おてんば83歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

贈答

シニアナビ過去記事(355)「懸賞生活 №17」


 [355] 懸賞生活 №17 2006.12.24  22:43:23   
18/12/24(日)晴れ 穏やか

355_picture
今日到着(クリスマスプレゼント)かなっ、
早速新鮮なうちに乾杯しようっと


クリスマスイブと言ってもクリスチャンじゃないし、
昨日は天皇誕生日だったが、何事も無く、
昨日今日共脱力して暮らす。

バイオリズムが低下していると言うか、
気力が低下していると言うか、
やる気が失せていると言うか、
でも体力は低下していない、

私は元々欝気性だと思う、
欝は移ると言われるが、
私の相手している方々はその方面の方々が多いし、

さぁて、立ち直るのにどの位掛かるだろう。
まず、この背中の凝りから治さないと無理だろう。

午後から思い立って顔剃りに行った。
3000円也
いびきかいてねたようだ。
うん、あんたはつかれている。



やっぱり羊羹は小城羊羹


 令和2年11月12日(木)どんより晴れ


今日は午後から伊勢丹、高島屋に徒歩で往復しました。
片道32分でした。
佐賀県小城の小城羊羹をお歳暮と贈り物にしたいと思ったのです。

先日、崎山さんが甘いものが好きだと言うことで虎屋の羊羹が食べたいと言われましたので、羊羹なら虎屋より佐賀の小城羊羹が旨いですよ、今度おくりますねと約束しました。

小城羊羹は村岡屋で贈答に買っていましたが、
ここ数年はご無沙汰していました。
毎年夏冬にダイレクトメールが来るんですが、
今年は必要が無いと思って処分しました。

でも以前伊勢丹に売り場があって買ったことがあるので行きましたら、無いのです。
案内の方に検索してもらいましたが伊勢丹からは撤退したらしい、
それで高島屋にはあることがわかり、行きましたら中級品が一種類だけありました。
仕方ない、4種ありましたのでそれを送りましたが、
ちょっと満足しませんね。

sky-face-sea_a-b07rtqw9c3-20200918[1]

九州では羊羹は小城羊羹と決まっているんですが
全国区ではないのです。
虎屋の羊羹は高いだけで甘すぎて特徴が無いと思います。
やっぱり羊羹は小城羊羹ですよ。
小城羊羹と言うブランドは地域ブランドで数十社あります。
私は村岡屋のばかり買います。
中学校の同窓会で本店を見学したこともあります。

さすがに歩き疲れましたので、外食しようと思っていました。
何となくしょっぱいものが食べたいな、そうだあごだし塩ラーメンを食べよう、と向かっているときに娘から電話がありました、

鯛の刺身を沢山買ったのに婿さんが今夜も遅いと電話があったので
一緒に食べようと言うのです、何か買って行くと言いましたが
私も途中で店屋物を買いましたら、不味くて多すぎて食べきれなくて持て余しました。

今日の歩数9084歩 6,6㌔

DSC05820
刺身が沢山残りましたので明日タイ茶漬けでもしようかな

村岡屋
村岡屋本店
小城羊羹
小城羊羹とは、佐賀県小城市の小城羊羹協同組合に所属する羊羹店で製造・販売される羊羹。地域団体商標に登録されており、商標所持者は小城羊羹協同組合。なお同組合には25社が加盟し、うち19社が小城市内(旧三日月町を含む)に所在するが、小城市外の業者も所属している。そのため、小城市外で製造される小城羊羹も存在する。

1894年~1895年の日清戦争では軍隊の酒保で扱う甘味品としても採用された。
この時遠く大陸の前線まで送られても、他の商品の様に品質の劣化がなかったことで小城の羊羹の名声が更に高まり需要も増加。



シニアナビ過去記事(331)「バースデイ」


 [331] バースデイ 2006.11.10  23:18:37   
18/11/10(金)晴れ 暖かい

331_picture

あしたは旦那の誕生日。
もう何年も前から家庭内離婚状態なので
お互いの誕生日は祝った事が無い。
しかし今年の私の誕生日にケーキを買って来て、3万円頂いた。

この時は私も娘もビックリ仰天どう対応していいか困惑したもんだ。

さぁて今度は反対だ。
大分前からどうしたもんかと考えあぐねていた。
まさか3万円ってわけにもいかなしなぁ。

いい年してろくな時計をしていないので、
前から年相応の時計をプレゼントしたいと思っていた、
だから子供達に一番安いのでいいから「ロレックス」でも
共同でプレゼントしないかと打診していたのだ。

息子は「俺は参加しない」
娘は「私の誕生日も祝ってもらってないので参加しない」

仕方ないので、私は一人でヨドバシカメラの時計売り場に行った。
私は自分自身のためにも電波時計が欲しいと思っていたので、
それにする事にした。
ロレックスは私一人で買うには高すぎる。

シチズンの最新式のやつ、少々高かったが5年分のつもりで奮発した。
定価141,750円を3割引きで99,200円也。

気に入ったみたいだ。
お礼も言わないし、言われても困る。
そんな夫婦なんです。

ケーキは仕事先の恵比寿で行列の出来る評判の店
「トシ・ヨロイズカ」で買って来た。
上品な甘さ控えめで、とぉ~っても美味しかった。
この大きさで2,500円であった。

「ハッピー バースデイ ツーユウ」



シニアナビ過去記事(286)「贈り物」

[286] 贈り物  2006.8.6  22:42:30   
18/8/6(日)猛暑

286_picture
贈られてきた抹茶椀

昨日も今日も猛暑、酷暑 焼かれてしまいそうだ。
こんな日の真昼間に日傘も差さずに出歩く男性はお気の毒。
私は日傘が無くては出歩けない。
日傘はありがたい。

最近、武雄から抹茶椀が5個も贈られて来た。

6月10日に赤坂プリンスホテルで高校の同窓会があったが、
その時、恩師招待で出席なさった恩師が出席者全員に自分で
焼いた焼き物を下さった。

出席が決まってから、数ヶ月掛けて焼かれたそうだ。

昭和44年に高校(旧制中学)の先輩の芳志で陶芸窯を設置してから、
生徒達、又先生方にも陶芸同好会が結成され、
高校の裏山(駱駝の形をした御船山)にちなんで

「御船焼・武陵窯」と銘打ち、

(後記:武陵会(同窓会)
武陵讃歌(応援歌)
御船山下に秋きたり
紺碧の空雲もなく
歓呼の声は地にみちて
若き血潮は躍る
武高 武高 おお武高
何しろ有田焼やその他の窯元の子弟が沢山在籍していますからね、
指導者には事欠かなかったそうで爾来盛況を極めたそうです。

その恩師も爾来作陶三昧の日々だそうです。
個展をしたり、教え子の中には焼き物商社の二代目等が居て
先生に「抹茶椀」100個注文などしてくれたり、
武雄は焼き物が趣味の方には天国のような所らしいです。

同窓会の二次会でその恩師の隣に座った幸運でこの度の贈り物と
なったわけです。

実は私、抹茶など嗜みません。

この椀を見たとき、私はこれで丼物を盛ろうと考えたんですが、
娘は「これは「納豆」をこくのにいいわね」ですって。

でも、これを機会に抹茶を嗜むことにします。


イザブログ
「古老は語る」
過去記事です、ぜひご覧ください。
blog_import_524fab4b3534d[1]
御船山
ご覧くださりありがとうございます。




シニアナビ過去記事(248)「プレゼント④」

[248] プレゼント④  2006.6.17  23:59:05   
18/6/17 (土) 梅雨空


248_picture
旦那からの誕生プレゼント、
あっけに取られていたので、写真撮るの忘れた。


今日の日記の記事は書くべきか迷ったけれど、
この日記を自分の生きてきた証を記録する意味で書いているので
真実を正直に書いている。

昨夜の事であった。
帰宅してみると、玄関で待ち構えていた娘がトイレの中に引き込んでおかしな事があると言う。

旦那がケーキの箱を持って帰宅したので「それどうしたの」と聞いたらママの誕生日のお祝いに買って来たと言う。

「ママの誕生日は5月だよ」
「いや6月だ」

実は私の生まれた日は5月だけど、
当時のルーズさで祖父が勝手に6月に籍に入れたのだ。

この日記を読んで下さる方は私が旦那持ちとは想像できないと思われる方もいると思う。

現実にも私が家庭持ちとは想像出来ないと言われる。
行きつけのクリニックの看護婦さんが娘の話をしたら
「えっ、子供さんがいるのっ、仕事一筋の人だと思っていた」ですって
それどう言う意味よ~~ねぇ。

実は家庭内離婚状態だからだ。
必要最低限のことしか会話しない。

なぜにこうなったか。話せば長くなるが。
金と女であまりにも苦労したので、もうお守りは勘弁と思っているからだ。
子供を教育している時代はそれでも辛抱していたが、
それぞれ一人前になった今は死ぬ時、
後悔しないように自分の為だけに生きようと決心した。

自分を自由にした。

会社(後記:印刷業自営)を解散した時
「もう、いいでしょう」と思った。
離婚したいと思ったけれど、
運命鑑定師に貴女は十分やっていけるけど、ご主人はダメージが大きいと言われたが、自分でもそう思う。

夕食後、満杯のお腹で娘と3人で儀式の如く、ケーキを食べた。
その時、旦那が3万円出した。

私も娘ものけぞるほど心で驚いた。
なぜなら、私も子供二人も何十年も旦那から誕生日のお祝いも
その他のプレゼントも貰った事が無いのだ。

私「ありがたく、いただきます」

だからって、今の状態も悪くはないと思っているので現状を変えたくは無いのだ。

娘「あの、けちなパパがどうしちゃったのかしら」旦那が寝てからの言葉です。

インターネットが楽になりました。
パソコンの先生がこれじゃぁ駄目と同じですよ、と言う位繋がりにくかった。
「ソニー」「ゆうせん」「シマンテック」「バッファロー」と各社に何度電話したか知れない。

一番高い、強力なのにしたら解決した。
やはり「高けりゃぁ、いいですね」新たな伝説です。



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ