おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

2021年09月

シニアナビ過去記事(710)「正念場」


 [710] 正念場 2008.9.30  22:35:43   
20/9/30(火)小雨

今朝、腰痛ちゃんが亡くなった。
76歳の生涯苦しみ多い人生だったと思う。
痴呆が有り、初期の頃は統合失調症と診断され
隣人との確執から大家さんに異常を発見されて
精神科に6ヶ月入院していたようだ。

私が初めて遭遇したときは「ゴミ部屋」の住人だった。

平成16年9月3日初回訪問、最初はヘルパーとして
「ゴミ退治隊隊長」として社員と3人で頭は姉さんかぶりで
タオルでマスクをして3日間ゴミ処理に玉の様な汗を流した
事が忘れがたい。

以来ず~~つとお付き合い。

介護福祉士の実技試験のモデルになって貰って訓練した事も
あったっけ。
ケアマネになってからは介護とケアマネと兼務で縁が続いた。

2年前の12月に何故か勝手に私の近くに越してきた。
その1ヶ月後に骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折で準寝たきりに
なったのだ。
それ以来私は彼女の人生を背負って今日まで来た。

実のところほっとしているよ。

もう楽になったでしょう。
あの世であの笑顔で楽しく暮らせるでしょう。
性格の良い彼女は介護者の誰にも好かれていた。
どこに(デイ等)行ってもすぐに友達が出来た。

介護が終わってお暇するときは必ず
「大変だったわね、有り難う」と言ってくれた。
どんなに認知が進んでも感謝する心は失われなかった。

今日は午後から福祉の担当者と親族との調整に費やした。
全て福祉でやって欲しいとの親族の気持ちを伝え
葬儀も部屋の撤収も福祉で手配してくれた。
その代わり私の預かっているお金で全てやることになった。
それは当然だと思うの。

最初の話ではお骨は引き取るが焼き場には立ち会わないと
言うことだったが、
夕方甥のお嫁さんから電話があり親族で立ち会うことにした
そうだ。
残念ながら私は予定があるし遠いので失礼させて貰う。
(後記:是非にとお誘いの電話がありましたが、決まりで行けませんと断ったが、決まりがあるわけではない、切りがないので行かないことにしている、それに香典は経費で出ないので自弁だ)
実は昨日病院からもう一両日の命だという知らせが有り、
甥と2人で最後のお別れをしてきたのだ。
もう思い残すことは無し。
今頃はあの世で両親、兄弟に会っているでしょう。


血尿で検査入院した方は膀胱ガンだそうだ。
被害妄想の奥様はますます認知が進みちょっとの記憶も失われて
いるようだ、
昨夜も雨降るなか外にいるのを隣家の方に発見されて
民生委員が駆けつける騒ぎ、

「主人が帰ってこないのよ」と心配していたそうだ。

もう本当に在宅は無理だわ。
でもこの奥様がとてもとても大変な方、
前任者は在宅支援センター(以前の名称)のケアマネだったが、
事例研究会で度々「困難事例」で取り上げていた方。

私がケアマネになったら、良く事情を知っている貴女が担当した方が良いでしょうと、引き渡された。

以来数々の苦労があったが、今年1月から甥を後見人に選任して
から、孤独の苦しみからは逃れたかな。
でも甥は年若いし、栃木だから大変です。
(この甥はとても面倒見のいい人で叔父さん夫婦を栃木の病院に引き取りました、だからその後消息不明、叔父さん夫婦が亡くなれば養子縁組しているので莫大な遺産が入りますよねと言ったら、今や奥さんの両親と独身だったおばさんが東京から引き揚げて来て遺産は貴男にあげるから私の老後も見てとお願いされたそうです、老後引き受け人ですねと話したことがあります、それもいいかと)

お金があるのだから老人ホームに入れば一番良いのだけど、
被害妄想の奥様がガンなの。
旦那様の「特養入所」も病気だから病院に入院させるのよと
「だまして入れる手筈だったの」
でも特養入所もパーになって仕舞ったわ。

あぁこんな困難事例は私の力量では無理でしょうか。

考え始めると「へなっ」となります。

旦那様がどうなるか判らないが近いうちに
「担当者会議」を開催して
皆様のお知恵を拝借して切り抜けよう。

今回は包括支援センターのセンター長と区役所の高齢者福祉課
あたりのお役人を呼ぶわ。




入院生活①


令和3年9月27日(月)晴れ

50%
いざ!

朝9時に息子が社用車で迎えに来てくれた。
手続きPCR検査等でやっと病室に入れたのは1時であった。
それまで息子もいてくれた、仕事中なのに悪かったな、
部屋は多床室(4人部屋)にしました。

近年3回入院しましたが、いつも個室にしました。
しかしこの病院の料金は今までの倍以上しますし、
私最近生活が非常に乱れていますので
9時30分消灯の規則正しい生活をしようと思うわけです。

目を休ませるためにどこか辺鄙な島か田舎に
逗留しようかと思っていましたから丁度よかった。
見舞い客も来ないし間食も出来ないので
私にとっては理想的な環境です。

4時に入浴の予約をしてくれていたが、
私は毎日風呂には入らないのでやめました。
なぜ毎日入らないかというと私は重度の老人性皮膚掻痒症なので
洗いすぎると知覚神経を刺激するし浴後に全身に痒み止めと
ホホバオイルを塗らなきゃなんないので面倒なんです。

今日も血液検査、心エコー、胸部レントゲン、心電図検査、
ホルター心電図検査をする、もう何回やっているだろうね。
スタッフみなさんとても感じがよくて親切です。
看護師さんがパソコンのWi-Fiをつないでくれました。

人懐こい私は看護師とも同室の方とも親しくお話ししました。
快適な入院生活が予想されます。

夕方娘が来て先生と三者面談で詳しく説明を聞いた。
何度聞いても頭には入らない、完全にぼけ老人だわ。
本当は息子が来てくれることになっていたが仕事で急遽こられなく
なったので丁度良かったわ。

DSC02659
窓から六本木ヒルズが見えます
DSC02658
窓際のベッドなので洗面所もすぐそばです
DSC02656
テレビの契約はしません、
冷蔵庫とランドリセットーと3点セットで1日880円、
冷蔵庫もランドリーもいらないのでもったいないでしょ。

DSC02657
早速書斎化
DSC02660
夕食 超薄味です


シニアナビ過去記事(709)「ルンバのお仕事」


 [709] ルンバのお仕事 2008.9.28  17:21:07   

709_picture
仕事中のルンバ、まず我が家は60平米ほどの2LDKです。

お掃除ロボットには多大の関心を頂きました。
使用感を述べよとのご要望が有りましたので、
二日間だけの経験ですが述べたいと思います。

画像が多いのでイザの方にお願いします。
http:// 3515.iza.ne.jp/ blog/ entry/ 734450/
(後記:イザは今や消滅している、したがって画像もありません)

画像に汚い物が張り付いていますので、
食事前の方はスルーして下さいね。

開放しているとあちこちにランダムに飛びますので
一部屋ずつ掃除して貰いました。

約1時間で自らホームベース(充電場所)に戻りました。

(16畳のリビングダイニング、6畳和室2室、廊下洗面所)

まず吸い込み口の手前にもんちの毛がこんなに引っかかって
います。
その下のダスト容器です。
その都度必ずゴミを捨てなければなりません。

 二日目は16畳のリビングダイニングだけして貰いましたが、
こんなに有りました。
掃除中は留守には出来ません、
いろんなトラブルで呼び出されます。
「ブラシに物が挟まりました、取り外して下さい」とか
「ブラシを掃除して下さい」とか命令が来ます。
仰せの通りしないと働きません。

掃除は順序良くやるのではなく。
壁にぶつかるとランダムに飛びますので見ていると
歯がゆくなります。

終わってからメガネで見ると角の方にゴミが有ります。
だから絶対ではありません。
神経質な人は無理でしょう。私はもともとお掃除が嫌いですから、   これだけゴミが取れたことに良しとします。
たまに気が向けば高機能掃除機でやりましょう。

維持費ですが内蔵充電器は一年くらいで交換しなければ
ならないようです、フイルターも3,4ヶ月で交換する。
バッテリー  :10,500円
フイルター  :3,150円(3枚)
メンテナンス :7,000円
高価な玩具にしないよう活用します。
又気がついたことを報告します。
(後記:内蔵充電器が1年しか持たないことは聞いていたんだわ)



いよいよ明日入院


令和3年9月26日(日)どんより

準備は数日前からやっていたから大丈夫だろう。
尤も国内にいるんだから欠けたものがあったとしても
どうってことは無い。
洗面基礎化粧品以外はすべてレンタルで済ます。

入院中は病院食だけで済ますつもりだ。
今夜も残したら勿体ないとばかりに無理して食べたら苦しくて、
夕方明るい中に散歩に出たら途中で小雨が降って来たので
引き返し、行かないつもりだったが食べ過ぎで苦しいので
行きました。
今日の歩数は5918歩
体重は57,3㌔ 体温36,3

DSC02630
今日のお昼、伊勢海老の味噌汁にうどんを入れて
DSC02636
今夜の夕食、赤飯、伊勢海老の味噌汁、ワカサギフライ
トマト、胡瓜漬け物
30%

DSC02640
DSC02642

植木鉢5鉢を廊下に出してお隣さんに水やりを頼みました
DSC02647





今さら拉致問題


上
 



プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ