三浦小太郎

私と但馬オサム氏が独断と偏見でお送りする
名作映画上映会、
逢魔名画座のお知らせです。
次回上映会は6月26日(土)午後3時半より
「瘋癲老人日記」を上映いたします。

逢魔名画座上映会のお知らせ
今回の上映会は、谷崎潤一郎の名作を映画化した
「瘋癲老人日記」(木村恵吾監督、1962年大映作品)
です。
出演は山村聡、東山千栄子、川崎敬三、若尾文子など。

原作をご存知の方には言うまでもないのですが、
この映画、完全に「足フェチの老人」が、
息子の嫁である若尾文子の美しい足に惚れまくるという
映画(言い過ぎかな)。

しかし、私(三浦)個人は、谷崎作品の映画化の中では
最も成功したものではないかと思っています。

山村聡の怪(?)演も、老人を愚弄する若尾の悪女ぶりも見事。あまりの突き抜けた変態(?)演技と演出に時々笑ってしまうかもしれませんが、おそらく二度と作られることのない映画ではないかと思いますので、
よろしければぜひご参加ください。

日時 6月26日(土)午後3時開場 3時半上映開始
場所 TKPスター貸会議室四谷第一会議室
   東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 302号室
   (JR四ツ谷駅四ツ谷口徒歩3分)
参加費 無料(事前申し込みは不要です、直接会場においでください)
主催 逢魔名画座 
連絡先 三浦(miurakotarou@hotmail.com)