[425] 同居家族 2007.3.28  23:54:06   
19/3/28(水)晴れ 暖かい 今日初めてスカートを履いた。


今日はオフなので出社して滞っているパソコン業務をやった。
第6表「居宅介護支援経過」を去年9月頃から入力した。

時々電話があったり、相談したりしたが5時半頃までやった。
やはり疲れます。
全国のケアマネはどうか知らないが
当区のケアマネは最近恐慌を来している。

緩やかだった当区も厳しく通達を出してくる。
同居家族の居る利用者の「生活援助」打ち切り問題。

私も息子家族と同じビルに住んでいる98歳のお婆さんのケアプランが適正かどうか気になる。

この利用者を以前担当していた包括支援センターのケアマネに
電話で相談した。
この利用者はお嫁さんと気詰まりな関係にある寂しい方。

以前は掃除と買い物だけのプランだったが、入浴して居ない事や
たまに尿失禁がありお尻が爛れて居ることが分かり、
入浴ないしは清拭の身体介護をプランした。
2回/週、身体+生活=2時間のプランだ。
担当者もそれなら大丈夫ですよと請け負って呉れたので
非常に安心した。

お昼に帰社した坂憲ケアマネが「あぁあ、もう止めたいよ」と
ため息付きながら出て行ったので、
彼何で悩んでいるのと社員に聞いたら、

孫家族が同じマンションに住んでいる利用者に同居家族が居るために「生活援助」は打ち切りになる事を通告しなければならない事が辛いらしい。

孫家族がお祖母さんの家事をやってくれるかしらねぇ。
今や、日本の家族愛は水よりも薄いですからね。
それともお祖母さん大金持ちでお小遣いたっぷり呉れるかな、
くらいよね。

彼は件数が多いので他にも沢山あるだろう。
今まで掃除洗濯買物調理のどれかをヘルパーにやって
貰って楽だったのに来月からすべてダメになるんですものね。
ハイ、そうですかとは行かないよね。

私も思っているが、誰かが言った言葉です。
お金持ちのお宅に訪問すると腰痛で認定受けている奥様が
「ヘルパーは安くて良いわぁ」と喜んでいて
お手伝いさん代わりに広い家中をピカピカに掃除させられる事、
私だって腰痛あるし、介護保険だって払って居るのよねと。