言うだけで、連れて行った私に保証人になって夜中でも電話すると言うのかと実に悔しい思いをしたものだ。

そんな状態で映画を観ても打ち込めない。

私が悪いのか、どうすればよいのか、こんな時暢気に映画を観ていてはいけないのか、責められる。

終わってから男性ヘルパーに電話したら、そのままだった。

毎日入って貰っている業者のサ責(サービス担当責任者)に
電話したら、入るヘルパーからもう在宅は無理だと報告が度々あるし、ヘルパーに死に目に逢わせたくないと言われた。

よくよく考えてみれば何の為に医者は毎週往診しているのよ、
ドクターはもう医療的に手の打ちようが無いと言っているが無理だと思ったらどこか入院する手配をしてくれるのが【役目】じゃないの何の為に毎週往診しているのよ、
【単なる金儲けの為】

(後記:後日この訪問医療病院とは浅からぬ縁が生じました、
旦那が退院して在宅医療に代わる時主治医から紹介された訪問病院がここでしたので、私は電話でこれこれこうで貴院の女医さんの対応に憤慨していますので、女医さんは担当にしないでくださいとお願いしました、そうしたら若い男性医が来ましたが、これが余命いくばくもない患者に言葉を掛けるでもなく聴診器を当てて薬を処方するだけの愛想のない医者でした、私は何も言いませんでしたが、旦那が怒りだしました、あんな医者に余命を託したくないと、そこで私は院長に直に電話しました「今来ている方もよくやって下さってますが、旦那と相性が悪いのでもっと年配の方をお願いします」と、そうしたら中年のとても親切で良い方が訪問されました、この医者は旦那の葬式の前日お寺まで看護師と共に花束を持ってお別れに来て下さいました、訪問者を断る時は性格や仕事ぶりを非難するのではなく本人と相性が悪いからと言うとお互い傷つかないで断れますよ)

音信不通だった義姉さんに電話したら、
お骨は拾うがなにも出来ないと言われた。

明日は一番で福祉の担当者と渡り合わなくてはならない。

明日は午後から認定調査が2件有り穴をあけるわけにはいかないのだ。

その他にも認知症で2人暮らしの夫婦を支えているが、
こちらも大変なの。

【厚労省様】

何かと言えば減算、減算と仰るが、身寄りが無くて認知症のひとり暮らし、ふたり暮らしの方を担当するケアマネに【加算】を
お願いします。
福祉の谷間で人の良いケアマネに全部投げないで下さいよ。
一身に投げられて見て見ぬふりの出来ないケアマネの荷物を軽く
して下さいよ。
(後記:その後私が要望したわけではないが加算が付くようになりましたね)



シニアナビ過去記事(700)「介護支援専門員専門研修(最終回)」


 [700] 介護支援専門員専門研修(最終回)2008.9.10  21:21:21  20/9/11(水)晴れ

700_picture


今日は一日表記の研修を受講した。

講師は都の女性職員、何ともメリハリが無くて早口で棒読みで
聞き辛らかった。
そうでなくても私はついに風邪引きになって仕舞ったので
眠いのだ。

今日の研修は「困難事例研究」であったが、出された事例が介護度Ⅴの男性で「筋萎縮性側索硬化症」で気管切開してレスピレータ装着に誤嚥防止のため咽頭閉鎖術、気管、食道分離術施行に胃瘻造設と困難のてんこ盛り、
これで退院するからケアプランを作れというもの、
介護者は奥さん1人、

私だったらお断りします。
やはりこんな事例は医療上がりの方でないと無理でしょう。

11日~13日まで佐渡に行きますので、昨日医者に行き
「喉が痛くて咳が出て痰が絡まる」この症状を何とかして下さいと  言ったら、
すぐ効きますよと出してくれた薬が眠くてかったるいの、
だから今日のお昼は飲まなかったわ。旅行中も飲めないわね。

ところで娘が羽田空港でこんな物を売っていたよと画像を送って
くれました。
私こんな事は嫌いですね、たとえ駄目宰相であろうと気に入らなかろうと一国の代表をこんなからかいの対象にするのはね。

昔、創価学会員だった時、選挙前になるとお偉いさんが来て叱咤激励するんだけど上から下までしきりに「田中がどうした、田中がこうした」と罵るの、
誰の事かと思いきや「田中首相」の事なの。
いくら政敵と言えども一国の代表者を呼び捨ては無いだろうと
嫌悪感を持ったわね。

「筋萎縮症側索硬化症」だった知人がつい最近亡くなられた。
ご冥福を祈ります。

明日は早いので今夜はこれでやすみます。


シニアナビ過去記事(697)「ケアマネのお仕事⑳」


 [697] ケアマネのお仕事⑳ 2008.9.4  23:14:50   
20/9/4(木)うす曇り

697_picture
砂糖は入れてないがレーズンたっぷりでほのかな甘みがあります。帰りに早速レーズンを買ってきました。
これからはしばらくレーズンパンを焼きます。
娘が半分持って行きました。


昨日はケアマネにとっての一番重要な実績入力でついに残業した、
8時過ぎまで掛かった。新しいソフトで習熟していないせいもあるが、介護認定の決定が遅すぎることが一番の原因なの。

7月15日に申請した区変(区分変更)と7月29日に認定調査した結果がやっと昨日に来た、これがはっきりしないとケアマネはケアプランが立てられないし、実績の報告が出来ないし、従って各業者は支払いを受けられない。

1件は腰痛ちゃんで介護度Ⅰが介護度Ⅳになった。7月に遡るので自費は出さずにすみます。もうすぐ老健に入所することになったが、これで特養入所も早くなるだろう。
それから被害妄想のお方も介護度ⅠからⅡになりました。

昨日は7月に遡り実績入力した、その他に後1件結果待ちがある。
何故こんなに遅れるのか、それはひとえに主治医が主治医意見書を書いてくれないからだ、介護認定審査に一番重要視されているのが主治医意見書なのに何ヶ月も書いてくれない主治医にはなんのペナルティも無いのだ。只で書いてくれといっているわけではないのだ。いくら支払われているか知るよしも無いがそりゃ高収入の医者にははした金に違いない。
(後記:当時調べたら1万以上だった、たった一行しか書かない医者もいる、実際に訪問して調査する者は3000円(会社に入るのは4000円)10対4対1と言われて医、看護師、介護師の身分序列です、開業医は患者は御得意さんなので割と書いてくれるが勤務医は書いても自分の報酬にはならないと思われた(私見)しかし開業医も書いてくれない医者(第三国人名前だった)がいたので私はケアマネ仲間に宣伝しましたよ、役人も医者には強く物言えず、ケアマネさんから言って下さいよと言われたことがある、アホか!役人が言っても書いてくれないのにケアマネ如きに言われて書くか!)
6月に区変した方がもっと状態が悪くなったので区変申請することになったが、その事後の始末を考えると憂鬱だ。

厚労省にはもの申したい事が一杯ある。

そのうち私は「モンスター クレーマー」になってやる。

!覚悟しとけよ!

そんなわけで私の目はしょぼしょぼ、首、背中はバリバリ。
あまりの凝り様に鈍感になっている、辛いけどね。

今日は午前はパン教室で、終わってからいつもの鍼、マッサージ治療を受けたがマッサージ師が気の毒なくらいの鉄板の様な背中である。いくらか楽になりました。

娘が更新しました。
http:// mojifu.blog69.fc2.com/



シニアナビ過去記事(685)「あの主任に感嘆されるの巻」


 [685] あの主任に感嘆されるの巻 2008.8.12  23:44:08   
20/8/12(火)晴れ


今日も忙しかった。
午前は介護の仕事でご夫婦とも認知症のお宅。
奥様が被害妄想があり他人を信じられない方だが
私はもう6年ほど訪問していて信頼いただいている。

でもねぇ、時々思うのよ、もう疲れたな、もう飽きたなって。
ご辞退しようかなって、認知症で被害妄想の方の信頼を得るには、
ただひたすら逆らわないこと、どんな理不尽な事でも受け入れることなの。
救いは性格は良い方なので他人に無理難題は仰らない。
感謝して下さる。頼りにして下さる。それだけで頑張ろうと思う。

そう言えば私の担当している方で性格の悪い方は皆無だ。
あぁやっぱり私は恵まれているな。

午後から4軒訪問した。いつもは月末に訪問するのだけど、
先方の都合で遅くなった、2人入院したり、毎日通院なさったり。

その後会社に行って昨日習ったパソコンソフトで9月分のケアプランを作成しようと思っていたが、1件も出来なかったわ。
雑用がてんこ盛りでそのもつれた糸を解すので精一杯。

訪問先でご主人をショートステイに入れたいと奥様に頼まれた件を処理する。
区内で一番新しくて豪華で競争の激しい施設、その施設は初めてなので先輩にアドバイス受けながら処理する。
8日に退院なさった方を訪問したら、もうすっかり寝たきりになっておられた、体位変換も自立では出来ない。
これはやはり区変を申請すべきかなと思った、関係方面に相談しながら又書類を書いた。
過日包括から頼まれて仮のケアプランを作成した方が要介護Ⅰになったとの報告があったので必要な連絡や書類の準備をする。
来週訪問する予定
その他諸々の連絡で時間は経過した。

所で又認定調査を依頼されたので書類を見てみると、

「あら~やだ~、昭和13年生まれ~私より年下じゃないのよ~」と 叫んだら。
主任が「あぁ、もうそんな時代になったんだねぇ、そうすると
「さんごママ」は凄いよね、こんな人めったに居ないよね」と
お褒めのお言葉を頂いたわ。

私の介護人生8年間で私より年下の方は幸いなるかな
今までは居なかったわ。
これからはどんどん追い越されるわけね。



シニアナビ過去記事(684)「介護支援専門員専門研修Ⅱ」


 [684] 介護支援専門員専門研修Ⅱ 2008.8.11  23:50:57   
20/8/11(月)晴れ 暑さいくらか和らぐ

684_picture
今夜の粗食
今日のタカベは不味かった。買うときから??と思った。
まず小振り、そして調理済み、調理済みって事は売れ残りの場合が多いのよね。

やはり魚はまず、
①旬
②成熟
③鮮度よね

昨日は準備が大変だった2日目の研修だった。
準備で恐怖に陥れていた割にはなんと言うことも無い講習内容だ。
まぁ準備段階に意義があると言っておこう。
おかげで追われて手つかずの書類作成を急がなければと
思い知らされた。

これからちゃくちゃくと仕上げようと思う。
そうすればいつでも「私、辞めます」と云えるわけだ。
今そんなことを言えば引き継ぎの為にえらい時間が必要だろう。
何しろ後ろ指さされたくないもんな。

所で今日は午前中例の腰痛ちゃんの介護の仕事だったが、
もう本当にすっかり寝たきり同然、
全介助が必要になってしまった。
糞尿は全ておむつの中にするようになってしまった。
先頃は他事業所のヘルパーがぎっくり腰になって戦線を離脱した。
今日は私も慣れぬ全介助に腰に来そうだったわ。

私、国家資格の「介護福祉士」なんだけど、
これが全くのペーパー資格で全介助などしたことが無いの。
記憶をたどればヘルパーの勉強している時と介護福祉士の実技受験の為に大枚はたいて講習を受けている時やったくらい。
それを思い出しながらやったけど、腰に来るのでは無いかと
恐れながらやったせいか、数時間後に腰が重く感じられた時は
ひやっとしたわ。

うちの事業所は在宅なのでそんな経験をする機会も少なく、
又あったとしても私はお断りしてきた。

でも、腰痛ちゃんは性格が良く感謝の言葉が出るので
やりやすいのだ。
私など下手なのであっちに転がし、こっちに転がし、
おまけに「あんまり人任せにしているとみんな腰痛になって来る人居なくなるよ、なるだけ手や足を使って自分で身を起こすようにしなさいよ、私が腰痛になったらもう来ないからね」なんて恩着せがましく宣ったりしている。

お昼を食べて、実は又例のハンバーガーを食べた。
私っていつもこうなのよ。
気に入るとしつこく通って早期にオーナーに認知されるの。
今日も若いオーナー(それがイケメンなの)としばしお話したわ。
そしてブログに書いた事を伝えたらすぐに、見てくれた、
少々辛口のコメントで失礼の段お許し下され。

午後から会社に行って例の新しい介護ソフトの研修を受けた。

今日は
①前月コピーで来月分のケアプランを作成する方法や、
②実績入力の仕方、
③限度枠オーバーの場合の割り振りのやり方や、
④1表、2表、3票の入力など、
系列の社長が根気よく教えてくれた。
来週の月曜日にも研修がある。

あぁ、パソコンを友としていて良かったわぁ。
その他、他事業者と3社程折衝した。

あっ、腰は大丈夫のようだ。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ