[631] 認定調査員 2008.5.1  23:51:40   
20/5/1(木)晴れ

631_picture
昨日習った事が目から鱗であった、
今まではボールで捏ねていたが、今回は調理台(人工大理石)の
上で捏ねたし、発酵も乾燥を防ぐ為にラップをしていたが、
教室で買った「セラミックボール」に湯を入れて
先生曰く「発酵室の環境を整えた」
焼く時も油は塗らずクッキングシートを敷いた


月曜日に我が社の定例のケアマネ会議があった。
今回の講師はいつもの系列の社長ではなくて去年ケアマネの
資格を取った後輩(後記:元女優)が務めた。

議題は認定調査に付いて経験にもとずく話。

我が社の本拠地の区は認定調査を民間には委託していないので
去年まで1件も認定調査をしたケアマネは居なかったが、
後輩が積極的な女性で居住する隣接区の研修を受けて会社に
対して隣接区の委託を受けるよう要請したのだ。

今年始めに他の隣接区からも受託するか否かの文書が来たので
受託する旨回答していたら、かなりの頻度で調査依頼が来る様だ。
研修を受けて居るのは彼女だけなので2月から22件程こなした
ようだ。

それで全ケアマネが都の認定調査員研修を受けて本格的に受託することになり、この度の会議で経験者として資料等も揃えて実際的な話をしてくれた。

主任ケアマネからやりたい人は申し出て下さいと申し渡された。

私もせっかくケアマネになったからには経験しようとは思うのだ。
でもね、私も今まで認定調査には何度か立ち会っているがどうもね、私には似合わないと思うのよ。

まずあの子供に話し掛けるような優しげな物言い、
あれが苦手なの、私はどんな認知の方でもどんなに人格が壊れた
方にも普通の話し方でしか接しない。
それしか出来ないのだ。つまり猫なで声では話せない。
もしそれが求められるのなら私は無理に違う人格を演じるわけだ。

でも系列の社長が言っていたが、
「認定調査は面白いよ、いろんな人生を覗くことが出来て、一件落着、後を引かないから良いんだ」と、
たしかにね、

しかしその報酬の安さはどうよ、
会社に4,200円入り、私達契約社員には2,000円の報酬なの、
交通費、通信費込みでね、我が社は搾取する会社ではないので
これが標準かも知れない。

1件の調査で約40分位かけて、帰社してから書く特記事項が
大変らしい、狭い行間に利用者の特別な事情を簡潔に書くことが
難しいのだ。
利用者、家族の願いを込めてね。
(後記:当時特記事項は黒鉛筆で書いて何度も推敲して後、ボールペンで書き直した、大分後になってパソコンで入力出来る書式が普及しました)
認定調査員に求められる資質は
【保険、医療、福祉に関しての専門的な知識を有している者がなる事が望まれます】

【認定調査員は、自ら調査した結果について、介護認定審査会から要請があった場合には、再調査の実施や、照会に対する回答、介護認定審査会に出席、審査対象者の状況等にかんする意見等を求められる事があります】

それで2,000円ねぇ、


今日は始めて人様に上げるベーグルを焼いた。
得意にしている恵比寿のレストランのマダムから
いつも私にもベーグル下さいよ、言われていたので、
午後から1㎏焼いて途中の代官山あたりまで届けに行った。

昨日習った事を取り入れてやったら、まぁまぁの出来であった。
賄いにするそうだ。
その道のプロ集団の皆さんの評価は如何かしら。
いつもは大きさも適当にちぎっていたが、
今日は100グラムずつ計った。
今後ますますうまくなれば望む方にはお分けしようと思うのだ。