令和3年4月10日(土)晴れ富士山おぼろ

DSC00434

同じフロア―に昔歌舞伎町でスナックのママさんを
やっていた方がいます。
スナック文化はなやかなりし頃は渋い着物を着てご出勤でした。

その方、最近聞いたら私より一つ下の方でした。
その方は腰の関節を痛めてとても難儀しておられます。
少し前は毎日二回散歩されていました、その後更に腰の手術を
なさって数か月入院されていましたがコロナのせいか容体のせいか退院後は館内を熱心に歩いておられます。

そしてすごい難聴で近所の方と飲み会するときにお誘いしますが、会話に入って行けないのでと固辞なさいます。
最近補聴器の事で聞かれましたので私の経験をお話しました。
なんでもお友達が母親に100万もする補聴器を買ってあげたが
全然しないで無駄になった話を聞いたので躊躇している
そうでした。

私も最初の頃はあまりいいとは思えませんでしたが、
頻回に調整に行って最近は具合がいいと思っています。

私の希望は懇親会で会話が楽しめると言うことでしたが、
現在はおかげさまで補聴器にも慣れて不自由はしておりません。
そんな経験を話してお奨めしていました。

今日わざわざ見えて私の話で納得したので京王で50万の補聴器を
注文したそうです。
責任重大です。
会話が楽しめるようになったら時々は懇親したいと思います。
人生経験豊富な方ですから楽しみです。

ところで我がマンションはスナックのママさんが多いと思う。
歌舞伎町に近いので夜の商売の方には便利なんでしょうね。
私の知る限りでは4人いらしゃいましたが、
現在は一人だけ頑張っていらっしゃいます。

スナックのママさんと言えば私が50代の頃は
日本全国辻うらうらスナックだらけでしたね。
スナックのママさんは大抵離婚して子供抱えている方が
多かったように思います。
当時は小さなお店を経営してシングルマザーの子育て手段だった
ようです。
どうしてスナックは廃れたのでしょうか。
時代はめまぐるしく進みます。

今シングルマザーはどんな手段で子育てしているのでしょうか、
キャリアの無い女性は安直に生活保護受給に進むのでしょうかね、

今日はパンを作りましたが心臓不安を抱えてやり通しました。
夕方収まりましたので散歩に行きました。

DSC00461
DSC00477
DSC00479
ふくとふくパパ
今日の歩数は 近い!
DSC00493
歩数計壊れてないのかな