令和3年7月11日(日)曇り後雷雨

IMG_20210711_0001



私はブログでよく娘の事を書くので、
皆さんに親孝行な子供で良かったねとしょっちゅう言われます。
あんまり言われるのでひょっとして私は子育て成功者として
人に語れるのではないかと勘違いしたりします。
しかし私の弱点は学識が無いので学術的な講釈は出来ない
ことです。

本当に私は子育て成功者であろうか、
それには当事者である子供に聞くのが一番と思われますが、
さすがに私の子育てはどうだったかと直接聞くのは憚られます。

最近書類を整理していたら表記の文書が出てきました。
大分昔の事ですから現在はどう思っているか判りませんが、
娘が母を肯定している文書で嬉しくなりました。

この文書の背景を述べると複雑になりますので簡略に述べます。
平成15年9月頃リフォームしました。
その時にお願いした大工さんと意気投合して
義姉弟の契りを結びました。

そして完成時にはオープンルームをしたり
同じマンションの知り合いを紹介してフルリフォームしました。
その為のチラシを2000枚も我が家のプリンターで刷ってあげて
近隣のマンションに投函したり、
その後そのチラシを見た方が4件ほど依頼されたんです。


紹介したその方はとてももてなし上手で職人さん達に毎日午前午後高級な茶菓子で接待したり至れり尽くせりする方でした。
一方私は働いていたしそんなことが大嫌いで始めに職人さんの接待は出来ないのでお金で払いますと言いました。
でもベランダに冷蔵庫を置いていましたので飲料はいつも満杯にして置き遠慮なく飲んでくださいと言っておきました。

だから皆さんはその方が好きなようでした。
そして其の家が完成した時に近所のスナックで打上げをされましたが、正式に招待されませんでした、多分施主が設定した宴で
食い違いがったのかもしれません。

その時に私が僻んでいたことに対して娘が同調してくれて
大工さんに心境を書いたものです。