おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

ケアマネのお仕事

シニアナビ過去記事(731)「やっぱりこの仕事が好きだ」


 [731] やっぱりこの仕事が好きだ 2008.11.7  23:16:17   
20/11/7(金)曇り後 晴れ 暖かい

731_picture
大葉がしおれていたので焼酎お湯割りにしてみた


ここ2,3日の落ち込み様は凄まじかった。

今日はなんとしても溜まりに溜まっている書類作成をしなければ
ならない。
でも会社に行くのが恐ろしい程だった。
それを鎮めるのは「ケアマネ辞めます」と言う台詞を吐けば
良いんだと言う覚悟だけ。

一触即発、もし社長と2人きりだったら言ったかも知れない。
でも大勢社員がいるので、じっと自重し、辞めるについては
後ろ指さされないように残務整理しなければならない。

だから黙々と仕事した。

利用者、各業者、ヘルパーさんと打ち合わせ、
いろんな職種の方々に働きかけ、協力頂き、組み立て、
調整して仕上げる、そしてパソコンに取り入れていく。

いつの間にか夢中になり、達成感に包まれる。
あぁ、私はこの仕事が好きなんだわ~             

この落ち込みのきっかけは例の30代男性主任ケアマネの
一言だった。
実績入力の件で電話があり判らないことだったので質問した
ことに対する

「あなたケアマネでしょ」だった。

以前にも彼との確執をブログで散々愚痴ったが、
やはり私は彼の元で働くことが苦手だ。

でも、私の片腕の男性ヘルパーが言ってくれた。

「私、ケアマネ辞めようと思うのよ」

『僕もそう思います、病気になる前に辞めた方が良いですよ』

「でもねぇ、辞めたらもうこの年齢では何処にも勤められないだろうしねぇ、決心がつかないのよ」

『さんごママさんだったら、一生懸命頑張る人だから必ず何かありますって』

この一言がとても嬉しかった。



シニアナビ過去記事(728)「気分は最低」


 [728] 気分は最低 2008.11.5  23:43:54   
20/11/5(水)晴れ

728_picture
銀杏、この違いはなんでしょうか。品種?肥料?
左は京王デパートで買いました。岐阜特産500g780円
右は明治神宮近くの庭木と並木で拾いました。
奥はムカゴです。100円でした。

秋は実りの季節ですね。
味合うのに忙しいです。

落ち込んで仕方がない。
仕事も辞めたい。
もう人様の事で気を揉みたくない。

じゃぁこの先の人生設計は出来ているのか。
出来てない。

私は偉くもないし、組織に影響する人材でも無いけれど、
引き際ってこんな庶民のおばさんと言えどもあるよね。
まだ余力のあるうちにね。

昨夜、録画してあった南田洋子さんの現在をしみじみと観た。
その事が影響しているわけではないけれど、
老いるってことは悲しいね。
人は誰でも高齢になれば多かれ少なかれ惚けていくよね。

その時誰かのお世話になるよね。
その時こそその人の生きてきた人生の決算がつくよね。

長門裕之さんが「洋子の面倒は俺が見るんだよね」と言ったら
南田洋子さんすかさず「まぁ、それは当たり前だよね」と
言ったわね。

心は違う世界を彷徨っていても
それだけは自信を持って言えるのね。

私はどうだろうか。

それにしてもこのような症状に気がついてから
3年あまりにもなるのに
なぜ専門医に診察を受けなかったんだろうか、
洋子が出たがらないと仰っていたが長門家ともあろうお家が
日本一流の専門医に往診して貰う事ぐらい簡単なことで
しょうにね。

昔、寝たきりの統合失調症の方を介護したことがあるが、
その時感じたことは、この精神疾患の患者は心に違う世界が
走馬燈の様にくるくると巡っているんだなと思った。
そのめくるめく心の中を言葉や行動に表しているのだなと思った。

でもさすが南田洋子さん、老いても惚けても美しい。


シニアナビ過去記事(726)「ケアマネのお仕事№21」


 [726] ケアマネのお仕事№21 2008.11.1  00:45:27   
20/10/31(金)晴れ

11時から83歳の認知症の女性の「担当者会議」を開催した。

この方3年前までは1人暮らしをなさっていたんだが、 
正月を娘宅で過ごしている時に体調を崩し半月入院して、
退院したら立派な認知症になって出てこられたのだ。

それで娘宅に引き取られたが、
デイサービスを利用したいとの希望で私が担当することになった。
家族同居なので月1訪問するくらいで楽な利用者であった。

沢山の既往症をお持ちだ。
認知症の他に①胃ガン②乳ガン③白内障④乳ガンから転移した
⑤大腿骨ガン、

これがこの度の困難の始まり、
この夏までは週2回デイに行かれて娘さんも助かっていたが、
腰痛で心身が衰えてもう籠もってばかり、

ところが5月に娘さんのご主人が脳梗塞で倒れられて
今や「高次脳機能障害」となり、
長期入院で3ヶ月ごとに転院しなければならない。
ところがこの母のおかげで出かけることもままならないのだ。

そのことで、デイの責任者と電話で相談していたが
やはり一同に会して話し合おうと「担当者会議」を開催した。  
娘さんが困っていても本人が嫌がっているんだから
中々結論は出ない。
まぁ、ショートステイを利用してその間娘さんが旦那さんの
面倒を見ると言うことになった。            

その間に膀胱ガンさんの後見人から2社の業者が来ているので
来てくれないかと電話があり、すぐ近くにいるから終わり次第
駆けつけますと言ったが、話は長引いてお暇出来ないの。

膀胱ガンさんは、今日午後退院の予定だったので、
午前中にベッドが搬入され、デイの担当者が来て契約する手筈に
なっていたが、昨日電話があって肺炎になって退院は延期に
なったの、

でも今となっては予定通りに事を運んぶしかない。
12時過ぎに大急ぎで駆けつけ両社の社員に挨拶することが出来た。
後見人はとても誠実で良い人なので私は重荷が半分になり助かっているが、ついに彼も引き込まれて最近は「精神安定剤」を服用しているそうだ。色々と本音のお話をした。

長年東京に居た独身の高齢叔母がすぐ側に越してきて
「私の老後もお願い」と言っているそうだ、
すると又他の叔母から「私も」と言われたそうだ、

今年の3月に実父をガンで亡くし、
実母や義母もあてにしているらしい、
良い人って良いのか悪いのか損な役回りね、
せめて老後を見て貰いたい人は財産を残す事ね。

帰社してショートステイの手続きをし、膀胱ガンさん夫妻の
11月の予定を手配して組み立てた。
あれこれやっているうちにもう5時よ。
旦那さんの予定が立たないので計画表を作成する運びまでは
行かなかった。         

明日から3連休だ。
ゆっくり休むぞ~~



シニアナビ過去記事(724)「新3K」


 [724] 新3K 2008.10.29  23:54:01  
20/10/29(水)晴れ 爽やか

今日は我が社恒例のケアマネ会議が5時30分から開催された。
午後から訪問を2件こなし、
会社に行って昨日の続きのパソコン業務をやる。

被害妄想、膀胱ガンさん夫婦の11月分のケアプランを
作成しようと思ったがヘルパーの人員配置や、
新規のパソコンソフトの不備などがありうまく行かない。

1個の事業者番号で4つの事業をやっている施設があり、
たとえば認知症対応型のデイとそうでないデイの登録が
重複しているとしてエラーになるのだ。
ソフト会社のサービスセンターに電話したが
そのような事態には対応出来ないそうだ。

!不備発見!

明日は私は休日なので金曜日に又
その件で格闘しなければならない。

今夜のケアマネ会議での話題

介護業界の新3Kと言うのが喧伝されているらしい。

①切りが無い

②希望が無い

③結婚出来ない

と言うそうだ。

このお言葉介護業界と言うよりケアマネに当てはまると思うわぁ。

切りが無いなんてね、

ところで我が社にとっては明るい話題がある。
かねてから探していた良い物件が見つかり、
当区で第1号になる地域密着型認知症対応型の通所介護施設が
開設準備が整ったそうだ。
後は区の認可が下りるのを待つだけだそうだ。

区も慎重で認可に時間が掛かっているらしい、
そして他区でやっている当社の施設の調査見学に来るらしい。

その施設の事は以前のブログに書いているので参考にして下さい。
http:// 3515.iza.ne.jp/ blog/ entry/ 215396/
(後記:残念消失)


シニアナビ過去記事(723)「今日は一日中仕事三昧」


 [723] 今日は一日中仕事三昧  2008.10.28  23:52:24   
20/10/28(火)晴れ

723_picture
「さんご」もお年よねぇ、お疲れのようです。
11歳って人間で言うとどの位かしらね。


今日は本当に仕事したわ。
でもぜんっぜん疲れを感じない。

午前は被害妄想さんの家の片付けを
私の片腕の男性ヘルパーと2時間やった。
ベッドを入れる場所の家具は昨日後見人が栃木から来て
片づけてくれていた。

私は何年も掃除していないらしい冷蔵庫を徹底的に掃除した。
賞味期限切れの食品をじゃんじゃん捨てる、
空瓶やスチロールの空きカラも捨てる。
何でもとってある。

奥さんがうろちょろする度に
「奥さん動くと疲れますよ、座っていましょうね」と言って
座らせる。

!! あっ、うちの冷蔵庫も掃除しなきゃ!!

今度の金曜日に旦那さんが退院なさるのでそれまでにベッドを
搬入しなければならない。
旦那さんもそうだけど、奥さんも始めてのひとり暮らし中に認知が
随分進行した様だ。

今日から試しに配食弁当を導入した。
あんなに反対していたのに弁当を美味しいと言って食べてくれる。
だから早速明日から昼食と夕食を配達して貰うことにした。

デイサービスも目一杯で待ち人が多いと言っていたが
無理に入れて貰った、
やはり日頃のお付き合いの濃さよね。

始めは1回/週から始める。

11月から火曜日に決まったので私の訪問を水曜日にした、
月曜日が都合良いんだけど、
私が火曜日に行くおなじみのレストランが月曜定休なの。

当分、他の日は男性ヘルパーにお願いした。
今までは何人かのヘルパーが入っていたんだけど、
奥さんの好き嫌いがあって面倒だったの。

午後、会社に入る前にこの前の鬱病さん(パニックさん)の
お宅を訪問、
今日はとても穏やかで、この前は具合悪くて失礼な応対をして
申し訳ありませんでしたとお詫びを言われた。

訪問サービスを1回/週から2回/週に増加することになった。

午後からご夫婦(被害妄想、膀胱ガンさん)の
これからの書類関係で半日掛かった。

①夫婦の最新の基本情報をパソコンで入力
②同じく課題分析(アセスメント)のパソコン入力
③配食弁当の区の補助申請書2通手書き
④デイの申し込み書類2通手書き
⑤主治医に医療情報のお願い手続き
⑥包括支援センター(兼デイ併用)に持参して手続き完了。

終わったのは6時であった。

あぁ完璧な仕事であった。

思わず「完璧、完璧」と声に出した。

でもやろうと思っている仕事はいつになるのでしょうか。


ところで話は変わりますが昨日5時頃帰宅途中
私は雹に襲われました。
シルクの上下を着ていましたので、大変痛かったし、びしょ濡れになりました。

雹が降ったのは東京でも一部(山手通り初台あたり)のようです。
生まれて初めての経験でした。
(後記:娘が小学低学年の頃、下校中田んぼ道で雹に襲われ
逃げ場も無くて全身傷だらけになり、泣いて帰宅したことがあったっけな)





プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ