おてんば85歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

平成17年(2005)元旦から令和2年(2020)7月14日までは ケアマネ日記を書いていましたので興味のある方はご覧ください。 これからは余生の日々を綴ります。 過去記事 「83歳いまだ現役!日々録」http://blog.livedoor.jp/monnti3515/

短期記憶が保てない

令和2年10月4日(日)晴れ

今日は手洗い洗濯と扇風機3台を清掃して終おうと思った。
それぞれ記憶しながら分解して洗って外で乾かして、さて元通りにしようとしたら、どっちがどっちかわからなくなった、短期記憶が怪しいのです。

取説は無いし、もう放置しようかと思ったが、
何とか頑張って直しました。
部品にメーカー名をつけといてくれたらいいのにね、
日本メーカーだけど製造は支那製なので無理か!
一気に出来ないので2台だけで半日かかりました。
まだレトロと洗面所の小型が残っている。
DSC04452
真中のは義母の遺産の63年前のレトロ扇風機です。
それについて過去に書いてゐます。

DSC04455
手洗洗濯

まだまだこれから衣類の入れ替えもあります。
これが難問題です、夏服で今年全然出しもしなかったのが
沢山あります。
さてどうしましょうかね。

DSC04456

夕方近く散歩に出る。
まずオペラシティの本屋で月刊「Hanada」11月号を買ってから
新宿中央公園に向かう。
永久保存版と銘打つ大変読み応えのある雑誌です。
ありがとう!安倍晋三総理と言う特集です。
IMG_20201004_0001

少し早いけど今夜はここで夕食とする。
少しパラパラと最初から終わりまでページをめくりました。
ほとんどの保守系論客が書いてゐます。
ぼちぼち読みましょう。

DSC04466
DSC04468
フアフアオムライス、フアフアパンケーキ付
ワインと一緒で1,650円也
量が多すぎ!
DSC04459
DSC04465
DSC04461
オッ!大型犬
DSC04469
住宅街で
今日の歩数5292歩3,7㌔

シニアナビ過去記事(288)「麻布十番納涼祭り」


[288] 麻布十番納涼祭り 2006.8.20  00:01:39   
18/8/19(土)晴れ 酷暑


288_picture
過疎地にお住まいの方々、こんな稠密な人込みを想像出来ますか。


テレビで「麻布十番納涼祭り」の開催を何度も放映しているのを
見ていたら急に思い立って行きたくなった。
娘は去年友達と行っているので行こうよと誘ったら、
「ぇっ私がママと行くわけ」と嘘でしょうと言った返事。

でも、一緒に行ってくれた。

まぁ、驚いたわ。
その人の多い事に、人塊の流れが滔々と流れている濁流のようであった。あっという間に流されて連れとはぐれそうになる。

「麻布十番納涼祭り」と言っても、
神事などの祭りがあるわけではなく、
ただただ、屋台、屋台、屋台、人、人、人だけである。
屋台で買った食べ物、飲み物などを只ひたすら
食べ歩きするだけだ。
イベントはある、
神楽踊り、助六太鼓、和製マイケルジャクソンショウ、
おかまショウ(きれいなおねぇさん方だった)、

我が商店街にある、お不動さんの祭りなど、それは寂しい屋台商売だけど、ここの、屋台商売の繁盛振りは「寅さん」だって目をむくだろう。

私も近年開通した「大江戸線」で楽に行けたが、大江戸線が開通してから人出も増えたようだ。

しかしどうして、一地域にこんなに人を集めることが出来るのだろうか。
私もテレビで触発されたが、多分費用を掛けてメディアを利用しているのだろうな。
(後記:電通などの広告会社を使っているんだろう
多分、
地球的には今夜の麻布十番地域は数十センチは地盤が
沈下しているだろうな。

私的には、
去年の今頃は体調不良でヒ~ヒ~言っていたので、
人の集まる所や行列する所は苦手だったのに行こうと思った
私に驚いている。

最近は、いつの間にか鼻歌が出て居る、
いつも演歌だけど、朝から寝るまで同じフレーズの歌だ。
気分が良い、精神が高揚している。
まだ「さんごママ、貴女は偉い」とまでは行かないが、
少しずつ自信が出ているようだ。

私も、心身の健康には意を尽くしているしな、
お金も沢山つぎ込んでいるしな。

話は、変わりますが昨夜会社主催の「暑気払い」会があった。
我が社は高齢者が、元気でさえあれば働ける素敵な会社だ。
話に聞いていた最高齢者にお逢いした。

なんと、昭和6年生まれの元気なお方だ。
75歳のホームヘルパーだ。



大型犬はブームが去ったのか

令和2年10月3日(土)どんより晴れ


今日もぐずぐずした一日を過ごす、
今日やりたかったことはおしゃれ着の手洗いと
扇風機の清掃だった。
でも両方ともやれてない。

そうだ昼間のうちにNSビルの曼殊沙華をみよう。

DSC04415
NSビルの曼殊沙華 後ろは都庁第二庁舎
DSC04419
少し盛りを過ぎていたけど、今年も見られて満足だ

近所のスーパーにない品を中央公園北の高層マンション下にある
スーパーで買おうと思いついた。

曼殊沙華をみて買い物をしてから公園内の飲食店でアイスコーヒーを買ってテラスでしばらく休みました。
この飲食店が出来てからその前の芝生がとてもにぎわっています。
家族連れや犬連れが沢山集っています。

そこで気がついたんですが、連れている犬がすべて小型犬ばかりなんです。
昔、さんご、もんちをこの公園で遊ばせていた頃は中、大型犬が大半でした。
当時はラブラドルレトリバー全盛時代で大型犬の全種類が居たように思います。
しかし今日見たのはほとんど洋犬の小型愛玩犬ばかりです。
1匹だけ豆しばが居ましたね。
一時シベリアンハスキーが人気でしたがすぐに飼い難さにすたれた様でした。
今の世相はどんな影響で小型犬になってしまったんでしょうか。

テラスでしばらくぼ~っと眺めていましたが、落ち着くんですね。
それでいいことを思いつきました。
私読みたい本を沢山積読しているんですが、うちにいるとパソコンを弄ったり、溜っている新聞を読んだりでなかなか読書が出来ません。
一番読めるのは待ち時間です。
ですから散歩のときに本を持参して読書しようと思う。
DSC04430
コーヒー一杯でのんびり過ごす
DSC04426
家族連れが茣蓙を敷いて憩っている、いいな!
DSC04413
子供連れで密集していますよ
DSC04439
DSC04443
これは大きい方
20180227144230-owid0[1]
259186889[1]
大型犬よ何処に 昔、ここにいる全犬種を見かけました。

DSC04433
見覚えのあるウイグル人のシャツを着たグループが
車座になっていましたが、ここでウィグル人の反中デモがあったそうですね。
DSC04436
DSC04438
池に亀が沢山います、防空壕の中に何匹もうごめいていた
DSC04446
しばらくぶりに花を買う、遅いけどすすきが入っていたのでね
DSC04409
今日のお昼 芋と野菜ジュース
DSC04449
今夜の夕食、サーモンの刺身と白玉葱、胡瓜、トマト、大葉添え
全部完食、くく苦しい!
DSC04412
今日はカートを持って行った



叔父さんの死に至る様子を伝えるネットで拾った記事


叔父さんの死に至る様子を伝えるネットで拾った記事

1942年8月、日本軍はナウル島、オーシャン島を占領し、
海軍第67警備隊として前者に4000名、
後者に500名の守備隊を置いた。

1944年から連合軍の封鎖により衰弱死するものが増えたが、
1945年初めまでは何とか現地栽培の南瓜、椰子の樹液で持ち堪えていた。

1945年9月、豪州軍第一軍が両島を再占領することになり、ファウロ群島の常設収容所完成まで、ブーゲンビル島トロキナの仮収容所に捕虜を移送することにした。

9月20日、ナウルからの日本兵約2000名はトロキナで下船し、
仮収容所までの10mile(16km)を徒歩で移動、翌日には同じく、1250名が到着し、徒歩で移動。

但し、彼らは栄養失調と赤痢などの疾病で弱っていた上、
行軍に不慣れな者ばかりであり、
その上、気温は摂氏35~38度もあった.

しかも、各列の後尾には、豪州の警備兵が付いていて、
行軍速度を緩めることを許さず、水も殆ど与えられずにいた。
このため,恐らく50名前後が熱射病で死亡しており、
その上、護衛(!)の豪州兵に時計、万年筆を奪われたものも居た。

例えば、河が流れているのを見つけた先頭集団が「水だ!」と叫ぶと、豪州軍将校等は足で水をかき回して泥水にした上、銃で威嚇して一滴の水も飲ませなかった、とか。

最後のナウルからの700名、オーシャン島からの513名は10月8日に到着。
この組も、12名が死亡している(豪州警備隊第9大隊部隊日誌)

ちなみに、豪州軍第二軍団から発せられた命令は、第一隊の移送はトラックで行なう事になっていたが、翌日には歩行に変更され、
第一隊の惨状があったにも関わらず、
第二隊も同じ方式で行なわれた。

更に、悲劇は続く。
ナウル、オーシャン両島には、マラリア菌は無かったため、
免疫力は無く、抗マラリア薬のアテブリン、キニーネ等の予防薬剤は携行していなかった。

10月末に、常設収容所に移送された際、
この地は既にマラリアが猖獗を極め、しかも,、
一緒に収容されたのがマラリアに感染していたが、
免疫力を持っていた、ブーゲンビルの守備隊であり、
ナウル、オーシャン両島守備隊の生残りは多数感染している。

で、だ。
このマラリアが猖獗を極めた地で、さぞかし、連合軍の将兵は慈愛に満ちた懸命なる看護やら、抗マラリア薬を支給して、
彼らを死の淵から救う…わきゃない。

彼らはそれを持っていたにも関わらず、支給していない。
ものが無かったからではなく、支給しなかった訳。

その結果、豪州陸軍司令部医務局長の報告書に依れば、
 「799名の日本軍捕虜たちは、医療班と共に1945年10月30日と31日に、マラリアのないナウルから、ファウロへと送り込まれた。

トロキナの仮収容所に暫く居てからの移動であった.
最初のマラリア患者は、11月8日に発生、殆ど全員が感染し、
4週間で530名が発病。

ファウロ移動から35日後の12月5日には、212件の死亡(死亡率26.5%)が確認されている」

この報告は4400名のうちの799名だけの数字で尚かつ、
12月5日までの死亡報告であって、豪州軍第七大隊の部隊日誌には、12月9日までの一週間で164名の死亡、12月最終週でも46名が記録されている。
ナウル守備隊で600名以上がこれによって死亡、
オーシャン島守備隊は2ヶ月で78名が死亡している。


この手記はおじさんが67警備隊所属だったことを知ってからネットで検索して見つけたものです。

叔父さんは赤道直下のナウル島にいたものと思っていましたが、
67警備隊はナウル・オーシャンを警備していたので
どちらか不明です。
私はまだ詳細を極めていません。
それを成し遂げるまでは元気でいたい。
朝雄叔父さんの軍歴

朝雄叔父靖国
叔父靖国神社ご祭神
朝雄靖国
義父靖国神社ご祭神
マライタ島
この地図は平尾軍医の戦跡を辿った地図です。
平尾軍医は戦後、第一生命の重役をされていた方で
村田春樹さんが尊敬しているかたです。

ピエズ島

ピエズ島地図

参考書籍
「ソロモン軍医戦記」平尾正治著
「ソロモン戦記」福山孝之著
「ソロモン収容所」大槻巌著(元海軍第67警備隊)


IMG_20201003_0002
IMG_20201003_0003
IMG_20201003_0001





茗荷は便通に効く!!

令和2年10月3日(土)どんより晴れ

myouga_2[1]

私は自慢じゃないが通じには苦労している。
今は楽にではないが何とか努力して通じています。

昨日、一昨日茗荷料理を食べました。
今朝、朝食後自然な感じでお呼びがあり、駆け付けましたら、
するすると出るじゃないですか。
普段は努力して出しているのです。
そしてそれを見てみたら、なんと茗荷がそのままの形でありました。
全然消化してなくて長い腸をぐるぐると掃除しながら通り抜けてきたんだなと感無量でした。

調べてみたら確かに茗荷は便通に良いとあります。
ただ東京では普通2本で298なんて値段がしますのでそうそう便通に効くほどは食べられないのが難ですが、豊富に手に入る方はお試し下さい。

過去記事
茗荷
myouga 3

myuga




シニアナビ過去記事(287)「ピース島はいずこに」

[287] ピース島はいずこに 2006.8.14  22:45:14   
18/8/14(月)酷暑

287_picture
今年も元気に参拝出来ました。


今日は娘と「靖国神社」と「千鳥が淵戦没者墓苑」に
手を合わせて来ました。

午後3時までの仕事を終わってから渋谷から半蔵門線で15分で
九段下に到着した。
東京は本当に交通が便利だなぁ。

4時に大鳥居の前で娘と待ち合わせ。
大型バスが参道までぎっしり停車して、皆さん遠くから参拝に来ているんだなと感心した。
報道陣もなにやら期待しているような待機の仕方であるが、
今日は穏やかである、若い人も沢山いて、この所の騒ぎのお陰で
今まで気にもしていなかった人々も関心を持つようになったのだろう。

実は私もそう。

私の血縁では只一人父の弟の朝雄叔父さんが戦死(餓死)しているし、旦那の父親がニューギニアで戦死している。

父の兄弟は3人共体格はがっちりしていて兵隊には一番先に取られそうだが、
父は当時の基幹産業の炭鉱で採鉱技師をしていたので免れ、
次の弟は生まれつき首が斜頚で免れ、一番下の叔父さんだけが
海軍に行った。

海軍兵曹長(いまや死語ですね変換しません)であった。

朝雄叔父さんは家族みんなの希望の星、自慢の息子、自慢の兄弟であった。
当時誰でも貧しい頃、兄弟の多い家に生まれたが性格もよく
頭も良かったので、町で町長の息子とたった二人だけ
旧制の中学に行った。
当時は我が母校武雄中学はまだ無かったので遠い小城中学に行った。

叔父さんの写真が仏間に飾ってあって毎日目にしていたが、
日本人離れのしたきりりとしたいい男であった。
私は洋画の好きなませた少女だったので、
当時胸躍らせたハリウッド俳優の「ロバート・ミッチャム」に
そっくりだなと思っていた。

叔父さんは終戦まで、戦死の公報が来なかったので、
無事に帰って来るだろうと家族は期待して毎日待っていた。
我が家は山の斜面にある町の上の方だったので、
毎日のように復員兵や海外からの帰国者が登ってきた。

ある時、父が郵便配達人とすれ違った、何故か胸騒ぎがして急いで引き返した。
やはり叔父さんの死を知らせる手紙だった。

叔父さんは戦死ではなく「ピース島」と言う小さな島で餓死したそうだ。
(後記:その後ピエズ島と判明した)
父は嘆いた「日本に居たならば餓死だけはさせないのに」と
そして母に大急ぎで「銀シャリ」を炊かせて大盛りのご飯を仏前に供えた。


叔父さんの「骨箱」にはお骨は無く、
「新品のハンカチと新円切り替えの証紙が張ってある郵便貯金通帳」だけであった。

新円切り替えの事は私は「根掘り葉掘り質問魔」だったので
子供ながらよく理解していた。

昭和19年に小学校に入学した時、当時国民の義務とて
母が私名義の貯金通帳を作ってくれて、毎月確か5の付く数字「5銭か50銭か」の貯金をしてくれた。

私より一回り年上の師匠に聞いたら当時50銭はかなり値打ちがあったそうなので5銭ではなかろうかと、思う。

そして戦後(昭和21年2月)「新円切り替え」をした。
子供心に叔父さんは新円切り替えをするまで生きていたのだと思った。
周りの大人に聞くことはせず、一人納得していた。

でもず~っと後になって、あれは本人がしたのではなく、日本で所属の機関が通帳を預かっていて、やったのだろうと理解した。

それ以来私は折に触れ「ピース島」はどこにと思い出す。
叔父さんの餓死した島はどこにあるのだろう。
調べて判れば意地でも尋ねてみようと思う。

調べよう、調べようと思いながら、日々の生活に流され未だ果たさずに居る。
今年こそ調べます。靖国神社の霊前で誓ってきましたから。

(後記:追画像)

2014_0423_001606-父と叔父①50% - コピー - コピー (2)
父左(陸軍)と朝雄叔父さん(海軍)
遺骨は収集されていません。ピース島の密林の中でしょう。
戦後女の人が消息を訪ねてきたと伯母さんが言っていました。



10月2日



令和2年10月2日(金)どんより

今日は午前パソコン教室
今日はハガキ作成
はがき③はがき編_page-0001
今日作成したハガキ、私の技で楽勝だった

帰宅後粗食を食べてから、
DSC04364
今日のお昼 チーズと蜂蜜を塗って、
パンが厚切りだったので腹に堪えた。

さあ!掃除しようと張り切らなかったけど
のろのろと取り掛かった。
掃除機掛けが大変、汗はかくし腰背中は痛くなるしで、
何度も休憩しながらやるので半日かかる。
本当に年取ると掃除が一番大変な作業である、
それこそヘルパーさんに来てもらいたい位だ、
しかし私は死ぬまで介護保険のお世話にはならないと思う。

夕食の支度しているときに娘が来たのであれこれ話し込む、
夕食食べるのも疲れます。
DSC04365
JAL機です
DSC04369
今夜の夕食、昨日の残り

腹ごなしに散歩に出る。
今日もいつものコース、このコースが一番気楽だ。
今日の歩数は5415歩3,6㌔
DSC04352
昨日の十五夜お月さんなんだけど、三脚立て夜中の1時半頃まで頑張って何枚も撮ったけど、ただ白い真ん丸の月しか撮れなかった。
カメラの設定が出来ないのでオートで撮るから運が良ければ兎さんが撮れる。
DSC04374
新宿NSビルの曼殊沙華 丁度盛り、昼間見たかったな
DSC04380
ピンクリボンライトアップは10月1日だけではないのね
DSC04381
DSC04397
新宿中央公園から
DSC04400
今夜も沢山、芝生で懇親しています
私も寒くならないうちにやりますよ!


頑張れ日本 「草莽崛起」講演会


「草莽崛起」緊急講演会のご案内

明日3日(土)、馬渕睦夫氏を講師としてお招きし、
「草莽崛起」 緊急講演会を開催いたします。

9月30日で締切させていただきましたが、
若干お席に余裕があります。
まだお申し込みされていない方は
お早めにお申し込みください。

また、10日(土)の講演会につきましてもお申込受付中です。
より多くの皆様にご参加いただきたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------

10.3「草莽崛起」緊急講演会 — これからの日本の未来を語る —

日   時:令和2年10月3日(土)13時30分開場 14時00分〜16時30分
会   場:四谷区民ホール 四谷区民センター9階
    東京都新宿区内藤町87番地)
    https://shinjuku.hall-info.jp/yotsuya/access.html 
交   通:地下鉄:東京メトロ丸ノ内線 「新宿御苑前」
            2番出口(大木戸門)より徒歩5分
            都バス:品97 新宿駅西口〜品川車庫「新宿一丁目」下車
内   容:第一部  講演会
         講師:馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
     質疑応答
     第二部  講話 水島総(国守衆全国評議会議長・
     頑張れ日本全国行動委員会幹事長)
       本間奈々(国守衆北海道代表)
受講料:1,000円
お申込:MAIL info@kunimorishu.jp ※事前予約
主   催:国守衆 全国評議会
      頑張れ日本!全国行動委員会
お問合せ:MAIL info@kunimorishu.jp

----------------------------------------------------------------

10.10「草莽崛起」緊急講演会 — これからの日本の未来を語る —

日  時:令和2年10月10日(土)
             13時30分開場 14時00分〜16時30分
会  場:星陵会館ホール
     (東京都千代田区永田町2-16-2)
     https://www.seiryokai.org/kaikan/map.html
交  通:東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 
             永田町駅 6番出口より徒歩3分
     東京メトロ千代田線 国会議事堂前駅 5番出口より徒歩5分
     東京メトロ南北線 溜池山王駅 5番出口より徒歩5分
     東京メトロ銀座線 丸の内線赤坂見附駅
             11番出口より徒歩7分
内  容:第一部 講演会
     講師:林千勝(戦史研究家)
     質疑応答
     第二部 講話 水島総(国守衆全国評議会議長・
                         頑張れ日本全国行動委員会幹事長)
              本間奈々(国守衆北海道代表)
受講料: 1,000円
お申込: MAIL info@kunimorishu.jp ※事前予約(10/7締切)
主  催:国守衆 全国評議会
     頑張れ日本!全国行動委員会
お問合せ:MAIL info@kunimorishu.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《お願い》

この度の集会・講演会につきましては、感染症対策として
入場者の制限がございますので、必ず事前にお申込ください。

また、ご参加の際には、必ずマスクの着用をお願いいたします。
発熱等体調不良の方はご来場をお控えください。
ビデオ・カメラ・携帯電話等での撮影・録音はご遠慮ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
頑張れ日本!全国行動委員会・本部事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
TEL 03-5468-9222 / FAX 03-6419-3826
MAIL info@ganbare-nippon.net
web http://www.ganbare-nippon.net/



長机欲しい人いませんか


パソコン教室で処分すると言う長机があります。
新品同様で重くて重厚です。
私欲しいのですが、さすがに置くところがありません。
どなたか欲しい人いませんか。
受付用に使っていたらしい。

DSC04363
150×60 重量不明、中間の仕切りは29+29です。


 

シニアナビ過去記事(286)「贈り物」

[286] 贈り物  2006.8.6  22:42:30   
18/8/6(日)猛暑

286_picture
贈られてきた抹茶椀

昨日も今日も猛暑、酷暑 焼かれてしまいそうだ。
こんな日の真昼間に日傘も差さずに出歩く男性はお気の毒。
私は日傘が無くては出歩けない。
日傘はありがたい。

最近、武雄から抹茶椀が5個も贈られて来た。

6月10日に赤坂プリンスホテルで高校の同窓会があったが、
その時、恩師招待で出席なさった恩師が出席者全員に自分で
焼いた焼き物を下さった。

出席が決まってから、数ヶ月掛けて焼かれたそうだ。

昭和44年に高校(旧制中学)の先輩の芳志で陶芸窯を設置してから、
生徒達、又先生方にも陶芸同好会が結成され、
高校の裏山(駱駝の形をした御船山)にちなんで

「御船焼・武陵窯」と銘打ち、

(後記:武陵会(同窓会)
武陵讃歌(応援歌)
御船山下に秋きたり
紺碧の空雲もなく
歓呼の声は地にみちて
若き血潮は躍る
武高 武高 おお武高
何しろ有田焼やその他の窯元の子弟が沢山在籍していますからね、
指導者には事欠かなかったそうで爾来盛況を極めたそうです。

その恩師も爾来作陶三昧の日々だそうです。
個展をしたり、教え子の中には焼き物商社の二代目等が居て
先生に「抹茶椀」100個注文などしてくれたり、
武雄は焼き物が趣味の方には天国のような所らしいです。

同窓会の二次会でその恩師の隣に座った幸運でこの度の贈り物と
なったわけです。

実は私、抹茶など嗜みません。

この椀を見たとき、私はこれで丼物を盛ろうと考えたんですが、
娘は「これは「納豆」をこくのにいいわね」ですって。

でも、これを機会に抹茶を嗜むことにします。


イザブログ
「古老は語る」
過去記事です、ぜひご覧ください。
blog_import_524fab4b3534d[1]
御船山
ご覧くださりありがとうございます。




産経新聞は読みどころ満載



IMG_20201001_0002


 IMG_20201001_0004




満月とピンクリボン


令和2年10月1日(木) 曇り後晴れ

DSC04278
化粧もそこそこに飛び出した、帰りは買い物


今日は午前11時に補聴器の店に予約がしてあった。
なんと10時に目が覚めて驚いた。
白湯だけ飲んで朝食なしで飛び出しました。

最近寝付きが悪くてあんまり寝られないと起きて
パソコン覗いたり新聞読んだりする。
どうせ勤労者じゃないんだからね、睡眠アプリを飲むほどではないと思うのね、

今日は補聴器は清掃と部品取替えだけだった。

帰りに歩いて帰ろうかと思ったが、お腹空いていたので
大急ぎで帰宅しました。

ところで我が家は最近汚れ放題です。
老眼でもはっきり見える汚れと散らかり放題の物の数々、
今日こそは掃除しようと毎日思うんだけど出来ない。

でも今日こそは絶対にやろうと思っていた、
掃除機かけるには散らかり放題の脱ぎ捨てた服や出したままの
あらゆる物を元の位置に戻さなければならない。
今日はベランダの掃除は水を流してやりました。
そして服も所定の場所に仕舞いました。
物も元の場所に戻しました。
そこで終わり、息切れしました。

明日は掃除機かけとモップで床を拭きます。
ところで家事で一番疲れるのは掃除機かけですね。
汗ビッショリかきます。
ことほど左様に掃除が一番苦手です。
私が金持ちばあさんだったら毎週プロにやって貰うのにね~

夕食後散歩にでました。
今夜は満月なんですね、都庁のライトアップはピンクでした。
乳がんの知識啓発活動の一環として毎年行われている「ピンクリボン」ライトアップが10月1日に開催され、今年も各地のランドマークをピンク色に染めた。
今日の歩数5323歩3,6㌔

DSC04297
DSC04298
DSC04302

DSC04301
広場芝生ではゴザを敷いて団らんしています、
いいな~私もゴザ敷いて団らんしたいな~
DSC04325
DSC04306
肉眼では兎さんがよく見えるんだけどね、
西の方に傾いたらうちのベランダから三脚立てて撮ってみる
DSC04334
都庁第二庁舎
DSC04328
オッ!ヒガンバナが咲いている
DSC04331
真っ暗なんだけどカメラは写す
DSC04288
今夜の夕食 鰤の塩焼き、茗荷とベーコンの炒め、
茗荷と茄子の味噌汁、トマト、ブランデー
茗荷が一山安く売っていると必ずこれをやります。
味付けは唐辛子、塩、胡椒、醤油少々、調味料
これをご飯に乗っけて食べると超旨い!



「空の神兵」奥本さんの話を聞きましょう




何かと忙しい日々を送っています。
先日、松田学政策研究所の番組に出演させて頂きました。
最近、注目されているチャンネルです。
ご視聴下さい。

是非、シェアお願いします。
今回は「空の神兵」でしたが次回は「出光佐三」を話します。
出光の回でも視聴数が増やしたいので拡散をお願いします。

https://youtu.be/3QJPijw4-8M
---------------------------------------------------
 一般社団法人 空の神兵慰霊顕彰碑護持会
 代表理事 奥本 康大(オクモト コウダイ)
 〒299-0127
 千葉県市原市桜台3丁目25-39
 TEL:0436-63-5872
 携帯:090-1037-8754
 E-Mail:k.okumoto.0715@nifty.comhttps://youtu.be/3QJPijw4-8M




キャノンプリンターは優れもの


IMG_20200930_0001

先日この新聞記事をスキャンしようとしたら、この機は壊れているので修理してくださいと表示が出ました。直前まで滞りなく出来たのに何度繰り返してもダメなので諦めました。
もう数十年使っているので寿命かと諦めました。

昔ヨドバシでここにあるプリンターで一番高い機はどれですかと問うて買いました。
その前の機が息子が買って来てくれたのですが、慣れないせいもあるのかもしれませせんが、しょっちゅう不具合になり、メーカーに電話していました。

それで一番高い奴だったらどうだと思ったわけです。
当時プリンターは1万円台からあり、どうしてこんなに安いのだろうとおもいました。
多分インクで儲けを取っているんだろうと思いました。

一番高かったキャノンです。
5万以上したと思いますが、爾来ただの一度も故障したことはありません。
しかしいくら何でも経年変化で不具合にもなるだろう、酷使しているし、明日メーカーに電話しようと諦め、それでも未練たらしく、コードを抜いておきました。

なんと今朝コードを差し込み電源を入れたら蘇りました。
DSC04283

その他、これも十年以上ソニーのデジカメを愛用していますが、とても良い写真が撮れます。
只落下させてバッテリー入口の蓋の留め金が取れて蓋が閉まりませんので修理に出しましたら、
19,800円もするので修理は止めてゴムで留めて使っています。
これもデジカメとしては高かった5万以上しました。
F1000075
携帯で撮りましたので、不鮮明です

今まで新しもの好きの息子から6,7台のカメラを払い下げられましたが、たいてい数年で自然に壊れました。

ところで私はソニー株を200株一番高い時に買いました。
最近株価は見ませんがまだ半値くらいだと思います。
もう買った値段まで上がることは無いのでしょうかね。
良い製品作っているのよね。

頑張れ日本メーカー!!



講演会


第100回 「木魚の会」(ディープ・ステートから、吾が国の「皇室と國體」を護持する不特定の有志の勉強会)(百回記念講演会)のご案内を申し上げます。

日 時 : 令和2年10月27日(火)17:35~19:25
会 場 : 高田の馬場の「戸塚地域センター」5階 「会議室 1・2」   (初の参加者には、会場へのアクセスをお知らせいたします)
研修会 : 17:35~19:25

冒頭挨拶:福地 惇氏 (当会主宰) 
記念講演:「〈悪の国際化〉に如何に対処すべきか」同上   
 質疑応答・意見開陳:聴講者・講師
(司会:小川幹事 ・記録 :中村幹事)
会 費 :1,000円(学生 無料)
懇親会 : 今回、祝賀の懇親会を開催するが否かは検討中です。                         
お申込み : 当記念講演・懇親会へのご参加のお申し込みは、
「記念講演会のみ」か、「記念講演会・懇親会にも」かを明記の上、
10月23日(金)までに、

受付の小川幹事( <mailto:ogawa1123@kdr.biglobe.ne.jp> ogawa1123@kdr.biglobe.ne.jp or FAX 03-6380-4547)まで
お申し越し下さい。 
また、聴講者は、マスク着用をお願いいたします。

 「皇統(父系男系)を守る国民連合の会」の運動への
ご賛同・ご協賛のお願い

当会も 「正統な皇統(父系男系)の護持」 のため、「女系天皇の出現」は、 即 「正統な皇統の断絶」を意味するものであり、
それに繋がる 「女性宮家創設案」 等にも断固反対し、
GHQの被占領下に皇籍 離脱を強要された 「旧宮家の皇籍復帰等」の実現を念願するものであり、その悲願を同じくする「皇統(父系男系)を守る国民連合の会」(守る会)の運動に全面的にご協力し、
その諸活動に賛同・協賛して参ります。

而して「守る会」  が  「つくる会東京支部」  との共催で、
11月15日(日)午後1時から、文京シビックホールで開催を予定する第2回目の講演会(創立一周年記念)に全面的に協力しており、
お一人でも多くの皆様のご参加(ご聴講)をご期待いたします。





シニアナビ過去記事(285)「フォローアップ研修」


[285] フォローアップ研修  2006.8.5  23:48:22   
18/8/5(土)猛暑

285_picture
今日の北半球を燃やした夕日


先週の土曜日(7/29)に「東京都介護支援専門員研究協議会」主催の「フォローアップ研修」を受講した。

この研修は去年合格し、実務研修を終了した新人を対象にしているが、私もこの1年さまざまな研修を受けて、混乱しているので初心に戻ってこの1年の経験を踏まえてもう一度勉強してみようと心新たに受講した。

「介護サービス計画(ケアプラン)作成の基本的考え方」

講師は武蔵野大学教授 佐藤信人氏(元厚生労働省 介護支援専門官)
会場は「晴海アイランド トリトンスクエア」「第一生命ホール」
参加費 3000円(参加人数 約500人)

私達、ケアマネは煩雑な書類作成に難渋している。
こんな難解な法令を作った厚生労働省の役人を呪っている。
こんな難解な作業が無ければ人間(利用者)にもっと接触して
良い仕事が出来ると思う。

でも、たくさんの識者が参集して知恵を絞った結果だろうから、
唯諾々と従うしか無いのだろうと諦めていた。

ところが!!!!
この「冴えないおじさん」がたった一人で作ったそうである。
司会者が彼は「ケアマネの父」「居宅介護支援の生みの父」
そして「シャンソン歌手」と紹介した。
赤坂で歌っているそうだ。最後に1曲お願いしますと司会者がお願いしたが辞退なさった。

ケアマネは利用者毎に
①基本情報
②課題分析(アセスメント)
③第1表 (居宅サービス計画書(1)
④第2表 (居宅サービス計画書(2)
⑤第3表 (週間サービス計画表)
⑥第4表 (サービス担当者会議の要点)
⑦第5表 (サービス担当者に対する照会(依頼)内容)
⑧第6表 (居宅介護支援経過)
⑨第7表 (サービス利用票(兼居宅サービス計画)
⑩第8表 (サービス利用票別表)
⑪第9表 (サービス提供票)
⑫第10表(サービス提供票別票)
の書類を作成しなければならない。

そして私は始めて聞いたが、1,2,3表は利用者に渡すものだそうだ。
私は利用者に見てもらって印鑑を押印して貰いケアマネが保管すると聞いていた。
1,2,3表は少なくとも長期目標の3ヶ月毎(後記:6か月?)に作成しなければならない。
毎月7,8表は利用者に渡しているが、それさえも利用者は見ていないし要らないと言う人が多い。

1,2,3表を利用者に渡すって事は真実は書けないって事だ。
佐藤氏も本音は6表に書いて下さいだと。
それどう言う事、意味無いじゃん。

その他にもまだまだあるが、今のところ私達(非常勤)はやっていない書類作成がある。

多分まじめに取り組めば、一日の大半はパソコンの前でデスクワークしなければならないだろう。

ケアマネはその他に利用者の要望、変化で直ちに駆けつけなければならない。
主治医や他事業者や役所に連絡したり雑用も種々発生する。
私は新人なので、一つ一つ丁寧に応対しているので、10件しか持っていないが多忙でいつも追われている。

ケアマネ(私)にとって何が困難かと言えば多分「第2表」と「第4表」だろう。
介護される老人は介護されても今日より明日が状態がよくなるとは思えない、
じょじょに弱っていくんだと思う。

それなのに、
援助目標を長期(3ヶ月~6ヶ月)短期(1ヶ月)(後記:3か月?)と定めなければならない。
それを3ヶ月毎ないし変化のある毎にアセスメント(課題分析)し
モニタリング(サービス継続中のアセスメント)しなければならない。
単なる、目標ではどうしていけないのだろうか。

そして極めつけの困難は「第4表」のサービス担当者会議だ。
利用者に関わる関係者に参集してもらっていかに援助するか会議するのだ。
一人の介護老人の為に忙しく働いている人達に参集して貰って会議を開く。
利用者に変化がある度に開催して介護計画を変更しなければならない。
しかも、参集しても日当も交通費も出ない。

関係者の中には主治医もいる、日本中でこの会議に参加してくれる
医師が何人いるでしょうか。
出席出来ない時は「第5表」に理由を書いて貰わなければならない。

99%不可能な事をなぜ法令化して我々ケアマネを苦しめるのだろうか。
これはきっと机上の計画に違いないと思っていた。
我々は厚労省の役人は現場の事を何も知らないのだ、
現場の声も取り入れるべきだと思っていた。

然るに彼はこの法案は全て自分一人で作ったと言う。
「私はこの表はこれこれ、こう思って作りました」と1表1表の説明をした。
複数の話は一切無かった。

彼は「私は現場もよく知っています」と言った。

私は底辺の人間なので、中央省庁は雲の上の事で何もわからないが、国民にとって大事な法案は識者を集めて衆智を極めるものとばかり思っていたが、たった一人の冴えないおっさんが「しこしこ」と作るんだ。
それが国の隅々まで多大な影響を及ぼすのだ。

因みに、彼の学歴は
「東洋大学大学院社会学研究科博士課程前期終了」
「中部学院大学大学院人間福祉学研究科博士課程後期修了」

現在は退官して「武蔵野大学現代社会学部教授」
そして自分の造った居宅介護支援の仕組みを教授して、
休みにはこうして講演しているわけね。

あなたのおかげで全国のケアマネがやる気を失っていますよ。

10時40分から午後4時までの講義で受講する方も疲れたが
先生もお疲れのようで、最後の方は時間切れで端折って終わったが、
彼、弱気になってこんな事を仰った。

「私の考え方に批判勢力がある」
「私の考え方が絶対正しいとは思っていません、でも良い所もちっとはあると思っています」そうです。

この4月に改正された介護保険、問題大有りで、
底辺で働く人達の事が少しも考慮されていません。

仕事はあってもヘルパーやる人が居ません。
多分ケアマネやる人もますます少なくなるでしょう。
ケアマネ制度も破壊されるような気がしております。
この件についてもいつか考察してみるつもりです。

私は、まだまだヒヨコで目先の事しか判らず、
他の介護職の方々の意識もわからないですが、
大いなる矛盾を感じています。



告別式


令和2年9月30日(水)快晴

DSC04264
ご冥福をお祈りいたします。
DSC04262


今日は朝早く起きて町屋の町屋斎場で開催された
「崔三然」先生の告別式に参りました。
崔先生は村田さんが一番尊敬している方で「そよ風」でも講演会に何度か出られました。
去年12月16日にも病を押して出演なさいました。
日本の教育を受けたことが誇りで、現今の韓国の有様に恥じ入っておられました。

その動画は現今の韓国情勢では発表は危険だと言うことで封印しておりましたが、そのうち時期が来たら発表したいと思います。
コロナ禍ではありますが、多数の方が参列されてしめやかに厳かに執り行われました。

収骨後の精進落としは遠慮して同志と引き揚げて駅傍の食事処で会食しました。

DSC04270
メニュー一杯の混んでいる食事所
DSC04271
国産「うな重」を頂きました、
DSC04256
まだ9月ですから夏服でいいかなと着て行きましたが、
少々寒かった、明日から合服ですね
DSC04265
お骨の焼きあがる間に場内で



シニアナビ過去記事(284)「合同練習会」


[284] 合同練習会  2006.7.31   23:07:27   
18/7/31(月)晴れ 微風ありすごしやすい

今日は一日とても忙しかった。

例のご夫婦宅に「訪問看護」を導入する事になり、
ご夫婦それぞれの主治医から指示書を取り寄せ
手続きのためにまず会社に寄り、包括支援センターに行き、
又会社に寄り、それから他の利用者宅を訪問し、

お昼はみどり深い神社で「おむすびとポカリスエット」で済ました。
分刻みだったのでのんびりレストランで食べてる時間が無かったのだ。

午後からヘルパーの仕事と全て歩いて仕事した。
住宅地で交通手段が無いせいもあるが、
坂道が多い地区なので自転車も楽ではないのだ。
郊外なら車だろうが、ここ都会ではありえない。
だから、田舎の女性より我々都会の女性はよく歩く、
その中でも私は特に歩く。

大分前の事ですが、高校の同窓会が京都であり、各地から参集したが田舎の女性がいかにも老婆のように見えたので、そのことが話題になった。

結論は我々都会の女性はよく歩く、田舎の女性は自分達で言っていたが庭先の車までしか歩かない、その違いだろうと落ちがついた。

午後の仕事が3時に終わり、又会社に寄り、少し雑務をやり、
5時から、例の東電の1万人コンサートの合同練習に参加して来た。
大井町の「きゅりあん」品川区立総合区民会館の大ホール
変な名前の区民施設だ、大井町駅前の「丸井」やスーパーやその他諸々の商業施設と同居しているビルの8階にある。
これは区か「丸井」かどちらがオーナーであろうか。

大井町は始めて行ったが、駅前はモダンな大都会でビックリした。
私はほとんど新宿か渋谷で過ごしているので侮っていたのだ。
「りんかい線」なんて便利な直通線があり新宿まで18分だった。

練習会は東電の営業地域の24ヶ所で今日から始まり東京は2回ある。
立派な会場を借り切り、指導者は1流の方ばかりで今日のふくよかな
女性の先生は2度目だけど、教え上手でこんな先生に習ったら楽しいだろうなと思う。
伴奏の女性もソプラノからテノールまで歌いこなしながら
コーラスの相方を務める器用な方だ、
「歌うピアニスト」と言われているそうだ
東電はこの企画にどれほどのお金を使っているのだろうか。
莫大だろうな。

家で一度だけ練習してみたが、低い声さえ出ず、自信喪失
今の内、止めようかなと何度も逡巡していたが、途中で投げ出すのは私の主義に反するので、やはり頑張ってみる。

明日も一日忙しい。



マリヤ、チョロ、さんご、もんち達には魂を助けられた


IMG_20200929_0001
DSC04251
左から「チョロ」「マリヤ」「さんご老若」さんごともんち

 IMG_20200929_0003



ドライアイ


令和2年9月29日(火)晴れ

DSC04243


ここんとこず~っと目の具合が悪くて難渋していました。
白内障の手術したクリニックは卒業して、以前のクリニックに行かなければならなかったけど、どうも行く気にならなかった。
ここのクリニックは開業当初はとても親切で良い先生だと思って患者も紹介したりしていましたが、
繁盛するようになってからぶっきらぼうで不親切だと感じるようになっていました。
どこか他に言い先生はいないかな~と思っていましたが、なかなかいないのです。

でも白内障の手術する時掛かり付けの医者の紹介状が居るので書いてもらったし、その経過報告も届けてあるので一度は行かなければならないと思う。

多分眼球の外の症状であるドライアイの所為だとは思っていましたが、やはりすごく傷ついていると言われました。
眼がめちゃめちゃして痛みもあるし霞んで見えづらいのです。
朝から寝るまで起きている間はパソコンか新聞か本を読んでいるので自業自得だとは思っています。

検査の結果はやはり眼球の外の問題で中は異常ないそうです。
私の身体髪膚は本当に頑丈に出来ています。
ご先祖様のお陰です。
隣駅のクリニックまで歩いて往復しました。
今日の歩数は4305歩3,2㌔
DSC04245
今夜の夕食、親子丼、トマト、ネギと里芋の味噌汁、きぬかつぎ
先日の「塩糖水」に漬け込んで冷凍していた鶏肉を処理する為に



講演会のお知らせ



講演会のお知らせ

3be19c25dd7c853829e3a153ebe6bbd5[1]

日時:10月25日 日曜日 午後6時から
場所:天文館ビジョンホール4階(鹿児島市東千石町13-3)
講師:鈴木信行先生(葛飾区議会議員・日本国民党代表)、
   市来徹夫先生(鹿児島二政会会長)

会費:2000円
主催:薩摩志士の会

おお!鈴木さん随分遠くまで出張るのね!頑張って!

みえる景色


①西方


西方②

西方の写真を2枚繋ぎ合わせてここに掲載しようとしたら
容量オーバーで掲載出来ませんでした。
上をカットしたらできました。
別にどう~ってこともないお遊びです。
本当はこの2枚を更につなぎ合わせたかったんですけどね。



シニアナビ過去記事(279~283)「カオハガンキルト」


[279] カオハガンキルト① 2006.7.29  23:52:03   
18/7/29 (土)うす曇(一日中缶詰になって研修を受けていたので分からない)

279_picture
我が家のカオハガンキルト、オランゴ環礁の海の魚達
どんなに小さな魚にも丁寧に目が縫いつけてある。ボニィの作品



2月にカオハガン島に行った時注文していたカオハガンキルトがやっと到着。

カオハガンキルトは島の所有者、崎山氏のパートナー
吉川順子さんが島に住むようになってから島民に指導していまや、島の収入の30%を稼ぐ地場産業に育った。

順子さんは日本にいた時キルトスクールの校長だった。
順子さんが来る前の島の収入は、
① 島の宿泊施設の従業員、
② 島の村長、議員、小学校の先生(わずか2名ほど)などの公務員
③ アイランドホッピングで島に来た観光客に売るみやげ物売り、
④ 零細漁業で稼ぐわずかな収入、
フイリッピン一の貧しい島だった。

最初は子供に教えていたのが大人もやるようになり、
それが日本から来た観光客に良い土産として売れるようになり、
それまではおしゃべりで過ごしていた日常をキルト作りで過ごすようになった。今では男性もやる。

日本人には格安だがフイリッピン人には高価な作品なのだ。
セブのデパートで展示即売した時、いかにも金持ちそうなご婦人が
欲しくてたまらないが、高いと言って買えなかったそうです。

だから、順子さんが日本で精力的に展示会などに参加して売り込んでいる。
フイリッピンでは通用しない日本人あってのいびつな産業なのだ。
それが順子さんの憂いでもあるのだ。
何とか島民だけでやっていける体制にしたいようだ。

お値段は
ダブルサイズ(210×210)26,000円
シングルサイズ(210×150)18,000円
ストーリーキルト(100×80)6,000円

我が家のはシングルサイズだが、とても広い。
居間に敷いたらパァ~ッと明るくなった。
寝転んでテレビを見ると気持ちいいもんだ。

注文してから半年程掛かるが代金は前払いしておく。
出来上がると、その時帰国する客に頼んで成田で宅配便(着払い)で送ってもらう。
私達もメッセンジャーをやった。
[280] カオハガンキルト②  2006.7.30   00:50:00   

280_picture
居間に広げたら「さんご」が早速寝転ぶ、
「もんち」は頓着しない、
やはり「さんご」は生後4ヶ月過ごしたカオハガンの匂いを覚えているのだろうか。
「さんご」の夜中の様子。
[281] カオハガンキルト③  2006.7.30   00:57:01   

281_picture
島のいたるところでキルト作業をしているが、やはり島民の家は狭い、去年、キルトの売り上げから拠出したお金で「キルトの家」が造られた。
島民は風通しの良い涼しい家で気ままにキルト作りに励む。

[282] カオハガンキルト④ 2006.7.30  00:59:35   

282_picture
数ヶ月掛けて出来上がるので、やはり汚れている。
出来上がると洗う。

[283] カオハガンキルト⑤    2006.7.30   01:09:06   

283_eruninn
人気作家エルニン、
彼は元々大工だった、崎山さんが母屋を建築した時、作業員として島に来て島の女性と恋に落ち、結婚して島に住むようになった。
そしてトゥバ(椰子酒)作りで生計を立てていたが、
いち早くキルト作りに目をつけて今や流行作家である。
やはり彼は芸術家である、その作品は素晴らしいそうで、
彼に作ってもらうには数年の辛抱がいるらしい、そうだ私も頼んでみようかな。
おかげで、島の住民は椰子酒を飲めなくなった。

(後記:その後、訪問した時にもう一枚買いました、
過去記事
掃除が出来ないお年頃になりました
73b988c0-s[1]
2枚目、現在居間に敷いています。

清話政策研究会との懇親の集い


令和2年9月28日(月)晴れ

清話会 安倍晋三元首相、菅首相挨拶令和2年9月28日
DSC04205
DSC04210
DSC04214
DSC04217
DSC04218
DSC04223
DSC04225
DSC04227
政治家も皆さん小粒で頼りないですね、個性がありません。
DSC04198
東京プリンスホテル
昔、赤プリ、品プリと愛称していたプリンスホテルは
今はどうなっているのでしょうか、
DSC04230

DSC04202
DSC04197
十年以上前に息子に貰った5万円で買ってドレス
DSC04187
爪の手入れをして行きました。
DSC04184
午前中プルマンを焼きました、出来としては95%位かな、
一個はまあまあですが、片方はもう少し発酵したほうがよかったかも

今日は東京プリンスホテルで開催された清話会のパーテイに同志と参加しました。
例年は御馳走が沢山いただけたので楽しみに参加しましたが、時節柄とは言え、飲食は提供されませんでした。

会費は2万円です。
篤志家が沢山買って同志に配って頂けるので只で参加できますが、わざわざ行って政治家の挨拶だけではつまらないです。
今日のパーテイは政治資金集めだとおもいますが、9月13日の日経に政治資金パーテイの終始決算の記事が掲載されていましたが、
その記事見つからないのでここに書けませんが利益率はとても良いとあったような気がします、

今夜のパーテイはまさにコスパがいいでしょうね、尤も三密を避けるために部屋を12室も用意されたそうです。
私達は第二会場でしたがかなり広い部屋でした。
DSC04237
ホテルの引き出物袋に入って居た物は、 
乾杯用のビールと水と1000円のクオカードでした。

第三会場にいた村田さんから電話があり、始まって2分したら出ようと指令が来ました。
有楽町の高架下の焼き鳥屋で懇親しました。
話題沸騰して愉快な懇親でした。
DSC04236

DSC04174
DSC04233




シニアナビ過去記事(278)「市原悦子さん」


[278] 市原悦子さん  2006.7.23  01:12:37   
18/7/22(日)曇り 数日間梅雨空、肌寒い
278_picture
16輪目のうらなり君、葉影でけなげに咲きました

私、市原悦子さんが好きだ、同年代だし親近感を持っている。
最近、最新のドラマを観たが、芸能人必須の顔をいじってないのね。年相応と言うか顔の弛みが増えていて驚いた。

「家政婦は見た」「バスガイドの愛子さん」役等好きだったなぁ。
私が家政婦まがいのヘルパーに躊躇なく入れたのも彼女のおかげかな。

私も好奇心旺盛だから他所のお宅を覗けるのは彼女に負けずに面白い。天職だと思えた。
役柄とは言え彼女が演じると「そうそう、そうなのよ」って同感する。

この度のドラマでも1個の卵で3人がご飯を食べる場面で私と同じ事を言っていた。
今でも卵かけご飯を食べる時「私の子供の頃はねぇって、、、」娘に言うの。

子供の頃、卵かけご飯はご馳走だったし、大好きだった。
卵は貴重だったので1個を2人で食べる事が多かった。
「よーーく」混ぜないと不公平になるので、
このドラマの悦子さんのセリフ同様必死で混ぜたもんだ。

それから又、家政婦の秋子さんが、2階の窓で歌う演歌にも共感する。

♪ひとーりで 生きてくなんて でーきなーい~~と♪

♪あすのこと~さえ~~ わかりわ~~しないー チャラ~らん♪
なぁ~んてね。

秋子さんや悦子さんが私とおんなじ苦労をしたとは思われないが、
私の40代後半は悲惨だった。

「不信と経済苦」

でも私は子育が一番大事な正念場だったので、投げ出すわけには行かずぐっと我慢して下手な演歌をカラオケでがなり散らして耐えていた。

毎日歌った、息子の大事な高校受験勉強に差支えるほどに。
息子が言った「俺が落ちたら、ママのせいだからな」って。
(後記:当時ホームパーテイ出来るように高級カラオケ機器を設置していたのでやけっぱちの大音量でがなり近隣に迷惑かけていたと思う)
隣家の大学の先生にお礼を言われた(皮肉かな)
先生はカラオケの持ち歌が一つしかなくて、馬鹿の一つ覚えを歌おうとしたら仲間にたまには違う歌を歌えよと言われ、

「じゃお隣の奥さんに習った歌を歌います」と言って、
♪捨てられても 捨てられても あなたがすーきよ~~♪とやったら
「お前に似合わない歌を知ってるな」と好評だったそうだ。

インテリを自認する女性は演歌を嫌うが音痴の私は演歌しか
歌えないが演歌にはどれほど慰められた事だろう。
だから役柄とはいえ演歌を歌う悦子さんが好きなんだ。

50代前後頃かなぁ。
私はよく市原悦子に似ていると言われた。
それまでは「家政婦」も観なかったし、市原悦子ってあまり興味なかった。
でもあまりにもちょくちょく言われるので気にしだしたんだ。
ある時など、公園で友人と話していたら、若者がつかつかと来て、
「貴女は市原悦子に似ていると言われませんか」と言うの。

娘に今日も言われたよと言ったら、
「市原悦子に似ていると言われて嬉しいの」と馬鹿にした言い草。
「うん、うれしい」
美人じゃないからって、馬鹿にするんじゃないよ、
筋は忘れたが銀座のママをやった時の悦子さんは絶品の女っぷりだったんだから。

だから、いまから年相応の婆役などやらないで、
人並みにフエースリフトも少々やって色香のある役をやって下さいよ。
でも自然のままに年取るんならお付き合いしましょうかね。

ところが、最近はとんと言われなくなった。
いつあたりから私と悦子さんは路線が離れたのだろうか。

影響されやすい私は悦子さんがドラマで着ていた藍色のワンピースに紺のベストのスタイルが気に入ったのでおんなじ格好してみたくなった。

昨日、京王デパートで探してみたけど似たようなのは見つからないなぁ。



三島由紀夫のからっ風野郎


令和2年9月27日(日)晴れ

今日は午後から表記の映画を鑑賞してきました。
三島由紀夫が主演する映画想像できるでしょうか。

当然演技は下手見ていられませんが、
周りを本職の俳優で固めてその下手さが際立つのですが
見ているうちにこれは多分三島由紀夫の
お遊びだなと思うようになりました。
大作家だからこそ許されたお遊びでしょうね。
必見の映画です。

周りの俳優たちがすべて後に有名になる俳優ばかりですが、
当時すでに有名だったかもしれません。
よく知る俳優たちの若き日の姿が見られて得した気分です。

この映画は1960年、昭和35年製作ですから
私が上京した年(当時23歳)の作です。

当時底辺で暮らしていた私はこの映画の事を何も知りませんし、
私は生意気にも洋画しか見ませんでしたから風景が懐かしいです。
当時の日本映画の背景がよく判らないのです。

背景が見覚えのあるものばかりで今の人たちが見ると汚い背景でしょうが、当時は皆貧しかったのです。
三愛(服屋、ここでコートを買ったことがある)とかトルコ風呂とか
○○マーケットとか懐かしいです。
当時の街の風景が作りものでなく見られて貴重でした。

終ってから少し感想等述べあいましたが、
皆さんよい映画だったと異口同音でした。

その後10人ほどで近所の居酒屋で懇親しました。
私、最近引っ込み思案を捨てて積極的に周りに合わせて会話するようになりました。
引っ込み思案と言うのは無口でおとなしいと言う意味ではなくて何となく人と合わせるのが得意ではなかったんですが、
最近吹っ切れたような気持です。

難聴なので騒がしい居酒屋で会話が難しいこともありますが、
最近は何とか会話が楽しめるようになりました。
今夜も突っ込んだ話が出来て楽しかったです。

からっ風野郎(1960年製作の映画)
上映時間:97分
監督:増村保造
脚本:菊島隆三 安藤日出男
出演者
三島由紀夫
若尾文子
船越英二
川崎敬三
根上淳
小野道子
水谷八重子(良重)
志村喬
潮万太郎
倉田マユミ

DSC04174




第30回烏山講演会&映画「プライド」上映会



烏山講演会_page-0001

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_20200927_0001



シニアナビ過去記事(277)「TEPCO・1万人コンサート16th」

[277] TEPCO・1万人コンサート16th 2006.7.16  23:50:35  
18/7/16(日)曇り

277_picture
楽譜 白いのが16年の「眠り王」
黒いのが今年の「黄金の刻」


今日は、東電主催の世界劇「黄金の刻」(真説・山椒大夫)の
練習に区の施設に行った。

私の古い知人がコーラスグループを主宰していて、日頃から東電の
「ふれあいコンサート」に常連として出演していて、その実績のある
グループだけが出演出来る。

多分コーラスをやる人は出たがるイベントなんだ。
私は何度も言うように合唱なんてチャンチャラおかしいんだが
生まれ持った物好き、出たがりのなせる業で出させて貰っている。

2年前に始めて声を掛けて頂いた時「面白い」と
友人を誘って参加した。
友人は元々シャンソンなど習っている位だから大変喜んでいる。

この世界劇はもう16回も続いているらしいが私は知らなかった。
一流の芸人、アーチスト等網羅した大掛かりな、
ものすごくお金の掛かった総合舞台芸術である。
さすが世界に冠たる東京電力。

2年前はかぐや姫伝説「眠り王」でこれは数年やっていたようだが、市川団十郎他歌舞伎界のそうそうたる役者、オペラ会の人達と
私達アマチュア合唱団の競演で素晴らしかった。

合唱の合同練習の時指導者が貴方達は団十郎と競演するんですよ、そう吹聴しても嘘ではありませんよと、笑わせてくれた。

去年は団十郎の病気で取りやめになったが、
今年は新しい演目で開催される事になった。

私達はソプラノのパートなのでヒィヒィ声を張り上げて見苦しいが、
グループ長が言うにはソプラノの位置が舞台を見下ろす最高の位置だそうでそれを聞いたら、そうかそうかと納得。

そんな自分の事から、こんなんで良いのだろうかと悩んでいたが、
何も心配する事ではなかった。

私達アマチュアはお情けと言うかお得意様ご接待みたいなもので、
下手でもいいのだ。
プロが固めていて我々の所にはマイクも少なく、指揮者が至れりつくせり面倒見てくれる。出だしだけ先走って発声しなければ良いのだ。
最初にそれを言ってくれれば悩まなかったのにねぇ。

今日2回(コーラス部分だけで1時間)ほど練習したが前回の音にそっくりでフイナーレ等も同じ雰囲気。
新鮮味が無い。

無理も無い。
作詞「なかにし 礼」
作曲「小六 禮次郎」
まったく同じ人だから。

でも出演者は以下の通り、
主演 里見浩太郎 
佐久間良子 常盤貴子 林与一 多岐川裕美 佐藤しのぶ他
豪華メンバーである。

乞うご期待
ご招待されたい方は7月分の使用量(後記:東電)
お知らせをご覧下さい。 
9月30日(土) 日本武道館

大東亜戦争を共に戦った人達


令和2年9月26日(土) 曇り

DSC04146

IMG_20200926_0001

DSC04150
松木国俊氏
DSC04152
黄文雄氏
DSC04161
バングラデシュ人シャーカー氏
DSC04164
三浦小太郎氏
DSC04156


今日は上記の講演会に参集しました。
「大東亜戦争を共に戦った人達」
沢山の参集で盛会でした。
動画を撮って来ましたので是非ご覧ください。

動画撮影と言えば私どじですから、途中でバッテリーがあがり、
急遽デジカメで撮り始めましたら、それもメモリー不足で駄目でした。
編集してみなければなんとも言えない、他に撮影していた方が遅刻して最初のシーンが撮れていないので画像を借りたいと仰いましたがSDカードでは取り込めないのでどのようにして送るか思案しています。
ことごとく無知です。

終ってから同志と懇親しました。
紅一点の6人で懇親しましたが皆さん意識の高い方ばかりでしたので談論風発して楽しかった。
皆さんも今夜は楽しかったと仰っていました。
私、自分より偏差値の高い方と交流するのが好きです。
DSC04147

IMG_20200926_0003
黄文雄氏の隣に座っていたらサインを求める人がいて
同じ本を何冊か持っていて1冊下さいました。
古い本です、2007年出版です。


訃報



DSC00278


大日本帝國陸軍少年飛行兵、
大韓民國空軍大佐士官学校名誉教授、
崔三然先生には昨25日午前9時30分逝去されました。
享年92。

崔先生は私の知人では最も尊敬するお方です。
台湾の李登輝・朝鮮の崔三然先生と思っておりました。
熱烈な親日というより愛日尊日家であり、
もちろん大韓民国の熱烈な愛国者でした。
崔先生に教わった日韓の事々、はかり知れません。
満腔の悲しみをもってお知らせ申し上げます。

通夜9月29日(火)18時より、
告別式30日(水)10時より、

会場は通夜告別式共に荒川斎場、町屋1-23-4、電話03.3892-0311
地下鉄千代田線町屋駅一番出口上がり進行方向最初の信号町屋一丁目を右折。駅から5分。仏式。
喪主崔玉恵(ご令室)
村田春樹
                                                                                               以上
プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ