令和4年5月25日(水)晴れ


004
009
体操終わってから嚥下体操しているグループ


今日は旧交を温める筈だったが、お助けばあさんになりました。
むか~しカメラ教室に行っている時に仲間が大勢出来ました。
多士済々で面白い人達ばかりでかなり永年交流を続けていました。

その中の一人、おっとりした1歳年上のAさんとは割と個別に
付き合いました。
Aさん語録、彼女は小さな業界紙の経理で働いていました。
「定年って本当に有難い制度だわ、私やっと定年の岸にたどり着いた安堵感があるわ、まだ働けと言われてももう働けない」

定年後はやたらと海外旅行に行きました。
私など仕事に追われて金銭のゆとりもないので年末に行ければ
御の字でした。
「貴女、どれほどお金を持っているの、どれほどあればそんなに海外旅行にいけるのよ」
「私元気で活動出来るのは70歳までだと思うの、それ以後は持ち家も持っているし、年金で細々暮らせると思うのよ」
思い切りがいいです。

でも70過ぎてもまだ海外旅行は行っていたそうです。
しかしその後母親を引き取り102歳で亡くなるまでは旅行に行けませんでした、兄弟は沢山いるのに全て彼女にお任せだったようです。

そんな彼女とは近年年賀状のやり取り位で年に1回位電話で消息を
尋ねる位でしたがその時は必ず、近いうちに逢おうよと
言いました。
でも最近はそのうちはもう無いんだと思い至りました。
だから最近は手帳片手にじゃいつの日がいいと急かせます。

そんなわけで今日日野在住の彼女と高幡不動駅改札で
12時に待ち合わせました。
京王線で八王子方面行に乗れば乗り換えなしで楽でした、
でも橋本行の急行に乗りました。
調布で乗り換えなければならないのについ居眠りして気がついたら橋本近くまで来ていました。

彼女の携帯番号は知りませんので遅れる事を知らせる事も
出来ません、
付き合っていた頃はそんなの持ってませんでしたからね。
慌てて調布に戻り高幡不動駅に着いたのは12時35分でした。

10年単位の数年ぶりなんだから30分位は待っててくれると
踏んでいましたが、居ませんでした。

私は家を出たからには目的を達しないでおめおめ戻るなんてことは致しません。それから彼女の家電に何度も電話しました。
彼女の家電は留守電機能がないのです。
やっと7回目に通じましたよ。
思わず伝言板を探しましたよ、今は昭和か!

彼女は30分待って帰ったそうです。
又駅まで来ると言いましたが、
私がタクシーでそっちに行くと言いましたよ。
福祉タクシー券がありますからね、ところが新宿区発行のタクシ-券は日野市では使えませんでした。
2300円也

でもまあ久しぶりで逢えてお互い話は沸騰しました。
それで昔は私のブログを読んでいたけどパソコン買い換えてから
見られないと言うのでどれどれと見てあげましたよ。
この私が!!

でも初期設定しなければならない状態でした、彼女私がリケジョと 思ってるらしくてお任せされましたがちんぷんかんぷんです。
ビックカメラで買った時にここに電話すれば指導しますとラベルが張ってあるけど全然繋がらないので詐欺だと言います。

私が電話したら繋がりましたけど、二人とも本当にぼけ老人だと
自覚しましたが電話では埒があきません。
それで「ねぇ、あんたお金のゆとりはあるの」と聞きましたら
「お金は十分あるよ」と言いますので、じゃお金を払って訪問して貰った方がいいよとアドバイスしたら彼女承知しましたので
早速連絡して明日来てくれることになりました。
約1万程掛かる様でした。

彼女は未婚で一人暮らしなので周りに頼りになる人が
いないのです。
それですっかり頼りにされてこれからもちょくちょく来てよと
懇願されましたよ。
彼女は脊柱管狭窄症でいつも腰、膝が痛いそうですが、
今日は私と話しているとなぜか忘れて痛くないそうです。

今日は私も立派なぼけ老人であることを実感した一日でした。

015
お昼、お腹空いたので駅でパンを買って行きましたが、
彼女鮨を注文していました、ご馳走様
027
今夜の夕食、パンとミルクコーヒー、ビール
022

古い絹のブラウスを4枚手洗いしてアイロン掛けました、
買った頃はブラウスはズボン、スカートの中に入れるのが常識でしたのでお腹が出っ張ってからは着られなくなりましたけど、
今は着方が自由なのでだらしなく出して着ます。

今日の歩数は8110歩