おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

2021年05月

心筋梗塞から生還したママ


令和3年5月29日(土)晴

DSC09929

DSC09928
落ちるな、離さないぞ!と
DSC09930


今日は午前ヨガ教室
普段硬くなっている筋を延ばせて気持ちいい!
生徒が少ないのでもう少し増えるといいな。
皆さん如何ですか、京王新線初台駅2分です。

終わってからジャムハウスに同級生と行きました。
ママすっかり元気になって歓迎してくれました。
何もかも運が良くてスムースに運び命拾いしたそうです。
曜日も良くて時間も良くてよき主治医の迅速な対応の
お陰だそうです。
心筋梗塞でもう少しもたもたしていたら命無かったそうです。
DSC09922
同級生から頂きました、教室の生徒さんが手芸の先生でも
あるので習っている人がいます、同級生も習っているDSC09942
早速散歩に持っていく、うん良い調子!

ウインナパンとカレーパンとコーヒーを頂きお昼としました。

帰宅後、洗濯したり、アイロン掛けたり家事をしました。
夕食前に散歩に行く。
DSC09943
DSC09944
DSC09945

DSC09953
玄関に出ていたブツ 白い戸棚が2個とステンレス棚
棚をゲットする、
お隣さんが出品したので、やっぱりいらなかったらまた置けばいいよと言われる、
DSC09954
今夜の夕食、うどんと店屋物の卵焼き、トマト、サワー
今日の歩数は9224歩




シニアナビ過去記事(577)「インドインフラに投資する」(訂正あり)


 [577] インドインフラに投資する 2008.1.17  20:57:33   
20/1/17 (木)晴れ 寒気、寒風厳しい

577_picture
今日の富士


私はバブルの頃株式投資で多少遊んだ、
楽しんだと言ってもいいかな。
150万くらいの元金で3倍位までになっていて四季報見たり、
新聞、テレビの株式欄等もよく見ていて夫婦で楽しんだわ。
でもバブルが弾けて元の1/3位に戻ってからはさめてしまって
多忙もあり殆ど株式に興味を失っていた。

その後証券会社の呼びかけでお任せで何度か買ったけれど
ただの一度もいいことはなかった。
やはり自分で勉強しなければ駄目よね。

その後預金利息も無きも同然なので、多少の金を普通預金に入れたままにしていた。ところが最近、なんとなく1万でも2万でも利息を稼ごうかなと思い始めたところに、又証券会社からしきりに電話が掛かってくる。

久しくご無沙汰していたので出向いてみた。
担当者と話しているうちに塩漬けにしているのや端株を売って、
どこか途上国の投資信託を買ったらどうかと言う話に飛び乗った。

インド・インフラ(道路・電力・通信・運輸・石油ガス)に
投資する。
取り説や目論見書の類は読みたくないので話聞いただけだが、
なんかピンと来たので、即決で200万ほど投資する事にした。
さぁてお楽しみだわ。
(後記:大損して売却、仕組みをよく把握していなかった所為、
その他オリジン弁当が店頭公開するので、ぜひ買えとうるさいので買った、年1万円の株主優待食事券を楽しみにしていたのに10日程で10万の儲けが生じたので売れとうるさく言って来たので売ったら、その後右肩上がりで上がって二百万以上も儲け損なって眠れないほど悔しかった)





お隣さんは神様だ!


令和3年5月28日(金)晴れ富士山おぼろ

DSC09897

今日は一日家籠りして家事をこなす。
冬物衣類の手洗いできる物を洗う、片づける。
青梅ジャムを作った。

DSC09883
2㌔買う、今年は豊作かな、去年は梅もアンズも不作だった
DSC09888
弾ける一歩手前まで茹でる 熱いうちに裏ごしする
DSC09891
念入りに裏濾す 梅の重量から種と滓の重量を引いて
実の重量を出す、30%の砂糖では酸っぱいので40%にした
DSC09893
ひっきりなしにかき回さないと焦げる、3回鍋を取り替えました
DSC09894
酸っぱいけどパンにたっぷりつけて食べたら旨かった

夕食前に散歩に行く。
DSC09901


ドコモのルーターが配達されてきたので、
夜お隣さんが来てくれて繋げて呉れた。
今まで有線で繋いでいたが
今度は無線でネットをやることになった。
DSC09915
新しいルーター(左)は今までの半分位

昔無線でやっていた時、ブチブチ切れるので10メートルの線を
買って来て有線にしたんだけどね。
今は性能が向上したのかな。

私取説読むのが嫌いでこんな近代的なことは苦手なので
お隣さんが親切で本当に助かる。
カタカナ語が出てくるともう理解不能なんですよ。
DSC09913
料理するのが面倒なので散歩の帰りにすし買った
粗食也 ウイスキーに梅ジュース入れて飲む
今日の歩数は4807歩
DSC09906
西北の空が茜色に染まって ビルが輝く
DSC09908
DSC09909





シニアナビ過去記事(576)「介護支援専門員専門研修(専門1課程)」


 [576] 介護支援専門員専門研修(専門1課程) 2008.1.16 23:40:46 20/1/16(水)晴れ

今日は何時もより早く起きて上記の研修を6時間受けた。
ケアマネ必須の研修で私はこれで2回目だ。
5回受けなければならない。

去年は基礎研修、今年は専門研修、
去年の研修の講師陣は酷かったが今年はどうだろうか。
あんまり酷かったので去年は都庁に行ってクレームつけてきた。

午前中は
①『介護保険制度論』
②『ケアマネジメントとそれを担う介護支援専門員の倫理』

午後から
 『ケマネジメントのプロセスとその基本的考え方』

午前の講師は区部の地域包括支援センターのセンター長が講義したがそのメリハリの無い話に居眠りが出て困った。
いかにも素人を引っ張りだしてきたような講師だったが
去年の嫌味な人物よりはましといったところかな。

午後はいかにも介護の世界のプロと言った中年の女性で口説もよく
実際的で役に立つ講義であった。

受講料も去年は5,000円だったが今年は16,000円であった。
介護業界も色々と周辺にビジネスが発生(寄生?)していると
思う。
介護サービス情報開示のビジネスとか研修専門の財団とか。

そして
介護業界に対する締め付け、面倒な書類の作成など、
ケアマネも事業所も実際利用者に向き合うより書類作成に追われる煩雑さ、それでいて低い報酬。

これではいくら制度を作っても働く人はいなくなるだろう。
東京都にはケアマネの資格保持者は33,000人いるが実際に稼動しているケアマネは9,000人だそうだ。
そして現場ではヘルパー不足、いくら募集をしても電話1本掛かって
こないらしい。

いまや介護業界も老老介護の状態だそうです。
若いヘルパーがいないので年寄りばかりでどっちが介護される人か
する人かわからぬ笑い話のような話もある。
どちらも難聴でかみ合わぬ会話をしている現場を目撃したそうです。

私も人の事は言えないな。



ゼロ戦体験者の聞き取り話


令和3年5月27日(木)海軍記念日 雨

今日は午後2時に補聴器の店に行く、
最近敏感に音を拾いうるさく感じていたので調整をお願いした、
やはり左の器具の合わせ目が少し隙間が出来ていた、
これは経年変化だろうな、

一応修理することになり預けて来た、
代車ではないが替りの器具を借りてきました。
私の物より数年新しいので具合が良いみたい。


その後京王に行って買い物をする、
私の必要な物を売っている店舗は休業中かもと
危惧していたらやっていた、しかし店内はガラガラです、
少し早いけど夕食を兼ねて食事をしたが、
3時頃だけど客は私一人だった。
何をか言わん!
DSC09825
穴子の柳川丼、1452円
IMG_20210506_0001
DSC09881
DSC09832
神立尚紀氏
DSC09879
DSC09873
最高齢でいまだ健在の104歳の方の誕生会
DSC09833
このゼロ機が最初に飛び立った機だそうです


アルカディア市ヶ谷で開催される講演会に参集しました。
講師はカメラマンですが、阪神淡路大震災の頃仕事の過酷さに
体を壊し、仕事を辞めて他の事をしようと思いついたのは
ゼロ戦体験者の話を聞いて記録に残すことだったのです。

26年程前だったのでまだ体験者は語れるほど
元気な方々が多かったそうです。
300名位逢ったそうです。
ゼロ戦体験にも時代によって明と暗があり、
マスコミに登場して喋る方達は大体ひどい目に遭った方々が
多いそうです。
今現在最高齢者が大正4年生まれ(私の母も)の104歳だそうです。
語り尽くせない話が一杯あるそうです。
主催者が又機会を設けると言って居ました。
書籍も数冊あるそうです。

私も戦争体験者の話を聞きたい方ですが、
私が聞いた少数の方々は終戦時20歳前で戦歴は低い方で
ひどい目に遭った方が多いと思いますが、
私が感じたことはこの方々は自分の体験ではなくて戦後教育の中で得た知識を語っているように感じました。
だから自虐史観を語られます。

本当に中枢にいた方々は黙して語らない方が多かったと思う。
何しろ戦犯扱いですからね、黙するしかなかったでしょうね。
歴史としては惜しいですね。

今日の歩数は4461歩





プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ