おてんば84歳・・日々録

昔読んだ、女流作家城夏子さんの「お転婆70歳」と言う本が好きでした。 介護保険制度が始まった平成12年から介護の仕事に入り、 67歳から介護支援専門員を83歳の6月まで現役で務めて参りました。 これからの人生は面白おかしく気ままに過ごしたいと思います。 死ぬまで書き続けますから応援お願いします。

平成17年(2005)元旦から令和2年(2020)7月14日までは ケアマネ日記を書いていましたので興味のある方はご覧ください。 これからは余生の日々を綴ります。 過去記事 「83歳いまだ現役!日々録」http://blog.livedoor.jp/monnti3515/

熱暑の中パン買いに

令和2年9月4日 (金) 晴れ 富士山見える


DSC03595
DSC03599
DSC03609
今日もしわくちゃシャツ

今日は午前パソコン教室
今日勉強したのは簡単そうだけど初めての技を習う。アパホテル 藤森_page-0001
今日勉強したチラシ、頭文字を大きくする「ドロップキャップ」
もう一点やった

終ってから笹塚十号通り商店街に高級食パンを買いに行く、
車で通っている仲間が笹塚駅前まで送ってくれたので往は楽だったけど帰りはバス停までかなり炎天下を歩いた。
おまけに十号通り商店街の魚屋で買い物までしました。
DSC03610
笹塚十号通り商店街、賑っています
水道道路に沿って○号と言う通りがありますが、
それは水道道路が水路だった時に掛かっていた橋の名前を
新宿から一号橋二号橋と番号で呼んでいた名残です、
もう少し新宿寄りの幡ヶ谷六号通り商店街も賑やかです。
DSC03611
いっちょ前に入場整理していますよ

家に帰ってから大急ぎで熱中症対策をしましたよ。
まず全身を濡れタオルで拭き、タオルに氷を入れて首筋、脇の下を冷やし、ポカリスエットを飲みました。
これで落ち着きました。

まだ痴呆が始まっていないので対処できますが、
認知ばばぁになったらどうなるか判りませんね。

DSC03612
2本で1,728円 娘にも1本あげました、
娘なぜかパンは貰うものと心得ているようです。
DSC03613
生でちぎって食べろと言ってます、
甘いです、微妙、私の作るパンが一番うまいな。
他に求めようがないうまさ!!(ははは)
DSC03614
今夜の夕食、サンマの塩焼き、大根おろし、アサリの味噌汁
今年はサンマが高いと聞いていましたが、昨日同志からカボスを頂きましたので、これはサンマを食べるべしと奢りましたよ、1匹確か450円だったかな、まっ一人分だから買えるけど複数の家族が居たら買えませんね。旨かった、これでサンマはおしまい。



9月2日の毎日新聞記事

IMG_20200904_0001

IMG_20200904_0002

マスコミは、
毎年、追悼式で朝鮮総連東京都本部のトツプが、
追悼の言葉とし
「6000名以上の朝鮮人が虐殺された、清算も謝罪もいまだに為されていません、日本政府は植民地支配の罪悪に満ちた過去を認め償うべきです、朝鮮学校の無償化をしないのは差別、虐殺の歴史を反省できてこそ朝日友好がある」と訴えていることは絶対に報道しない。



シニアナビ過去記事(236)「プレゼント①」


にほんブログ村

[236] プレゼント① 2006.5.14  18:04:52   
18/5/14(日)曇り
236_picture
ル・クルーゼの鍋

今日、息子から電話があった。
「今日は母の日だけど、何か欲しいものがあるか」と
こんな事は始めてなので一瞬戸惑って「何もないよ」と
いつもの口調で答えてしまってから、
「あっ、いけない」感謝の言葉が出ない私って駄目ですね。
「有難うね」と言い直した。

この歳になると何でも揃っていると言うか、欲しい物もないけど、
無理してお金を散在させても悪いと思っちゃうんだよね。

5月は私の誕生日と母の日のプレゼントをいつも娘がくれる。
今年も何が欲しいかと言われたので、
前から欲しかったフランスの鋳物の鍋
「ル・クルーゼ」の鍋を所望した。
花はいらないのと言うので、もう花も鉢も要らない、
「それより団子が良い」と身も蓋もない。

最近は家庭用品ばかり所望している。
ゆとりのない性格になってしまったもんだ。

本当に欲しいものが無いわけではないが
最近、着なくなった洋服を処分しようと半分位ゴミ袋に詰めたので、
(まだ未練たらしく捨ててはいないが)
同窓会に着ていく服は欲しいが。

それは多分予算があわないだろうし。
独立している息子に負担掛けたくないしね。
そんなわけで、欲しいものがないのだ。

思い起こしてみれば、娘にはずいぶんいろんな物を頂いたな。
娘がいて良かったなとつくづく思う。
娘に感謝の意を込めて、シリーズで列記してみよう。
多分、娘のいない人から顰蹙を買うと思うが「なに構うもんか」

娘よ有難う「あんたが居て本当に良かったよ」

昨日、娘と義母を見舞いに行ったら、
幻覚を見ているようなおかしな事をしゃべり続けている。
難聴が一段と酷くなっているので、問い質すことも出来ない。
ボケの始まりだろうか、ぞ~っとした。

義母は、ある日ぽっくり寝ていて心臓が止まるだろうと
楽観していた。
ボケて長生きするなんて想定していなかった。
他所の老人の心配どころではない。



古事記研究会


にほんブログ村

令和2年9月3日(木) 晴れ一時豪雨


DSC03590
しわくちゃのシャツを着て地下鉄に乗るおば(ぁ)さん


今日は午後から文京シビックセンターで開催される古事記研究会に参加してきました。
総勢10名のこじんまりした研究会です。

今日は眼鏡を忘れて慌てました。
100円ショップの老眼鏡も使えると聞いていましたが、
近くにそんな店も見つからなくてコンビニを2軒回りましたがありません。
思い余って受付に言ってみましたら貸し出し用がありましたので本当に助かりました。

其のメガネはあまりよく見えませんでしたが、隣り席の同志の100円眼鏡を借りてかけて見ましたらよく見えます。

だったら無理して高いのを買うこともないかなと思いましたので、帰宅途中の100円ショップで買ってみました。
今それを掛けてこの原稿を書いていますが今使用中の度の合わない老眼鏡よりいいかもしれない。
沢山買ってあちこちに置こうかな、マスクじゃないけどバックにも入れて置くといいかもしれない。

終ってから同志と二人でサイゼリヤで飲食しました。
ここは安くておいしいので気に入っています。
同志はいいですね、思想が同じなので話が弾みます。
長居しました。
DSC03592
前に同じ物を食べたな、これで700円は安い、
これ好きなんですよ

DSC03593
100円ショップの老眼鏡 ケースまでついてる



産経新聞記事 福沢諭吉先生が生きていたらなんと言うか!

IMG_20200903_0001




シニアナビ過去記事(235)「「介護予防サービス・支援計画表」完成」


にほんブログ村

[235]「介護予防サービス・支援計画表」完成 2006.5.11  00:14:06 
18/5/10(水)曇り 小雨
235_picture
出来たー、後は清書するだけだ。


今日も仕事の話
昨日は一日中例の困難事例のお宅、
午前中はいつもの業務とこの地域を担当する「地域包括支援センター」からベテランケアマネが来て調査、立ち会う。

実はご主人の夜尿が酷く、それに対して奥様が対処出来なくて悲惨な状況なので当区には困難な家庭に布団洗濯(1/年)と乾燥(1/月)が無料で利用出来る制度があるので、申し込んでいたのが今回の調査となったが、この家庭のあまりにも困難な事例にベテランケアマネも絶句していた。

この4月から私が担当する事になったわけだが、
こんな困難な事例を私のような初心者に引き渡すなんて無責任だと憤慨していた。
(Aセンターとしておこう、今回のセンターをBとする)

でも、4年近く訪問して精神を病んでいらっしゃる奥様に信頼されて事情を熟知している私以外に適任者は居ないと思う。

5月24日に開催されるBセンター主催の「地域担当ケア会議」の
事例検討にぜひこの事例を提出して欲しいと懇請された。

今までこの種の会議に参加してみた感じでは会議に事例を出しても
はかばかしい解決法はなかったように思われるので正直に申したら、こんな困難な事例を貴女一人で抱え込むのは無理よ、
皆さんにも考えて貰いましょうよと説得されたので承知した。

自信に溢れててきぱきした方だったので、私の悩み(当面の宿題)を話したら指導してくれると快諾された。
「地域包括支援センター」は我々のような新人ケアマネの指導をすることも使命なのだ。

午後から、奥様を神経科に通院介助する、
奥様の外出には留守番のヘルパーも手配しなければ、拒否されるのだ。
その手配を失念していて前夜映画を見ている時思い出して、
慌てたが夜遅く心優しい社員ヘルパーにお願いした。

神経科の医者には前日FAXで情報を知らせておいた。
訪問看護を薦められたが不承不承のその顔で私にはこの件も却下だと思われた。

栃木から弟さんが見えて折角説得なさった兄弟の居る町に行く件も後に奥様が「私は死ぬまでこの家を離れませんよ」で元の木阿弥になった。

今日は午後から、Bセンターに指導を受けに行った。
Tケアマネの指導のもと1時間で素案が出来た。
後は清書するだけだ。
彼女が「出来た~~たったの1時間よ」の声で「えっ本当」と
その嬉しかった事思わず最敬礼した。

私は文をひねるのはどちらかと言えば得意な方だが、
この計画表を書く作業は難解だ。
単に「腰が痛くて家事が出来ないので、ヘルパーに掃除、買物をしてもらいたい」と言う簡単な課題をひっくり返し、とっくり返し文に起こすのがどうしても理解出来ない。
「何の為にぃ~」と疑問に思ってしまうのだ。
これは「官」に働いていた人には普通なのだろうか。
私は親族一同「民」である。

彼女のおかげで私の未来は、ぱ~~っと明るくなった。
これからは解らない事があったらいつでも聞いて下さいと仰った。
私より、ず~~っとお若いのにすっかりお慕い申しあげた。

これから彼女を師匠に成長して「坂憲」を追い越してやる~~。

そんなこんなで、他所の老人の世話に明け暮れている間に、
うちの97歳の老婆が具合が悪くなり、今日夕方入院させた。
発熱と下痢、他に腹部が異常に膨らんでいた。

内も外も公も私も多忙である。

「さんごママ貴女はえらいっ」

展覧会は疲れる


にほんブログ村

令和2年9月2日(火)晴れ少し日陰

IMG_20200902_0001

IMG_7353
このタコの張りぼてはどのように作るのかな
IMG_7355


今日は娘と六本木ヒルズ森タワー52階に
「おいしい浮世絵展」を観覧に行って参りました。
まあ盛りだくさんで疲れ捲くりました。
結構丹念に見て回りましたのでね。
薄暗いし、細かいし、近づけないし、
もう私のように目があがっている者には過酷です。
おまけに段々冷えて来ていたたまれなくなった。
いいけどヒルズは沢山の従業員を雇用していますね。

しかし江戸人は多彩な着物を着ていますね、現代でもこのような
染め織物刺繍が再現できるのでしょうか、
当時の世界では一番進んでいたんではないでしょうかね。

江戸の味覚を再現した料理を食べるのを楽しみに頑張りましたよ。
4500歩ほど歩いていましたが、デパートとかこんな床の硬い会場をゆっくり歩くのはとても疲れます。
足裏の肉が薄くなっているようです。
そう言えばお尻の肉も座っていると痛くなります。

カメラを充電していて忘れましたので娘のスマホです。
IMG_7359
真中の白い建物群は何でしょう
「アメリカ大使館の官舎です」とコメント頂きました
IMG_7356
青山墓地かな、ヘリポートかな
IMG_7358IMG_7357
ヒルズまえ
IMG_7362 (1)
鰹の膾御膳1,480円
江戸レシピに鰹の膾の作り方がありましたので、作ろうと思っていましたので食べてみた、玄米ご飯、切り干し大根、ミニ蕎麦、
白玉だんごも食べてみた、
IMG_7364
娘がとったパフェ1,280円 高っ!

【葛城奈海と行く 熊野むすびの里・伊勢巡りの旅】③熊野むすびの里 宿の周り


にほんブログ村



DSC03320
むすびの里入口 集落の突き当りに位置する
DSC03322
本館
DSC03323
館内
DSC03325
露天風呂 薪で焚く
DSC03332
ヒノキと杉の浴槽、奉仕の方の手作り 緑豊かですが冬は寒いそうです。真中の六角形が上がり湯
DSC03327

DSC03333
浴室からの眺め真中が大又川
DSC03335
DSC03339
DSC03340
延々と続く宴会 夜は更けて
IMG_20200831_0001
赤丸印の中 クリックすると大きくなります




シニアナビ過去記事(234)「がばい ばぁちゃん」


にほんブログ村

[234]「がばい ばぁちゃん」 2006.5.8  23:34:43   
18/5/8 (月) 曇り後小雨


4連休したので本当に休めた、
医者が処方した花粉症の薬が眠くって仕事にならないので、
この4連休の間に飲んだ、おかげで毎日昼頃まで一気寝した。
途中ハット目が覚めると、
「あっいけない、遅刻だ」と
「いや、今日も休みだ」と何度も反芻したけど、
寝坊出来ることがどんなに幸せな事か。

仕事始め、沈痛な気分で始めた。あぁあ仕事だぁ。
又、今日もあの鬱病のお方の相手をするのかぁ。つらいなぁ。

今夜は佐賀県人会の招待の佐賀を舞台の映画
「がばい ばぁちゃん」の試写会に虎ノ門のイイノホールに
行って来た。

大層な会で、
原作者の島田洋七氏、倉内均監督、吉行和子、浅田美代子、
工藤夕貴、なども挨拶しそれがニュースらしく
テレビカメラが6台と報道陣のカメラの砲列が物々しかった。
おまけに、佐賀らしく、あの「はなわ」が招待席の中ほどに居たので、紹介するのかと期待していたが、なかった。
終わってからロビーで報道陣に囲まれてインタビューに答えていた。

そう言えば、吉行和子さんの妹の理恵さんが
4日に亡くなられたのよね。
大変な時に出て来られたんですね。

映画はなかなか良かった、確かに涙が滂沱と流れたが、
あの30年代の佐賀を知っている者としては、
ばぁちゃんが都会的と言うかインテリすぎると言うか
切れ者に見えて、ちょっと違うんだなぁと思った。
仕方ないか。都会の人が演じるんだもの。

仕事の話、4月から制定された介護予防にそった
ケアプランを作って早急に地域包括支援センターに
提出しなければならない。
始めてなのに一人でやらなくてはならない、どうしよう。
おも~~い宿題、
今夜は無理でしょう。明日は一日ヘルパーの仕事でしょう。
あさって出来るかなぁ。

今年もやりました!関東大震災石原町犠牲者慰霊祭 動画






今年もやりました!!関東大震災石原町犠牲者慰霊祭


にほんブログ村


令和2年9月1日(火)晴れ少々曇り


DSC03537
DSC03536
今年はNHK始め全マスコミから取材申し込みがあったそうですが、
全てお断りしたそうです、碌なことは書きませんからね、
式典が始まる前にこのスローガンだけは撮影を許したそうです。
さてどのように報道するでしようかね、差別差別でしょうね
DSC03573
相手方のスローガン 左巻の一つ言 帰れ!
DSC03545
すぐ後ろが道路ですがそろそろシバキ隊が集まっています
DSC03554
真言宗智山派雪像十善院住職 小林秀英住職
この方は勇気のある方です、多分売国奴に脅迫されたと思います
一昨年お願いした僧侶は家族に危害を加えると脅されて直前に
キャンセルなさいました。
DSC03557
主催者の挨拶 そよ風代表 鈴木由喜子氏
DSC03560
葛飾区議会議員 鈴木信行氏
DSC03566
英霊の名誉を守り顕彰する会会長 佐藤和夫氏
DSC03568
日本を愛する保守女性代表 林優子氏
DSC03571
内田良平氏孫、ジャーナリスト 田中健之氏
DSC03575
文筆家 但馬オサム氏
DSC03577
自治基本条例に反対する市民の会会長 村田春樹氏
DSC03580
閉式の辞 代読 佐藤みずえ氏
DSC03582
出口にシバキ隊がお揃いで出迎えてくれましたよ
DSC03585
警官が何百人出動したことでしょうか
こんな弱小団体に危害を加えようとする反日人達の所為です

今年も横網町公園関東大震災石原町犠牲者慰霊祭に
参加してきました。
今年は朝鮮人碑の方は割と静かでした、
シバキ隊も祭典中はおとなしかったけど、
帰りに両国までついて来て、帰れ!帰れと怒鳴っていましたが、
帰って頂きたいのはそっちだろうが、
私達は日本人だから帰る国はないんだよ。
それも含めて動画を撮って来ましたので是非ご覧ください。
DSC03588
秋葉原で同志と食事してきました、てんぷら定食
昼食か夕食か判らん!

シニアナビ過去記事(233)「「小江戸川越」散策」


にほんブログ村

[233] 「小江戸川越」散策  2006.5.6   23:52:35   
18/5/6 (土) 晴れ、暖

233_picture
「時の鐘」の前にあった異常に低い商家の入り口、
どんな意味があるのだろうか
234_picture
小江戸川越を散策する観光客


今日は、弟分の社長のお招きで川越に行って来た。
社長、本宅ではなく愛人と狭山のマンションに住んでいるらしいが、聞くわけにもいかないが、どうなっているんだか、
娘曰く「幸せそうだから、これで良いんではないの」
カオハガン島でも一緒だったが、
美人ではないが気持ちの良い女性である。

愛人の鏡のようなお方で私も好きだ。
その二人が何度も何度も家に来てくれと言うので、
どっちの家よと問えば狭山だと。

今日は二人の案内で川越を散策した。
始めての訪問で話には聞いていたが江戸情緒溢れる土蔵作りの町並みはまるでテーマパークのようでした、ゴールデンウイークで天気も良くて観光客で溢れていました。

社長がぜひに案内したかった「喜多院」徳川家に縁の深いお寺らしくって(春日野局など)江戸城を移築した部屋や什器など豊富な宝物が展示されていた。
庭も良かったな。

蔵の町並みやお菓子横丁など娘も大変喜んでいたし
私も童心に返り楽しかった。
只、一人ではないので興味の赴くままに見物できないのが心残りではあった。
「小江戸めぐり」フリーパス(500円)のバスコースもあるようなので又行って見よう。

お昼は社長の行きつけの中華料理店に行き、
その店の社長は兄弟の杯を交わした兄貴分だそうだ。
これまた話好きな方で奥さんが中国人で父親が軍の幹部だったそうで毛主席と一緒に写った写真が飾ってあった。

その縁を利用して中国を相手に幅広く貿易の仕事を本業にしている方だ。
私の弟分の社長は酒好きなので宴はいつ果てるともなく続き、
娘はついにトイレで寝てしまった。

「T&Mの愛の部屋」(とドアにカードが張ってあった)も訪問してお土産を一杯頂いて帰宅。
今日は私を喜ばそうとしてくれる人たちに囲まれて
本当に嬉しかった。




【葛城奈海と行く 熊野むすびの里・伊勢巡りの旅】②熊野飛鳥むすびの里 禊


にほんブログ村

令和2年8月31日(月)晴れ 


大又川の清流で禊
DSC03347
DSC03348
綱を頼りに降ります

DSC03343
裏庭に山の神様を祭っています
DSC03346
雌雄犬を飼っていて5匹生まれたそうです、
すでに4匹は貰い手(予約)があって、今は2匹のかわいい盛りの子犬が自由に飛び回っていました。

翌29日は5時に起床しました。
6:30分からすぐそばを流れている大又川の上流で禊が行われるので見学することにしました。
本当は参加したかったんですが女性用の禊衣装を買わなければならないし、川に下りるのは危険なので止めた方が良いと
葛城さんに忠告されましたので従いました。

むすびの里は集落の突き当りにありその場所に行くには農業用水の上を歩きますが狭くて怖い道でした。
6時半から始まるのは朝日の登る時間でもあったんですね。
行事の最中に山の端からまぶしく川を照らしました。
その様子を動画に撮って来ましたので是非ご覧ください。

その後朝食の後に図書館で荒谷先生の講義がありました。
三島由紀夫や自衛隊や世界情勢の話がありましたが、
私は二日続きの5時起きでもう我慢できない睡魔に襲われました。
皆さんよかった良かったと言っていましたのでとても残念でした。
図書館には沢山の蔵書がありましたが、
すべて荒谷先生の蔵書だそうです。
DSC03354
DSC03356

むすびの里では周りの休耕田を借りて稲作もやっていますし、
収穫した米も売っていました。
休耕田は沢山あり借りてくれることは村人に喜ばれているそうです。
DSC03381
むすびの里の本館前で 荒谷先生は真っ黒に日焼けして学究風情の百姓の姿でした。
IMG_20200831_0002
IMG_20200831_0003
IMG_20200831_0004
IMG_20200831_0005
IMG_20200831_0006

荒谷先生の思想行動に賛同する方を求めています、
登録すると1000円で宿泊できるそうです。
この施設は元地元のローカル紙の社長さんが社員教育の為に建てて運営されていたのを売りに出されていたので買い求められたそうです。そのままの状態で保存してくれることが条件だったそうです。ここ飛鳥の里は記紀の里でもありますので荒谷先生はこの場所に来た時啓示を受けたそうです。






【葛城奈海と行く 熊野むすびの里・伊勢巡りの旅】①

令和2年8月31日(月)晴れ


DSC03273
いざ カートで

「防人と歩む会」主催の上記のツアーに参加してきました。
女3人男7人総勢10人の愉快な楽しい旅でした。
男性も偏屈おやじは一人もいらっしゃらなくて
皆さん親切で気のいい方ばかりだったのでとても楽しい旅でした。

DSC03277
近鉄
DSC03278

30日東京駅新幹線で名古屋まで行き、近鉄線で近鉄鳥羽駅下車、
レンタカー2台で出発、延々とドライブの旅でした。

DSC03312
熊野灘
DSC03317
獅子岩

まず延々と山の中、熊野灘を堪能しながら和歌山県に入り、
熊野速玉大社と神倉神社に参りました。

熊野灘の海岸線に防風林が延々と連なっています。
35キロもあるそうですが、すべて雑木林です。
唐津の防風林(虹の松原)は松林ですから珍しいと思いました。

熊野速玉大社
DSC03279
DSC03280
DSC03283
DSC03284
境内には別宮が何社もありお賽銭がたりなくなりましたよ
DSC03288
DSC03291
天然記念の大木ですが樹の名前が読めません
梛(ダナ、ナギ)
DSC03293
♪記念の写真を撮りましょうね♪
IMG_20200904_0005
IMG_20200904_0016

最初に熊野速玉大社に参り摂社の神倉神社は無住ですが、
天然石の急な階段が538段もあり手すりも無ければロープも無くて
さすがのもの好きな私も数十段登ってみましたがリタイアしました。
それがこの旅で一番悔しいことでした。
頂上は眺望がすばらしかったらしい。

DSC03297
DSC03300
DSC03301
登りも手をついて登っていますが、下りがもっと困難なんです
神倉神社
奥本さんから画像借りました
DSC03307
DSC03306

熊野速玉大社
和歌山県に入ります

その後熊野市飛鳥の緑豊かな大又川の傍にある
「熊野飛鳥むすびの里」に早めに到着しました。
宿自慢の、露天風呂に女性3人が先に入浴しました。
最高!
夜は荒谷先生を囲んで山の恵みの御馳走で宴会となりました。

続く

神倉神社
権現山の中腹に鎮座し、熊野三山に祀られる熊野権現が初めて地上に降臨した伝承をもつ古社。
天ノ磐盾(あまのいわたて)という険しい崖の上にあり、熊野古道の一部である五百数十段の急峻な石段を登ったところにご神体のゴトビキ岩があります。そこから眺める市街地と熊野灘の遥々とした眺めは、新宮市随一のビュースポット。
また毎年2月6日に行われる奇祭「御燈祭り」の舞台でもあります。
全て神武東征に由縁の有る土地です。
記紀にまつわる物語 
男水門で兄・彦五瀬命が崩御された後、さらに二人の兄神を失いながらも、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)【神武天皇】一行は熊野へと到着し、「天磐盾」へと登られた。
この「天磐盾」は、現在の新宮市にある神倉山・ゴトビキ岩であると伝えられており、
ゴトビキ岩をご神体とする「神倉神社」は、当社の摂社である。
ここから大和への案内役として遣わされたのが八咫烏である。
『古事記』では高木大神(タカギノオオカミ)が『日本書紀』では天照大神(アマテラスオオミカミ)が遣わしたとされている。
この八咫烏が、当社を含む「熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)」に祀られ、熊野の守り神として現代に伝えられている。
IMG_20200831_0001

私はこの辺の地形には疎いのです、和歌山県は何となく耳にしますが三重県はどの辺にあるかももっと疎いです。
それで地図を検索しながら書いています。

28日の行動
8:42:東京発
10:22:名古屋着
10:55:近鉄名古屋駅発
12:27:近鉄鳥羽駅着
レンタカーでドライブ
15:10:熊野速玉神社着
15:40: 〃出発
15:50:神倉神社着(ゴトビキ岩登山)
16:30: 〃出発
17:20:むすびの里着
     露天風呂入浴
18:00:宴会
22:00: 〃終了

シニアナビ過去記事(232)「背負い、引き込まれる」


にほんブログ村

[232] 背負い、引き込まれる 2006.5.3  19:10:02   
18/5/3 (水)晴れ、暖かい 朝方、富士山見える

232_picture
久しぶりに代々木公園に犬を連れて散歩に行きました、
深い緑に気を貰いました。



先月下旬は七転八倒した挙句、今まで通りに落ち着いたけれど、
実は、もう一人相談した人がいる。

23日の日曜日の朝も早く目が覚めた。
そうだ、あの方に相談してみよう。

その方「美人薄命」のご主人は永年「易」の研究をしていて、
折に触れて私の人生の曲がり角でひょっと何気なくアドバイスして下さった。

早速電話したら「半日ほど時間を下さい、後ほど電話します」

出た「卦」は

A社(現在の会社)
・登りつめた竜→後は下る
・緊張の連続で心が休まらない
・利が少ない
・硬い(乾燥)
・向上心がある
・始めは良い→中頃も良い→末は不利
・出過ぎると後悔する
・正当に評価されない
・変わらない

B社
・非常に良い
・飛び立つ渡り鳥→飛び立つは良い
・山の上から風が吹き降ろしてくる形
・幸せがある
・末は吉

C者(坂憲)
・我がままで短気
・その人に嫌われたら二度とチャンスはない
・裸でぶつかる

この「卦」を素直に見ると現在の所は希望がないが、
・今は時期にない(夏まで待つように)
・動かないほうが良い
・後で結論を出す
とアドバイス頂いた。

私は、易や占いに凝っているわけではないが、決断に迷う時
今はどんな運勢の中にいるのだろうと相談する事はあるが、
人任せにするわけではない。

それと共にやはり私は老人介護の仕事は向いていないそうだ。
今まで何人かの人に言われた事がいまさらのように思い至っている。

先見の明のある友人が介護保険が始まるずっと以前にこれからは
老人介護の時代が来るからと介護の勉強をして何年か経験した後、
すっぱりと止めた。

そして私がはじめようと思い相談した時、
老人相手の仕事は止めなさい、明日の希望のない人を相手にしていると「引き込まれる」と言う。

彼女は決断が早く切り替えのうまい人なのに引き込まれて苦しかったそうだ。
私はそれを聞いた時、他人の事なのに引き込まれるなんてと気にもしなかった。

ケアマネになった時、坂憲に言われた
「さんごママさん、出来る事と出来ない事がありますからね、
何でも背負わない事ですよ、それで潰れたケアマネは沢山いますよ」と

新宿の父も言った。

マッサージ師は「欝はうつると言いますよ」と言う。

新聞で読んだ事があるが「欝病になる率の高い職業は精神科の医者」だそうだ。

今回もその方は「お坊さんで鬱病になる人が多いですよ」と仰る。
何しろ「薬石効なく」なった人が最後にすがる人だから、
真剣に相手の身になって悩みを聞いているとその悩みを
「背負ってしまうそうです」

「さんごママも、のめり込む性格だから」背負いますよと、

まさに、そう、のめり込んで、行き詰まっている。

もう一年半以上になるが、統合失調症、鬱病の女性を毎週訪問し、
今回ケアマネとしても担当する事になった方、
仕事と言えばその方の話し相手、その方の唯一の社会との窓口役。
狭い6畳一間でヘビースモーカーの彼女の顔色見ながら相手する2時間。
つらい。
でも私以外の人を受け入れてくれない。

本当に私まで欝になってしまう。
何を提案しても徒労に終わるのに必死で取り組んできた私。

他にも何人かむなしく徒労に終わる努力を重ねている方々がいる。
数えてみれば私は精神異常者を6人も相手しているのだ。

突き放せないのだ、私の努力で何とかしてあげたいと思ってしまうのだ。
そして睡眠時まで考えている、切り替えの出来ない私。
程ってものを知らない私。
最近の思いつめた行動もそんな精神構造のせいだと思う。

私、思うんだけど。
世人はよく言いますね。
「あの医者は患者の身になって真剣に対処してくれる」
「あの先生は私の身になって考えてくれる」
「あの宗教家は私の悩みを受け入れてくれる」
誰でも、私の身になってくれる人を良い人だと評価しますが、
それは相手の心身を削る事だと思うんです。

誰でも、心身は同じ弱いんだと思う、どこが違うのか、
多分、切り替えが上手いんだと思う。
それとも、本当に強い心身を持っている人がいるのだろうか。
それとも、専門の勉強なり訓練を受けた方々は特別な力を持っておられるのだろう
でも、我々介護職はそんな勉強も訓練も受けてはいない、
徒手空拳で立ち向かっているのだ。

シニアナビ過去記事(231)「くぎ煮」


にほんブログ村

[231] くぎ煮  2006.4.25  18:19:18   
18/4/25(火)曇り、大雨、曇り

最近、関西発の「くぎ煮」の話がよく目に付く。
「くぎ煮」とは何ぞや、何でも暖かいご飯に乗っけて食べると絶品らしい。
食べてみたいなぁ~~

弟分の社長が京都に不倫旅行した。
金曜日の夜、愛人から「今新幹線の中、Kさんと京都に行って来まーす」と能天気なメールが来た。

しめたっ

「お土産は、くぎ煮でいいで~~す」と返信しておいた。
月曜日朝、ドアノブに「くぎ煮」が下がっていた。

昨日は、午前、午後の仕事の後、会社でケアプラン作成、
帰宅途中、バスを降りて、まっすぐ新しい会社にお断りに行った。
嫌な事はすぐ済ませよう。

社長、気持ちよく了承してくれた。ほっとしていると。
「ほっと、したでしょう、でも又行き詰まったら、いらっしゃい」
と言って下さった。
そうしたら、疲れがど~~っと出た。
この1週間の心の葛藤はなんだったんだろう。

ヘロヘロに疲れて、何にもしたくない。
夕食の支度を娘に頼んでしばし寝た。
私の夕食は、「くぎ煮丼」にビールだけ、うまかったぁ~

無事に帰って来ました。


にほんブログ村

令和2年8月30日(日)晴れ酷暑

旅の話はおいおい書きますが、
今日書きたいことは如何に私が頑健な身体をしているかと
自慢したいからです。

今回の旅の間中酷暑の中外を歩き回りました。
天気予報では終日雨の予報でしたので、
せっかく買った高機能の日傘も日よけ帽子も持って行きませんでした。
残念だった。

今日は特にカンカン照りの砂利道を11175歩7,2㌔も歩きました。
さすがに終わり頃日陰に避難してもまるで蒸し風呂に入った様な
熱気に包まれましたのでこれはヤバイなと思いました。
心身薄弱な老婆だったらいきなり即死か救急車搬送だろうと
思いました。

しかし私は冷静に対処しました。
まずアイスクリームを食べて内臓を冷やしました。
そしてポカリスエットを買って首筋や頭に当てて脳に行く血流を冷やしました。
それからそれを飲み干しました。

すっかり元気になりましたよ。
帰りの電車の中では快適、元気で仲間と会話を楽しみました。
家に帰ってそのままシャワーを浴びて洗濯もして
日常に戻りました。
脳はいささか心許ないですが身体は頑健なことが証明されました。
ありがたい!

シニアナビ過去記事(230)「二転三転」


にほんブログ村

[230] 二転三転 2006.4.22  22:31:14   
18/4/22(土)晴れ 朝のうち富士山見える

土曜日だと言うのに早朝目が覚めて、その後まんじりともしない。
やはり、あの事。
すっきり、納得していない。
なぜだ、なぜだ、なぜにこんなに心がふさぐ。

今日は新しい会社の社長にお断りに行かねばならない、
お断りするなら早いほうが良い。

娘は新天地で羽ばたいたほうが良いと言う。

えぇ~~い、風呂入って考えよう。

両者のメリット、デメリットを並べてみる。

今の会社
① 会社の様子がわかっている、居心地良い。
② 経営が安定している、介護保険開始と同時の介護事業創業、
  従業員60名以上
③ 先輩と相性が悪い、
  彼の「今度から、教えて欲しい時は前に習ったけど、
  忘れたのでもう一度教えて下さいと言って下さい」と言った
  言葉が一番引っかかっている。

勿論、私は意地でも言ってやるつもりだったが、なんだかむなしい。

新しい会社
① 心気一転、一から出直せる。
② 社長の気質、社風が不明
③ 創業浅く(2年)従業員20数名

さぁどうする、どうする。
娘と話あった結果、心気一転することにした。

親友に話してからあらためて挨拶に行こうと家を出た。
そう決めたら、気がかる~~くなって、鼻歌が出た。

♪ここが、ここが二重橋、記念~の写真をとりましょうね♪
なぁ~んてね。

ところが親友は厳しい顔して反対するのです。
やはり辛抱が大切だ、どこに行っても、気の合わないやつ、嫌いなやつは居る。
辛抱して先輩の仕事を早く盗んで覚えて一人前になったほうが勝ちだと。

彼女が赤坂の料亭で仲居を長年やってきたなかで、何人もの意地の悪い先輩同輩に苦しめられてきたが、辛抱して仕事を覚えて今は私の勝ちだったと思えると。

昔、先輩二人にタッグを組んで苛められていた時、
ある、野球のリーグの会長が部屋に呼んでくれて、
「ママから聞いたよ、大変だねぇ、でも辛抱が肝心だよ、私の居る業界などもっとひどい人間が一杯居るよ、でもね、ホウ、こんな不思議な人間も居るんだぁと人間観察していたら、面白かったよ」
としみじみ教えられた事が、その後の人生に灯りが灯ったそうです。

う~~ん、どうしよう、そう言われても、坂憲にはもううんざりなんだ。

彼女と別れて、恥ずかしながら、新宿は伊勢丹前に行った。
「新宿の母」に相談してみようと。様子は分からないけど行って見た。

「母」は居なかったけど、「新宿の父」が居た。ぽつんと。
行きつ戻りつした挙句、意を決して前に座った。

生年月日、名前を聞かれた、姓名判断と四柱推命と方位で判断するようだ。
名前は、通称と戸籍名と父が命名した三個があるがどれもよくないそうだ。
(でも改名などしませんよ~だ)
強いて言えば戸籍名が良いそうなのでこれからはその字を書きましょう。

「それで今日は何を聞きたいの」
「転職です」
「その歳でまだ働いてるの」と言われた。
(おじさん、あなただって私とたいしてかわりはなさそうなのに
働いているではないですか)と心の声

方位は両方の会社はどっちもよくないので、
西北の方向にある会社を探して就職したほうが良い。
「ちょっと~、どっちかに決めたいんだけど」

おまけに介護の仕事は向いていない、年寄りや困難な事例を見ているのは良くない
若い人相手の相談やコンサルタントのような仕事が向いているのでその資格を取ってやったほうが良い、
「ちょっと~、もう勉強はしたくないんですけど」

「私など、こんな場所でやっているので、若い人がほとんどだよ、
たま~にあんた位の年寄りが来るけど、やはり若い人を相手の仕事がいいよ」
「悪かったね、あんまり役にたたなかった、いや何の役にも立たなかった」
振り出しに戻る。
3000円也

明日、又考えよう、何しろ新しい会社に早く返事をしなければ迷惑掛ける。

シニアナビ過去記事(229)「性格改造」


にほんブログ村

[229] 性格改造 2006.4.21  23:49:37   
18/4/21(金)晴れ 富士山見える

229_picture
本場ニューヨークのベーグル(左)と私のベーグル

今夜はなんだか気が晴れない。
午後から会社に行って、いよいよ坂憲と対決。
社長はいなくて、二人で話し合い。

冒頭、彼は月曜日のケアマネ会議の後、多分私が帰ってからだと思うが、系列の社長に「お叱りを受けたそうだ」

系列の社長と坂憲はかって恩義があって上下関係のあった仲。
「君は、もう昔と違ってかりにも部下のいる管理者になったんだから、昔のままでどうする、少しは成長しろ」と
他にも彼の被害者や我が社長にも散々言われたらしい。

反省していると言っていたが、でも性懲りも無くこんな事も言う。
「さんごママが二度目に聞く時、前に習ったけど、忘れたのでもう一度教えて下さいと言えば、気持ち良く教えるのに、習ってないと言うから、カチンと来た」と

ちっとも反省してないよね、

彼が出かけてから、事務職の人たちが、私が一番へりくだって教えを乞うている。
他の人はそこまでしてませんよ、あんまりへりくだるから
彼、図に乗っているんですよ、はっきり文句を言ったほうが良いですよと助言された。

前の仕事先で窓際に追いやられ悔しい思いをしていた一回り年下の女性を、この業界に誘ったが「ため口」をきくので嫌いになった後輩がいるが、その人は平気でなじんでいる、礼など一言も言わないようだ。

今の私に必要な物、それはざっくばらんな気楽さ
でも私には「ため口」は似合わない。

やはり、この会社が好きだし、
利用者の事が一番気がかりだったので引き続きこの会社で働く事にした。
これからは私も嫌な時ははっきり文句を言おうと思う。

でもなぜだかすっきりしない、新しい会社の社長にも申し訳ないし、新天地で羽ばたこうと思っていたのに、又ぬるま湯に入るのかと言う気分なのか、すっきりしない。
なぜだろう、なぜだろう。

娘に相談したら、
人の性格は変わらないよ、反省したと言っても又しばらくしたら元に戻るよ、止めると決心したら、肩の荷が下りたんでしょ。
又繰り返すよ。
この際、求めてくれる社長の元で働いた方が良いと思うよと言う。

坂憲に他の会社に行こうと思っていると言ったら、
他所は厳しいよ僕でも他所に行ったら勤まらないと思うと言っていた。

私が二人欲しいよ、両方で働いてみたい。
あぁ 誰かアドバイスして下さい。

話は変わりますが、
最近、ベーグル作りに行き詰っています。
味はともかく、表面が滑らかでないし、
誰か、本当のレシピを教えてくれないかな。

そんなわけで、娘が仕事でニューヨークに行ったので、
本場もんのベーグルを買ってきて貰いましたが、
これもどうもね、以前食べたのと違うようだし、
なんか軽そうなの、
私の信じるユダヤ人の本物のベーグルはどこ。

シニアナビ過去記事(228)「運命転換期」


にほんブログ村

[228] 運命転換期 2006.4.20  17:11:46   
18/4/20(木)雨、強風、豪雨、晴れ、

228_picture
カオハガン島の母屋、島民はビルジングと言っている、
宿泊客はこの風の通るロビーで食事する、帰国前夜は外で星空の下でパーテイだ

渋谷駅で、二度も今悪評の運命鑑定団に呼び止められる。
「奥様、今貴女には運命転換何とかが現れています」

今までは「貴女の額にとても明るいものが見えます」とか
「貴女の額に影が見えます」だった。

そうなんだ、私は今迷っている、決めなければならない事がある。
本当に彼女達に付いて行きたいくらいだ。
信頼の出来る人に鑑定を頼みたいと思っていた。
見透かされているほど、顔に体に表しているんだ。

昨日午後、今日は結論出るかな、と重い気持ちで会社に行った。
社長は留守で、坂憲が明日来れますか、と言う
いや明日は休みます、金曜日午後ならと言う事でその話は延期、
それで私の得意な「居宅介護支援経過」の記入作業をした。

もう私は坂憲から解き放たれたのだ、
とても気が楽で仕事をこんなに楽しいと思ったことはない。

一方、坂憲は前から気が付いていたが「チック症」だ。
今日は特に症状がひどい。
私も何十年も同じ症状のチックに悩んでいた人生だったので
その苦しさは解る。

私のは、小学生の頃から始まった「空せき」緊張すると
余計ひどくなる。
はじめは肺か気管の異常かと思った父はあちこちの医者に
連れて行った。
最後に九州医科大学(小児科)まで連れて行かれた。

そこでくだされた、診断名は「ノイローゼ」
当時ノイローゼなる言葉は世間に無かった。
それで終わり、何の対策も採られなかった。
父は「こんな子供がノイローゼだって」と話題にして喜んでいた。

その原因は父の抑圧による。
私と弟3人のうち父の抑圧に苦しんでいたのは末弟以外全部だ。
末弟はのほほんとした性格でおまけに一番下なので父の風圧が
少なかったのだろうと思う。

我が姉弟は高校を出ると直ちに全員家を出た。
そしてめったに帰らなかった。
私は高校を出るとすぐ家を出たのにその「チック症」は長く続いた。
それが私のコンプレックスだった「どうしたの、風邪ですか」と
言われるのがつらかった、言われると余計ひどくなる。

気が付けばもう今は無い。
父は私が51歳のとき亡くなったが、
いつごろまで続いたのか覚えていない
徐々に軽くなっていったんだと思う。

余談だが、石原慎太郎、ビートたけしもチックだと思う、
彼らも最近は大分軽くなったようだが、
彼らは何に抑圧されていたんだろうか。

こうして軽くなって見ると、坂憲が気の毒に思えて来た。
社長を交えて話し合いをするとなると、
理由を話さなければならないが
それは、すなわち坂憲を非難する事になる。
彼と私は師弟の相性は悪かったが、
彼は若くて重責に耐えられなかったんだと思う。

一方、私は知らない事がたくさんあるのに気軽に聞ける人がいないのが苦しくて暗く、暗く絶望的になって行った。

そして他所に活路を求めたんだ。
でも私はこの会社で7年も働いたが只の一度も嫌な思いをした事が無い。最後までここで働きたいと思っていた。

でも、新しい会社の社長から、何かとアプローチがあり、
私が5月から来てくれるものと期待されている。
新天地で活躍したい気持ちも嘘ではない。

今日午前、いつもの鍼、マッサージに行ってびっくりした。
いつもだと「ここんとこ、肩こりがひどくてつらかったぁ」と言って
ベッドに乗るのに、その決めせりふを言おうとして驚いた。
軽いのだ、どこもつらいところが無いのだ。
もんで貰うと気持ち良いのに今日はただ痛かった。

坂憲にはつらい思いをさせたかも知れないが、
この「一石」を投じた事は良かったと思う。

これは縮図か


にほんブログ村


令和2年8月27日(木)晴れ

今日はデイ③に支那料理を食べに行く日だったが、中止した。

朝社長から電話があってもう一人のデイ②の調理人が都合悪くなったので又にしようと言う。
私も忙しい身なのでそれはいいんだけど丁度良い私の意見を言ってみました。

「料理はとても美味しいけどすべてが支那料理と言うのは食べるじいさんばあさんは昭和の日本人だから、口に合わないと思う、
せめて汁物は味噌汁、お吸い物、御漬物は糠漬け、お浸し、酢の物にするだけでいいから純日本風にした方がいいと思うよ」
『でもね、彼女はいろんな意見を言われてノイローゼになって医者に通っているのよ、中国人に日本料理を作れっていうのが無理なのよ』と言ってがんとして聞かない。
それと、その支那人は社長を味方につけてあの人がこう言った、この人がこう言った、だからノイローゼになったと訴えるらしい。

もう彼女には何も言えないですね、社長は彼女に辞められると困るのですっかり彼女寄りです。
意見を言った人が悪者にされます。
私は社長に直に言いましたからいいけど、これが直に支那人調理人に言ったら私も悪者にされますね。

しかしここは日本の老人施設ですから、日本風に従うのが筋だと思うのですが、まるで現代の支那と日本の関係ですね。
大勢で押しかけて来て支那風味を押し付けられて日本人は何も言えない。
情けないです。

社長も言っていましたがモヤシのお浸しはとろりととろみがついていたし、冷ややっこを作るように言って薬味はネギと生姜と醤油だけでいいと言ったら、これでは栄養が無いから支那風味の何とかを掛けると言い張ったそうです。

なんでもこれは何にいい、これは何にいいと薬膳効果を言うそうですが、薬膳と言う言葉はあれは日本人が始めに提唱した言葉なんですよ。
知ってた!!

明日から二泊三日で旅行に行きます。
伊勢方面です。
明日早いから今夜は早寝します。

シニアナビ過去記事(227)「お取り寄せ」


にほんブログ村

[227] お取り寄せ 2006.4.18  15:19:32   
18/4/18 (火) 晴れ 暖

227_picture
佐野名物の「桜あんぱん」を召し上がれ

午前、例のご夫婦宅を訪問したら、ご主人の弟さん夫婦が昨日から泊りがけで滞在されていて、私を待っておられた。

私が甥にFAXで現状を伝えておいたが、その方の父親であった。
昨日から栃木の故郷で10人兄妹のうち、まだ5人元気でいるから、
近くで暮らそうよと説得なさったようだ。
お金もあるし、土地もあるし、立派な有料老人ホームで暮らせるはずだ。

私は、本当に安心した。
これから、まだまだ一波乱あると思うけど、幸せな老後を過ごしてもらいたい。
私も無い知恵を絞ってお力になるつもりだ。

お礼に鹿沼名物の酒饅頭を頂いたが、さぁ困ったな。

実は佐野名物の桜アンパンを25個も取り寄せて、
今日到着したのだ。

先日、恵比寿の三越で栃木物産展を開催していて、
そのとき買った「佐野名物の桜あんぱん」がえらく気に入った。

上品なほど良い甘さの、漉し餡(私これに目がないの)
桜の花と葉がほんのり香り、
3個(5個入り)食べて(私一人ではないよ)
あくる日食べようと楽しみにしていたら、
「ないっ」
床には食べ散らかした包装紙の散乱、
あの、四足の二匹にやられたぁ~~
その時は娘が楽しみにテーブルに置いておいた
チーズケーキも二個やられた。

その後、連中の便の量が異常に多かった。

それから、執念深い私は、漉し餡パン、漉し餡パンと騒いだ、
そして三越に行ってメーカーを確かめ、ネットで調べて注文した。
1袋から5袋までは送料が同じだったので、5袋注文したが、
知性のない私のお腹に全部入らないように、友達と師匠にも上げると電話した。
もう一人くらい上げてもいいな。

久々のプルマン


にほんブログ村

にほんブログ村

令和2年8月26日(水)晴れ



今日も一歩も出ずに家籠り。
チラシ作成の依頼が来たのですぐに取り掛かった。

IMG_20200826_0001

又笹塚に高級食パン店が出来たらしい。
少し遠いけど歩いて行ってみようと思う。
散歩の口実ね。
そのチラシを見ていたら、そうだプルマン作ろう!
プルマンはしばらくぶりに作ると必ずうまくいかないの。
DSC03264
天井につかえているし、焼き時間が短かった

プルパンは発酵の見極めが難しいのです。
丁度そんなときに電話があって長電話になったので
やっぱり少し過発酵になった。
そして焼き時間も少し短かった。
残念也!

DSC03267
今日のランチ
DSC03268
今夜の夕食 昨夜と同じ
娘が早速ハンバーグを略奪しに来ましたよ、
3個持ち帰りました。

シニアナビ過去記事(226)「ケアマネ会議」


にほんブログ村

[226] ケアマネ会議 2006.4.17  23:01:19   
18/4/17 (月) 晴れ

226_picture
カオハガン島 これが客室 
アミハン(北東風)の強い夜は上下左右から吹いて寒かった~~
後記:犬が入口と左下にいますよ


午前、午後の仕事の後、会社に行ってパソコン入力する。
辞めるについてはきちんとしておきたいから。

坂憲、なぜか優しい、彼もたくさんの利用者を抱えて、多忙の上4人のおばさんを指導しなければならず大変とは思うけど、
私に指導する時は憎らしい程なのだ。
いわゆる、お天気の差が激しいのだ。
おかげで私は鬱病になった。

でも私はにこりともせず仕事をこなしていた。
今日は新しい契約書が作成されていて、私はその前に辞めると宣言したので契約しなかったが、かなり報酬がアップしていた。

要支援1,2            3000円
経過(更新時期が来るまでの要支援) 8000円
要介護1,2            9000円
〃  3,4,5          11000円

今までは一律8000円であった。
でも要支援の割合によってはどうだろうか。

しかし本当にケアマネって楽な仕事ではない。
私の頭は普通だと思うが(老化現象があるからそうでもないか)
とても付いていけない。
全国のケアマネさんは私より頭が良いのでしょうか。

今日は定例のケアマネ会議、聞いていても理解できない事ばかり、
自信が無くなってしまう。

後、いつもの飲み会、本当は失礼しようと思ったが、
私の退職願いを坂憲、保留にしたので(社長と相談すると言う)
事を荒立てるわけにも行かず出席したが、坂憲と隣になり気まずいものだった。

可もなく不可もなく


にほんブログ村

令和2年8月25日(火) 晴れ

今日は午前パソコン教室
今日もチラシの勉強

DSC03260
IMG_20200825_0001
これは最初に横書きの文書を作り、そのまま縦書きに変更した
これも初めての作業です
IMG_20200825_0002
簡単な文書なんだけど、
テンプレートを使用した文書で初めての教科です。

今日はこれっといったことは何もしていない。
DSC03261
今日のお昼

DSC03262

今夜の夕食 ハンバーグ、玉ねぎスライス桜エビ乗せ
ハンバーグに入れるパン粉が見つからなかったので引き算のパンを
砕いて入れた、ふんわり柔らかくて美味しい、
後6個出来ているので冷凍した

IMG_20200825_0003

002_mainichi
2_20200825_161_001
古屋市の河村たかし市長と「高須クリニック」の高須克弥院長

2019年に愛知県内で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展を巡る対応に問題があったとして、
芸術祭実行委員会会長を務めた大村秀章知事の解職請求(リコール)を目指す「愛知100万人リコールの会」が
25日、署名集めを開始した。

当初は1日に開始する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う県の緊急事態宣言発令を受け、24日の宣言解除を待ってのスタートとなった。

同会の会長で、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は
「街頭では、署名に使うボールペンを一人一人に持ち帰ってもらうなど感染対策に気をつけて活動する」と語った。

25日の県庁前での街頭活動には、リコールを応援する名古屋市の河村たかし市長も参加。
報道陣に「権力の暴走を止めようとしているのはこちら。
名古屋市民の名誉を守らなければならない」と強調した。

県の6月時点の試算によると、リコールには、
県内の全有権者約613万人中、86万5000人余の署名が必要。
2カ月以内に必要数に達すれば住民投票が実施され、過半数の賛成で失職となる。
大村知事は25日の記者会見で「特段コメントはない」と話した。
【野村阿悠子、岡正勝】

シニアナビ過去記事(225)「ケアマネのお仕事」


にほんブログ村

[225] ケアマネのお仕事 2006.4.15  22:52:33   
18/4/15 (土) 曇り

225_picture
カオハガン島の漁師は自分でサカヤン(小船)を作る


昨日午後、始めての「担当者会議」を開催した。
これはケアマネの一番の大変に思う事、
利用者に関わる関係者に集まって貰ってケアについて話し合いする事で、私にとって一番難しい事に思われていた事。

例のご夫婦宅に社会福祉協議会の権利擁護センターから
二名の参加、
ヘルパーと後はご夫婦それぞれの主治医の意見書を頂いている。

今回議題にしたかった事は在宅生活が限界に近づいていると思われるご夫婦のその時の対処について、
でも、もう遅いと感じた、お二人にはもう思考力はない、
その時は親戚に連絡するだけしか方法は無さそうだ。
甥に現状を伝えてある。
(後記:以前甥が訪問された時、名刺を頂いていたので、叔父さん夫婦が限界にある現状を手紙で伝えておいた)
せっかく、お金も、土地もあるのに生きているうちに生かすことは無いのだ。

不慣れな私に代わって、権利擁護センターの担当者が仕切って
くれて当面の生活について話し合ったが、何の進展も無い、
お金が無いと思っている奥様はお金が掛かる事は一切駄目で、
90歳の旦那様は「もういいよ」という心境

前任者が散々手を焼いていた困難事例だ。

私の心は現在の会社でのケアマネ業務を止める方向に向いているので、この夫婦を裏切るような気持ちだ。
せめて、ヘルパーとして出来る限りのケアをしたいと思う。

今日、新しい会社の社長に、お世話になりたいと挨拶してきた。
月曜日に坂憲ケアマネにケアマネ業務の退職届けを出そうと思う。

私はこの会社がとても好きだ、のんびりした社長も好きだ。
そして、利用者もとても親密に思っている。

午前中は今まで通りにヘルパー業務をやって
午後から新しい会社でケアマネ業務をやることになる。
一件幾らの契約なので、可能なのだ。

川崎正論の会 第4回講演会 酒井信彦先生


今さら聞けない皇室研究会 樺太行啓動画



久しぶりの「アジアンパーム」


にほんブログ村

令和2年8月24日(月)晴れ

DSC03243
帰りに買い物して帰る エレベーターの中

今日は午前循環器クリニックに行く。
特に変化もない。

夕方、今夜はハンバーグを作ろうと玉葱を炒めているときに娘から電話あり、
婿さんが久しぶりに「アジアンパーム」に行こうと言っていると、
それで作業は止めて行きましたよ。

ここ「アジアンパーム」は昔よく通いました。
毎日ランチはここで食べていました。
ある週などは一週間に8回も行きましたもんね。
1000円でインド料理、タイ料理がバイキングでたらふく食べられるので人気店でした。
最近はバイキングはしたくなくなりましたのでとんとご無沙汰していました。

最初は3人の方がオーナーだったんですが、
今夜オーナーが挨拶に見えましたが今は一人でやっているそうです。
一時オーナーがインド人に変わったようなことを聞いたことがありましたが、そんなことは無いそうでした。
安心しました。

シェフはインド人で本格的なインド料理です。
いつも親しんでいた私達親子がその風貌からマハラジャシェフと呼んでいたインド人もまだ元気で働いていました。
もうここで25年も働いているそうです。
故国にビルを建てていることでしょうね。

久しぶりに本格的なインド料理を食べて嬉しい宵でした。
外のテーブルで夜風に吹かれていい気持ちでした。
これからちょくちょく行きましょう。
DSC03247
DSC03251
DSC03253
DSC03255
ナンがとても美味しいです、私はこんなに薄く長くのばさない方が好きですからこれからはそう注文しましょう
DSC03249
DSC03246
DSC03256
オーナーがチャイをサービスしてくださいました

帰宅したらすぐにパソコンの先生から電話がありました。
そうでした今日は月曜日でした。それから2時間ほど電話で
動画のアップを習いましたが、とても難しくって短期記憶が保てないので難儀しました。

そしてなんと長すぎて(1時間以上)アップ不能でした。
YouTubeは15分の長さしかアップ出来ない仕組みになっていました、特別の事をやってアップ出来るようにして貰いましたが、だんだんYouTubeも難しいです。

シニアナビ過去記事(224)「落ち込んでいる、、、でも活路見出す」


にほんブログ村

[224] 落ち込んでいる、、でも活路見出す 2006.4.13 16:06:03 
18/4/13(木)私の心の様な空

224_picture
カオハガン島にてタイ式マッサージ、
あ~ぁ、今こそ癒されたい


私はここんとこ、ず~~っと落ち込んでいた。
原因は坂憲ケアマネの言葉の毒

最近の坂憲は何か聞くたびに
「それ、前に教えたでしょう」「前に渡したでしょう」前に、前に、前に、

私はその言葉を聞くたびに、頭真っ白、目は宙を舞う。
私は必死で、ノートのメモに目を走らせ、真っ白の頭でぐるぐる考える。

昨日午後、始めての新規の利用者宅を坂憲と訪問した。
私は極度に緊張して始めてランチを食べ残した。
そして元気を付ける為に前に1ヶ月やって元気が出ていたプラセンタの点滴をやって貰った。
4000円也、え~~い銭金の問題じゃぁ無いやぃ。

始めてなので、坂憲が取り仕切って呉れた。
ありがたい。
でも帰りにぼろくそに注意された、やれ靴の揃え方が拙い、話し方がいけない、etc.etc.etc.
でも、それはゆるそう、私にも非があるだろうから。

だが、帰社後、利用者情報を入力する時、解らない所を聞いた時、
彼なんと言ったと思う。
「それ、始めてじゃぁ無いよね」(ハイ二度目です私の心の声です)
「でも解りません」その間忙しそうにしながら、
「こうです、もう一度聞いたら、俺怒るよ」とのたまった。

私の中で耐えていた何かがプッツンと切れた。
二度と質問してはいけない新人教育。
全体の流れを教えてくれない新人教育。
ちょっと度忘れしても誰にも聞けない不安な日々。
こつこつと私なりに作業を進めているが、
はたして私はどの位解っているのだろうか。
広大に見えるケアマネの煩雑な仕事量。

でも、けつまくって、止めてやる~~と言えない悲しさ。
私の年齢では、ここで耐えるしかないのか、ここで覚えるしかないのか。
私の心はふか~~い闇の底。

今日、犬の散歩の時、
我が商店街に二年前開業した介護事業所を覗いてみた。
以前話した事がある女性の所長が居た、ケアマネの勉強をしていると言ったら合格したら、ぜひうちに来てと言われていたんだ。

今の心境を話したら、ぜひ今日からでも一緒にやりましょうと言ってくれた。
今月からだと、新しいソフトが一緒に勉強出来るでしょうと熱心にすすめてくれて、入社に必要な書類一式渡された。
プロフィール

mamasango672

さんごの若かりし頃、姿も立ち居振る舞いも立派だった。
20年程介護の仕事をしてきました。
この度(令和2年)83歳で惜しまれながら引退しました。
これからは死ぬまで面白おかしく過ごしたいと思います。
令和2年7月6日記す!

最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ