[299] 達成感 2006.10.1  17:27:27   
18/10/1 (日)曇り後雨

299_picture
皇居北の丸、田安門外のお堀の土手、
桜の季節には菜の花との対比が見事である
コンサートの写真撮ったが当然ながら良い物が無いので
朝一番に撮った好きな所を


昨日の日記

昨日は1万人コンサート山椒大夫「黄金の刻」出演(エッヘン)の日だ。
身の程知らずな事に首を突っ込んでネガティブな気分でいたが、
打ち上げに同じグループの方々とレストランでデイナーを頂き
打ち溶け合って話し合ったら、皆さん感激してよかった良かった、
又来年も頑張ろうという気分に変わった。

仲間にも勧められたが、やはりこれからもやるのであれば、
専門的に訓練しなければいけないような気分になった。
コーラスよりカラオケと思っていたが、考えてみよう。

帰宅途中電車で一緒だった、「里見浩太朗」役「山椒大夫」の唱声のバリトン歌手の「福島明也氏」と少しお話したが、その声に又惚れ惚れしたの。
やはり、声楽を基礎から訓練すると話し声も素敵になるのだなぁと、またまた実感した。

昨日は5時半に起床して8時には北の丸公園の武道館に集合した。
私など直通で20分で着いたが、バスが何十台も集合していて随分遠くから参集しているのだ。
私達のグループでも静岡県から5人ほど来ていた。

11時からリハーサル、3時開演、終演は6時であった。
合唱団は4,000人、、これだけ(女性が多い)集まるとトイレが大変、こういう時は男性はいいわねぇ。
つ か れ た。

この演目は以後数年は演じられると思うのでやはりもう少し頑張ってみようかな。
この達成感は病みつきになりそう。

内容、私はあまり演劇は見ないし、ものの見方が皮相的なので素直ではなく、
???であった。
物語に必然性が感じられないし、ワンパターンである。
焼印や失明や死亡が祈りによって元に戻ると言うのがねぇ、
子供だましのおとぎ話にしては仰々しすぎると思うの。
でも、まあ楽しかったから、いいっか。
深く考えないことにしようっと。

12月31日3時からNHKBS2で放映されます。
乞うご期待。

明日から、ケアマネの仕事で忙しくなる。
月曜日は「要支援」の利用者の介護認定に立ち会う、
出来たら「要介護」にして欲しい方である。
特記事項で認知症を強くアッピールして貰いたいと思っている。

その他私が一番苦手な、介護予防のケアプランを今週中に二人分
作成しなければならない。
まだ介護予防のパソコンソフトが導入されていないので
「A-3」の用紙に手書きで細かく細かく書き込まなくてはならないのだ。

あぁ~~、仕事辞めたい。
辞めてどうする。