[275]「国民大行進」北朝鮮に怒りの声を 2006.7.16  00:08:01  18/7/15 (土) 晴れ、午後小雨

275_picture
北朝鮮から全ての拉致被害者を奪還する!!おお~~
でも、土曜日だからひと気が無くて張り合いが無い
首相官邸前では立ち止まり一際大きく叫びました。


今日は生まれて始めての経験、街頭行進しながら
シュプレヒコールした。
今日は午後から小雨が降って気温を下げてくれてよかった。

平河町の砂防会館で「チャンネル桜」主催の全ての拉致被害者を
奪還する「国民大行進」に参加してきた。

650人参集したらしい、そんなに大きくも無いホールだけど通路までぎっしり、
男性が多かったが、参集した人達は私と同じような素人っぽい人達。

<基調講演> 佐藤勝巳氏(「救う会」全国協議会会長、現代コリア研究所所長)
<公開討論会>「日本よ今・・・闘論!倒論!討論!2006」

パネリスト
青木直人 (ジャーナリスト)
荒木和博 (特定失踪者問題調査会代表)
クライン孝子 (ノンフイクション作家)
佐藤勝巳 (上記)
佐藤守 (元航空自衛隊 南西航空混成団司令 空将)
増元照明 (「家族会」事務局長)
三輪和雄 (「正論の会」代表「日本世論の会」会長」
司会:水島聡 (日本文化チャンネル桜代表)

それぞれの方々の話はよく勉強されている方ばかりで聞き流すのは惜しかった。

皆さんの一致した見解は北は年内に崩壊する。
その時、東アジアの歴史はすっかり塗り替えられる。
私もこれからの動きを見逃さないようしようと思う。

北のミサイル発射は味方は貧打なのに相手のミスで満塁のチャンスを与えられたようなものだ、
後はこちらがうまく一発ホームランをかっ飛ばせば全て勝利する。

日本は敗戦後61年間戦争をしていないのでいまだに敗戦国だが、
この拉致問題はまさに戦争である、この戦争に勝てば初めて戦勝国になる。

今はまさに日本は中国、北、韓国にたいして絶好の有利な時、有効カードが切れる時、
しかし日本の外務省は「社交」は出来ても「外交」が出来ない。
外務省の機密費は100億もあるのだから、
そのうちのわずか1億でも有効に使えば北の内部から崩壊させる事が出来る。

今、北の平均月収は3,000ウオン位
対外的なウオンの価値は1ドル→3,000ウオン位しかないそうです
それも日に日に下がっているそうです。

拉致被害者がどこにいるか把握していない政府、
佐藤勝巳氏は政府高官に4年も前からその事を進言してるが、
機密で言えないのか本当に把握していないのか言わないそうだ、
私がルートを教えるから、機密費を使って探れと進言しているそうだ。
北が崩壊したその時拉致被害者が駆け込める友好国の大使館を確保しておくべきだ。

この事は後で演壇に立たれた横田滋さんもいい事を聞いた、
政府にお願いしようと仰った。

北の問題は全て中国問題である。中国も困惑しているはず。
ミサイル問題にはっきりした態度をしないのは自身の「台湾問題」があるから。
北のミサイルを非難したら、自身が台湾にミサイルを発射出来ない。

中国のODEを切れないのはこのプロジェクトの日本側の頭が
イトーヨーカドーの息子だから、そのことは誰も追求出来ない。
なぜならヨーカドー(セブンイレブンも傘下)の力は絶大で地上波のテレビでは話させてくれないそうです。
現に脅迫もされたそうです。
最近気が付いたんですが「デニーズ」も「セブンイレブン」の傘下に下ったようですね。

青木直人氏の話が特に印象に残りました。中国問題をよく研究なさっています。
地上波のテレビから多数出演依頼が来るそうですが、どうせ話は輪切りにされて自分の話したい事は放送してくれないので、主に「チャンネル桜」に出演されているそうです。

私は氏の日本を思う激情に感銘を受けて、退場なさった時追いかけて行き
「彼方の話にとても感銘を受けました、これからも注目したいので名刺を 頂きたい」とお願いし、
しばらくお話も聞きました。

興味のある方でしたら、今日の各氏の話は血沸き肉踊る話でした。
是非お聞かせしたかった。

横田滋さんはこまごました身辺の話を誠実に語り、
有本恵子さんのお父さんは、随分研究もなさりいろいろ動かれて
いるようですががっくりしているようでした。
日本の政治家は全て腐敗している、その中で安倍さんだけが信頼出来る政治家である。

第一次訪朝団の金丸さんに拉致問題をお願いし、帰国後5日目に伺ったら
拉致問題は出さなかった事が判明した時は死刑判決を受けたようだった、
福田氏にも死刑判決を受けた、

日本の政治家マスコミは本当に腐敗していると思うと、
高齢者特有の言葉がうまく出ない状態でお話しになる、
時々悲憤慷慨しぐっと詰まる、
横田さんも有本さんも弱弱しく、いたわしく感じました。
行進が終わって公園で解散した後、有本さんと話しながら表通りに出ましたが
これから東京駅まで行き帰宅なさるそうです。

早くお元気なうちに再会なさるといいですね。
心から、祈ります。
まだまだ沢山感銘を受けた話があるのですが今は思い出せないなぁ。
時間が経てば又思い出すだろう。
長くなったので今夜はこれで


[276] 首相官邸  2006.7.16  17:20:46   

276_picture
首相官邸の前ではとりわけ念入りに訴えました。
少し高段で聳えていました、前の広い道路にはひと気が無くて、
警備の警官が多数勤務していました。
この道を通るのは勇気がいりますね。
それとも通れない?

話は違いますが、
昨日は帰宅したら腹痛と発汗が酷くトイレで七転八倒しました。
食べたものは、ベーグルとコーヒーと牛乳と水だけなのに不思議でしたが、今日親友に話しましたらそれは軽い熱中症だそうです。
怖い。