[420] 還付成金 2007.3.19  17:52:04   
9/3/19(月)晴れ 富士山おぼろに見える


今日も又税務署に行きましたよ。
今日は完璧に資料を携えて行った
(しかし、私の医療費の領収書はもう無い)
そして大好きなパソコンルームへ、客は二人しかいなかった。

若いお兄さんが相手してくれて、
ちょちょいとソフトの指示に従い入力してokをクリックしたら、
なんと還付される税金は424,800円也と出た。

内訳はこうだ。

所 得 税:1,225,600円
市町村民税: 484,000円
都道府県民税:147,000円
  計  :1,856,600円
(後記:自営の小規模企業共済給付金から引かれた税金)
他に本日の申告により市町村民税、
都道府県民税も還付されるだろう。

先日の66,810+424,800+市町村民税+都道府県民税=いくらになるかなぁ。
楽しみだ、税金は払っておくもんですね。
(後記:66810円は私の所得税の還付、424800円は自営の所得税の還付)
ところでシニアの皆さんはパソコンはお手の物だと思いますが、
未だに手書きで申告書を書いている人は居ないでしょうね。
あんな細かくて難解な文章を読み下し、理解して書くなんて
そんな作業をするから確定申告書を書くのがいやになるんですよ。
パソコン入力だと数字さえ揃えておくと指示に従いちょちょいと
出来上がります。
苦痛より、楽しくさえあります。
お勧めします。


午後から、腰痛のお方宅訪問、
相変わらず、寝ころんでいて海老のように曲がっているが
いつまでもそんな格好をしていると本当に海老のようになりますよと脅かす。

入浴の用意をして入るまでの大変なこと、じゃあ入らない?
と聞くと気持ちいいから入りたいと言う、
起き上がりの介助をすると痛がる、
やっと膝行って行く。

老健(老人保健施設)の職員から会社宛に電話あり、
入所について。
福祉事務所の担当者が申し込んだらしい、
本人からは何も連絡受けていない。
まだ満床だが、手続きを進めてくれとの依頼、
またまた医者の医療情報が必要である。

①血液検査
②胸部レントゲン検査
③心電図
この3点が必要だそうで、最近通院している総合病院に電話したら
治療では無いから、すべて自費だそうだ。
ならばと2月に入院した病院に電話したら、入院中にこの3点の検査をして居るとの事なので、近いうちに書いてもらいに行く。
これも私の仕事。(後記:本来は福祉のワーカーの仕事かも)

今日、彼女のところに区の介護保険給付課から「給付費通知書」なるものが来ていた。
要するに例月より12月が異常に増えたことに対する不審からだと
思う。
「ついに来たか」

この件を口実に監査が入るのだろうか。
近いうちに福祉事務所の担当者に会って応援を頼むか、
私一人では背負いきれないよ。

その後、入院中の義母を見舞う。
昨日は兄嫁が長男を連れて見舞ってくれた。
長男を見てあなた俳優さんですかだって。
今日もおかしな事を言う。
もうそろそろでしょうか。